縦型洗濯機の選び方。買い替えするならコレがおすすめ

縦型洗濯機

縦型洗濯機の選び方

縦型でおすすめの洗濯機って?縦型洗濯機もリーズナブルなスタンダードモデルからハイエンドモデルまで各メーカーが機能をアップデートされ続々登場しています。今回は、縦型洗濯機のメリットやドラム式との違い、おすすめの縦型洗濯機をご紹介いたします。

ドラム式は横向きのドラム槽毎回転しながら、衣類を上から下に落として洗うたたき洗い方式です。

タテ型は洗濯機の水槽に水を溜め、洗濯槽の底にあるパルセーター(羽根)を回転させることによって渦巻き状の流れを作り洗濯する方式になります。

ドラム式は洗濯~乾燥まで全自動で行う洗濯機で、乾燥機能を使わないならタテ形でも十分ですがスイッチを押すと乾燥してすぐに着られる状態になるので便利です。洗濯乾燥が終われば、衣類を畳んで収納するだけなので、家事の負担感が違ってきます。

乾燥まですべてドラム式任せなので、外干しすることなく天気を全く気にならなくなります。

乾燥機能があれば、梅雨の部屋干しなどに関してストレスを感じることもなくなり、外干しする必要がないので花粉を気にしなくても衣類を乾燥することが可能です。

また毛布や布団などの大きな物も洗濯から乾燥まで行うことができるので便利です。

縦型洗濯機について

タテ型の場合は単純な洗浄力になりますが、強さでいうと縦型の方が優れています

たっぷりの水を使って洗剤を泡立てながら、回転する水の力できれいに汚れを落とすことが可能です。よく汚れが落ちる分衣類を傷めやすいこともありますが、かなりきれいにすることができます。

例えば子供の体操着やユニフォームなど、落とさなければいけないしつこい汚れがありますが、タテ型の場合はかなり汚れを落とすことが可能です。

タテ型は揉み洗いや押し洗いなどによって服と服の間に摩擦が起こりやすくなるので、泥や食べ物などが跳ねた時の汚れを落としやすいという特徴があります。

また、洗濯の途中に注水した後でもフタを開閉することができるので、洗濯をしている途中洗い忘れているタオルに気付いたり、片方の靴下を発見すると動いている洗濯機を停止し洗濯物を投入することができるので便利です。

ドラム式洗濯機について

ドラム式に買い替えた人の中には途中開閉できないので困っているという意見も意外と多くあります。

ドラム式は本体の横にドアがついていて、途中開閉すると中の水が溢れてしまうことがあるので後から投入できないようになっているものが多くあるからです。

タテ型はドラム式に比べると値段が安いと言われていて、家電量販店はもちろんインターネットのサイトでも比較することができます。ドラム式の料金はだいたい10万円~20万円ぐらいですが、縦型はだいたい6万円台~18万ぐらいが相場です。

値段にここまで差があるのかと言うと容量の大小などもありますが、さまざまな機能の有無だったり乾燥機能、特殊な洗い方などができるかよって値段が変わってきます。

パナソニック FW・FAシリーズの特徴

パナソニックの縦型洗濯機

パナソニックFW・FAシリーズには乾燥付きとなしのモデルがあり、FAシリーズはスパイラルタンクというひし形の凹凸が付いた洗濯槽の形状になっていて、これが洗濯板の変わりになります。

いろいろなサイズがあり、タッチパネルでの操作になるので分かりやすいでしょう。パルセーターの真ん中に糸くずが溜まりにくいようカバーがされていて、本体と蓋の継ぎ目などの部分は隙間が少なく、なだらかなので簡単に拭き取ることが可能です。

乾燥機付きのものもあり、ナノイーはパナソニック独自の技術で除菌したり消臭することができるイオンになります。スーツやぬいぐるみなどを洗濯し、手軽に脱臭することが可能です。

パナソニック FW・FAシリーズ
全自動洗濯機多数取り揃えています。
パナソニック FW・FAシリーズ
最短翌日届け。5000円以上で送料無料の総合通販PREMOA

日立 BW-DVシリーズの特徴

日立の縦型洗濯機

高濃度洗剤液を洋服に浸透させながら、ビートウィングX(エックス)で押したり叩いて、もみ洗いすることが可能です。

更に衣類に洗剤液を散布する大流量のナイアガラシャワーを使って、洗いムラを抑えたりきわだつ白さに仕上げることができます。

高濃度洗剤液を浸透させている衣類に温風や水道水によるミストを吹きつける温水ミスト機能があり、衣類の温度を約30~40度に温めてから洗剤の酵素パワーを引き出すことが可能です。

温水ミスト180分機能があり、これは皮脂汚れなどの酸化による黄ばみなどを除去したり、部屋干しの二オイを抑制することができます。

蓄積した皮脂汚れなどは酸化し黄ばみの原因になるので温水ミスト90分機能なら、衣類を温め黄ばみの元となる皮脂汚れなども落としながら黄ばみを予防することができるでしょう。

日立 BW-DVシリーズ
大型設置配送も同時申し込みなら総合通販のPREMOAへ

東芝 AWシリーズの特徴

東芝の縦型洗濯機

AWシリーズにはいろいろな種類があり、例えば全自動洗濯機(DDインバーター洗濯機)で、ウルトラファインバブル洗浄Wを搭載しているものがあります。

4人家族2日分の衣類を洗うことができる洗濯容量12kgに対応しているXDや、洗濯槽が浅く取り出しやすいSD、ウルトラファインバブルを搭載したDなどを選択することが可能です。

ナノサイズの泡や洗剤の力で繊維の奥にある汚れを落とすことができるので、1年後の白さが違うと言われています。

ウルトラファインバブルは科学の力で発見した繊維のすき間よりも小さな泡で、大きさは直径1マイクロメートル未満のナノサイズです。

水中で発生しても肉眼では透明な水に見えますが、ウルトラファインバブルは洗剤の界面活性剤効果を高めるパワーがあります。

ナノサイズの泡なので繊維の奥に浸透し、汚れを落としやすくしてくれるので便利です。

東芝 AWシリーズ
大型設置も承ります。

まとめ

各メーカーの縦型式洗濯機にも、あなたの家族構成やライフスタイルから、機能や性能がマッチしたものを選ぶといいのがわかります。

洗濯機は長く付き合うことになる家電のひとつです。是非あなたにピッタリの洗濯機を探してみてください。

洗濯機一覧
洗濯機購入時に設置配送の同時申し込みが可能です。

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする