ニコン d5500 おすすめレンズとしてどれを買うべきか

d5500のmain

ニコンのd5500は初めての一眼レフカメラで手にする方も多い人気のデジタル一眼レフカメラですが、使いこなしていくうちに必ず一度は悩むのがレンズの新調です。

ダブルズームキットを購入された方は、望遠ズームレンズと標準ズームレンズが付属していますが、「あと少しこうだったら!」という気持ちが芽生えてくるものです。

一眼レフのライトユーザーのレンズ沼初期衝動を迎える方に、ニコンd5500の買い足しオススメレンズをご紹介いたします。

良いこと尽くめのニコンd5500を褒め倒します。

まずは、d5500購入手前でレンズをどうするか悩んでいる方のために、d5500の特徴をサクットご紹介いたします。

ニコンd5500は、独自のカーボンモノコック構造で一眼レフの中でも軽めの420g、EOS KISSシリーズに比べ重さはあるものの、女性でも片撮りしやすく持ちやすい形状が特徴。

グリップ部分が深く掘られた持ち手のデザインが、構えやすさと共に軽さを実現しています。「持つ」というよりも「握る」という感覚はニコンd5500ならではで、小さければ良いというわけではなく、小型軽量化や持ちやすさを両立しています。

タッチパネル搭載で画面を見ながら撮影できるライブビューモードを搭載しているので、スマホよりも良い写真が撮りたい、でもスマホの様に簡単に撮影したいという方最適です。ラ液症画面はタッチで操作できるだけでなく好きな角度に調節できるバリアングル液晶。可動式という以上に自由自在、上からでも下からでも、今流行の自撮りだって自撮り棒なんて必要ありません。

プロのような本格的な写真が撮影できてしまうと、スマホとの違いに必ず驚きます。
また、写真だけでなく、動画も撮影可能で、Wi-Fiを内臓しているため、撮ったものはすぐにスマホに転送して見ることができます。一眼レフカメラで撮影した写真は、スマホで撮ったものと違い、拡大してもトリミングしても細部まで粗が目立たちません。

更に良い画像・映像を撮るための買い足しレンズをクローズアップ!

良いこと尽くめのニコンd5500ですが、レンズの買い足しは決して安くはありません。どういった構図を描き、満足のいく写真をバシッと撮れるレンズがあれば楽しさが増します。それでは、オススメの買い足しレンズをご紹介いたします。

おすすめレンズ①「AF-SDXニコン35mmf/1.8G」

AF-SDXニコン35mmf/1.8Gについて

まず手に入れたいのは単焦点レンズの「AF-SDXニコン35mmf/1.8G」です。200gと非常にコンパクトで、お値段も控えめです。買い足しレンズとしてお手軽で良いでしょう。

ちなみに、単焦点レンズではズームはできません。不便なようですが、ズームしないからこそズームレンズでは難しい小さなF値を実現することができます。高い描写力が楽しめるのも単焦点レンズならではです。

F値を簡単に言うと、
F値が小さければフォーカスされていない背景がぼけます。単焦点レンズはとにかくF値が小さいため背景はかなりボケます。それがいい味になるというか、なんとなく上手く見えるのも利点です。

おすすめレンズ②「TAMRON SPAF10-24mmF3.5-4.5DiⅡ」

TAMRONSPAF10-24mmF3.5-4.5DiⅡについて

最初のおすすめ品として挙げたレンズ「AF-SDXニコン35mmf/1.8G」は、人間が何かを見つめている視野と似た感じで撮れるので初心者でも扱いやすい種類です。

こちらに慣れたら次に選んでほしいのが超広角レンズ「TAMRON SPAF10-24mmF3.5-4.5DiⅡ」です。超広角レンズを使用することで、今度は人の視野よりも広い範囲を写すことができるようになります。

超広角レンズはちょっとサイズが大きめで重さが増し 406gとなり、装着することでレンズ側に重心が持っていかれる感はあるでしょうが、すぐに慣れます。こちらもお値段が手ごろですから取り入れやすいです。

純正だと9万円ほどするのでちょっと躊躇するお値段ですが、こちらは半額以下の3万円前後とリーズナブル。人の視野以上の超広角は新鮮で、ファインダーを覗く楽しみが増えます。レンズを換えるだけでこんなにも違うのだということが実感できる、超広角の世界を味わいたい方にオススメする1本です。

