アクションカメラの選び方とおススメ製品3選!多様な映像を撮るならアクションカメラが正解

今、アクションカメラを買うように迷っている方

main

アクションカメラは主にアウトドアで使うため比較的暖かい時期に多く使用されていると考えがちですが、実際には季節に限定されず、様々な活用法があるそうです。春や秋には自転車やドローンに連結して遊んだり、夏には水遊びを楽しみながら防水カメラとして活用できます。また、冬は寒いからあまり使用できないと思うかもしれませんが、雪の上でスキーやボードを乗ってダイナミックな動きを撮る用途で使います。最近は旅行に行って鞄に結んで自分が見た景色を撮る方やビデオカメラの代わりに使用する方も増えています。

アクションカメラとは?

  main   

アクションカメラはエクストリームスポーツやアウトドアの時使用しやすいカメラです。ヘルメット、ゴーグル、頭、腕など装備や身体の一部につけていろいろなアウトドアのスポーツ映像をリアルに撮ることができます。また、単純に映像撮影以上にNFC,WIFIなどの付加機能が搭載して便利に映像を共有することができます。撮影者視点で撮影されるアクションカムは自分の映像を記録ための用途で使用され、最近はアウトドア用だけでなく、自転車やバイクのドライブレコーダーでも使用の幅が拡大されています。

アクションカメラの選び方

1.解像度

  
解像度の比較

アクションカメラは4Kまで対応できる製品とフルHDまで対応できる製品で分かれます。解像度が高ければ高いほど映像がきれいに見えますが、保存容量が大きくなり、映像の編集も長い時間がかかります。それでもそれでも4K対応を買う理由は、どんどんディスプレイの解像度が高くなっており、画面で見た時にもっときれいな映像を見ることができるからです。

  
  

2.フレーム

  
フレームの内容

アクションカメラにはフレームレートが本当に重要です。理由はフレームレート(fps)が高いほど1秒間に撮れるコマ数が多く、よりダイナミックで臨場感ある映像を撮ることができるからです。そのため、最低60フレーム以上の対応するカメラを買うことをおすすめします。

   
  

3.防水機能

  
水泳をしている方の姿
   

最近、アクションカメラにとって防水は基本ですが、防水機能にも等級があります。水上スポーツでも簡単な水泳場で水遊びをする時ならIPX6以上の製品を選択し、水の中に入らず雨が降るときに使用する用度ならIPX5以上の製品を選択するのが正解です。でも水深10m以上の深いところまで入って長い時間活動するスキューバダイビングなどの水中レジャースポーツに使用するところには最も高い防水性能が必要です。

  

おすすめするアクションカメラのご紹介

1.GoPro HERO6 black

   
  
gopro

アクションカメラ、スポーツカメラで有名なGoproは今年HERO6シリーズを発売しました。防水ケース無しでも10m放水に対応しており、声だけで映像や写真を撮ることができます。また、GP1プロセッサーを新しく入れて前作のHERO5の2倍向上された4K解像度、毎秒60フレーム、1080p解像度の毎秒240フレームの動画を撮影できます。そしてWIFI機能でも5GHzを対応で、撮影した映像は最も早くスマホに送ることが可能になりました。

 
   
       
    

GoProのCEOニック・ウッドマンは「HERO6は驚くほどの鮮明で安定的な映像を撮影できるアクションカメラなので、HERO6と編集アプリで今までとは全然違うストーリーテリングが可能になります。」と言いました。その理由は無料でダウンロードできるクイックストーリーアプリを利用すれば撮影した写真と映像を自動で一つのコンテンツに作ってくれるため簡単に映像を共有して編集ができます。

2.SONY FDR-X3000

sony

映像の撮影機器のうまく作るソニーのアクションカメラシリーズの中の最新モデルFDR-X3000はソニーのビデオカメラに適用された光学式ぶれ補正機能であるB.O.S.S(BalancedOpticalSteadyShot)をアクションカメラで初めて搭載されました。それによって電子式のブレ補正機能の使用時に画角が狭くなることを防止しました。4kの撮影にもB.O.S.S機能が搭載されている為、従来より最も安定的な映像を撮ることができます。

アクセサリーにはライブビューリモコンと放水ハウジングなどがあります。基本的にIPX4の防水機能を備えていますが、防水ハウジングを利用すれば防塵もできて、水深60mまで防水対応してくれるため、水中でのスポーツなどを楽しむことができます。またライブビューリモコンを使用すれば、映像を確認しながら遠隔操作ができます。スマホと連携もできて、2つのアプリ(Play Memories Mobile、Action cam)を使うとアクションカメラに保存されている映像を編集できて便利です。

3.OLYMPUS TG-Tracker

Tracker

TG Trackerの基本的は姿はOLYMPUSのToughシリーズと似ています。実際的にもTG TrackerはToughラインナップに分類されています。防塵、防水を強調しているToughのラインナップなので、防塵・防水が可能な専用ケースは提供されていません。その理由は機器の内の暇を密閉処理してIP68ぐらいの防水機能で最大水深30mまで対応できます。また、防寒性能もおり、解体-10℃の低温でも作動できます。 そして、GPSと様々なせんさーを活用した機能も強いです。OLYMPUSは自体のアプリ「OLYMPUS Image Track」を提供しています。そのアプリはTG Trackerの記録(LOG)資料を読み込んでどこで撮影されたか、水の中でどのぐらい移動したかなどを見せてくれます。

TG-Trackerには一般的なセルフィースティックではなく専用安全グリップが含まれています。安全グリップを使用すればカメラの揺れが少なくなって安定感がある映像を撮影できます。また、安全グリップを脱着したらアクションカメラのマウントを使用できます。

アクションカメラおすすめ!

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする