360°カメラがついに発売!ゴルフボールのような形で継ぎ目のない映像が楽しめる?!

今のビデオカメラは昔と比べて価格が安く、軽量で画質も良く家族や友人との思い出を残すのには最適なのではないでしょうか?

スマートフォンでさえも比較的高画質で手軽に撮り合うことが出来る時代となりました。

動画が身近な存在になったといっても過言ではないですね!
そんな中動画をより楽しむことが出来るカメラが登場しようとしているのです!

360fly シリーズ

360fly シリーズ
360fly 4K 販売価格 ¥55,000(税別)

360fly HD 販売価格 ¥35,000(税別)


米国ペンシルベニア州 ピッツバーグのカーネギーメロン大学出身でロボット関連の研究を行っていたメンバーで設立した360fly社から

今回360℃撮影が可能になったアクションカメラを12/9に発売します。

今までのパノラマ動画との違い

今までのパノラマ動画との違い
今までにもパノラマ撮影が出来るカメラはたくさん存在していました。
しかし従来のものは2つのレンズを使って撮影してそれをくっつけて1つの動画にしていたため継ぎ目が出来てしまい不自然な印象の映像になっていました。

しかし今回の360flyは水平360度、垂直240度と垂直方向360度に達してはいませんが、1つのレンズで撮影することにより従来の2つのレンズの時のような継ぎ目がなくなりより自然な映像を撮影することが可能になりました。

コンパクトなのにすごいタフなやつ

コンパクトなのにすごいタフなやつ
大きさはというとゴルフボール少し大きい程度のサイズになっており一見耐久性は弱いかと思いますが、
この球形のカメラに”タフネス性能”が備わっており360fly 4Kは防水10m、防塵IP6X、落下の耐衝撃1.5mまで対応していて一方の360fly HDは防水1m、防塵IP6X、落下の耐衝撃1.5mまで対応しています。

接地面はフラットになっていてクレードルにマグネットで固定することが可能となっていてそこに固定すると充電とPCへ接続が行えます。

申し分のない記憶媒体

申し分のない記憶媒体
360flyは4Kの内蔵メモリ64GB、撮影可能時間120分、バッテリー駆動時間90分(連続45分)
360flyはHD内蔵メモリ16GB、撮影可能時間90分、バッテリー駆動時間120分

となっていて撮影するには申し分ない容量を持っています。
その他にも加速度センサーやGPS/高度計、電子コンパス、ジャイロスコープといったセンサーを内蔵。
無指向性マイクを2つ搭載。ステレオ録音にも対応しています。

簡単にできる撮影方法

簡単にできる撮影方法
気になる撮影方法なのですが本体はハウジングなしでタフネス性能を追求したためボタン1つというたいへんシンプルな作りになっています。
撮影モードなどの切替方法は360fly専用のスマートデバイス向けアプリを使用します。

無線LANでカメラと通信してアプリを起動してコントロールする仕組みになっています。
カメラについているボタンには電源のON・OFF機能、動画の録画開始・停止のコントロールが可能になっています。

楽しみ方いろいろ

楽しみ方いろいろ
他の製品でも専用のスマートデバイス向けアプリがありますが、360flyシリーズは今までなかなか実現してこなかった録画中にリアルタイムでプレビューを表示させることが出来ます。

さらにアプリを使ってYouTubeやFacebookなどのSNSに360度の映像をアップロードすることが出来ます。

さらにさらにパソコン向け無料デスクトップアプリが用意されておりスマートデバイスだけで撮影、編集も簡単にでき映像を共有することも可能です!

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。
球体のアクションカメラは今までありそうでなかったのではないでしょうか。

球体という斬新なフォルムとこんなにもコンパクトサイズなのにしっかりとした機能がついている360度アクションカメラ、流行ること間違いなしです!

発売された際にはぜひともチェックしてみてくださいね!

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す