おすすめレンズ③「AF-Sニコン20mmf/1.8GED」

AF-Sニコン20mmf/1.8GED

おすすめレンズ①の単焦点レンズは人間の視野と重なるものの、見つめている時の視野なので「狭すぎる」と感じる方もいるでしょう。

単焦点レンズは、余計なものが写らず撮りたかったものが明白になるため初心者でも撮りやすさはありますが、超広角を取り入れた今は更に狭さを強く感じるのでは?
そこで、もう少し広い範囲が写せる単焦点をという時におすすめのレンズが「AF-Sニコン20mmf/1.8GED」です。

d5500に付けることで、換算30mm程度になり、人間がボーっとしながら見ている視界と同じ程度が覗けます。単焦点撮りにある程度慣れて来たら、2本目として購入してみましょう。

初心者用の次の段階としての位置づけにあることから、少しお値段は高いです。とはいえ、フルサイズに移行した後にも使うことができる商品ですから長く楽しむことができるレンズなので是非チャレンジしてもらいたいレンズです。

単焦点にもさまざまな種類があり、単焦点なら何でも良いというわけではなく、レンズを換えたらどれだけ違いが出てくるのかを知るのが大切です。
狭い視野に毎回不満を感じながらずっと使い続けるよりは、いろいろ試してみた方が楽しみも情熱も、d5500とレンズへの愛着も割増になります。

ニコンd5500の愛用者はたくさんいます。もしも購入したレンズが気に入らないのであれば知人に譲ったり売ったり、逆に試してみたいレンズをお借りするのもいいです。中古品で安く手に入れるという方法だってありますから、試さないなんて勿体ないんです。

おすすめレンズ④「シグマ8-16mmF4.5-5.6DCHSM」

AF-Sニコン20mmf/1.8GED

単焦点同様に、超広角レンズの世界にもさまざまな種類があります。とにかく広角の世界にはまったのであれば、思いっきり広いこちらのレンズはいかがでしょうか。

おすすめレンズ②「TAMRON SPAF10-24mmF3.5-4.5DiⅡ」と比較しても2mmしか差がありませんが、広角の世界においてはたった1mmでも違いが大きくでます。人間の視野では限界がありますが、カメラのレンズを換えればそれ以上の世界が手に入るのです。

ただし、デメリットをあげておくと、おすすめレンズ②で紹介したTMRONの2倍近い重みがあるのと、お値段も2倍とまではいかないもののそれなりに高くなります。それに、レンズ表面が大きく出っ張っていることもあり、プロテクターなどのフィルターを付けることができません。

不便さを感じる方もいるかもしれませんが、どのような写真を撮りたいのかや好みによって、おすすめレンズというのは違ってきます。購入前にクチコミなどを調べて判断してみてください。

まとめ

まとめ

最近では、スマホがあればいつでもどこでも写真が撮れるから、わざわざ一眼レフを購入する人は、それなりに画質にもこだわりを持ち始めている段階です。

たとえば、子供の可愛い瞬間を切り取りたい・大自然を出来る限り写真に収めたい・人によってはディズニーランドの夜のパレードや花火の写真をばっちり撮りたいという方もいるでしょう。それぞれの希望に合ったレンズを選んで更に上の写真を撮るようにしたいいものです。

とはいえ、レンズを換えてどの程度の違いが出てくるのか疑っている人ももちろんいます。あまりに広すぎる広角レンズや、単焦点なのにそこまで視野が絞れていないレンズだと素人には扱いきれない場合だってあります。

レンズの買い足しのポイントは、「手が出しやすいお値段のものから試す!」です。
そこから、そのレンズに特性を知り、「あともうちょっと!」を解消してくれるレンズを探すのがセオリーです。少し価格が高くとも、次の1本を試していく事で写真の質が向上し、綺麗な思いでがたくさん残せるようになります。

デジタル一眼レフは、初心者から上級者まで、あらゆるカメラ愛好家を引き受けてくれる、そんな懐の広さがあるからこそ、スマホやデジカメといった便利なものが増えていっても廃れることなく残っているのです。あなたもそんな一眼レフの世界に飛び込んでみませんか。

ニコンのd5500は全くの初心者から、ある程度慣れてきて中級者のレベル、プロのカメラマンでもニーズによっては使用される方もいます。
ずっとあなたの手元にいてくれる大切な相棒として・友人として旅行先に、普段のバッグの中に忍ばせておいてください。大切な場面できっと大活躍してくれます。

写真を撮ることは楽しいことです。あなたの知らなかった世界の美しさを教えてくれるのです。それを手助けしてくれるのがニコンd5500であり、これまで挙げていった数々のレンズ達なのです。

ニコンd5500の関連商品のご購入はこちら▶

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする