防水カメラで自撮りしよう!安くておすすめはコレ!

防水カメラ

防水カメラは一つ持っておくとレジャーの時の楽しみが何倍にも広がり、みんなでシェアすれば更に楽しみも広がります。防水カメラのメリットは、海やプール、フェスティバルといったアウトドアの用途に対応し、自撮りグッズとしても人気。本来高精細で水に弱いカメラを壊すことなく思い出を映像に残すことが出来るのもポイントです。

夏に限らずレジャーシーンで役立つのが防水カメラは、海やプール・スキー・スノボー・川遊びでも水滴を気にすることなく写真を撮ることができます。さらに防水カメラによっては、水中に持ち込むこともできるので、用途に合わせて適切なものを選びたいものです。

自撮りも防水カメラ

防水カメラは色々なメーカーから販売されており、安いものでは1万円を切るモデルもあります。高級なものでは10万円近い値段で売られているものもありますが、選びかたやチェックするポイントとしてはどのような用途で使うことが多いかという点が挙げられます。

1台持っておくと何かと便利な防水カメラについての防水カメラのメリットをお伝えいたします。

海に!山に!防水カメラで遊びのシーンを撮り尽くそう!

防水カメラを海でサーフィンなどのマリンスポーツをするときの記録として使いたい時にはチェックするポイントとしては拡張用の部品が充実している稼働かという点があります。防水カメラを手にって撮影できる時ばかりではないため、頭にセットできる部品や腕につけることが出来る部品などが充実しているかどうかは選びかたで重要なポイントです。

防水カメラのメリットはアウトドアユースに対応している点にあり、防水性能があるだけでなく耐衝撃性にも富んでいるモデルが多いのが特徴です。海でアクティブに動いていて万が一落としてしまっても大丈夫な機能がついているタイプを選べば遊びのシーンをしっかり記録することができます。

防水カメラを選ぶときに気を付けたい点としては、画素数もポイントです。できるだけ高精細な映像を残すには画素数は高めに設定されているのに越したことはありません。又、スマートフォンなどにすぐに転送する機能がついていれば皆ですぐに撮影した映像をシェアすることが出来ます。
防水カメラはいままでカメラが壊れるから撮影できない!とあきらめていたところにだってどこでも撮影出来てしまう優れものです。防水カメラには大抵の場合水中撮影にも耐える耐水圧機能がついていますので、水中に潜った時の様子も撮影出来てしまいます。


写真:オリンパス防水デジタルカメラ「Tough TG-5」

より本格的な動画を残そうとすると、防水カメラは5万円前後のスポーツ用のタイプを選ぶのがオススメです。アクションスポーツ用に作られた本格的な製品を選んでおけば、海や山でアクティブに動いている様子を収める時にも気を遣わずに済みますし、耐水性や防塵性能も高いですのでスポーツなどの記録を存分に残しておくことが可能です。

防水カメラを選ぶときには保証も重要です。防水カメラはアウトドア向けに丈夫に作ってありますが、それでも砂や水などが残っていたりメンテナンスを怠ると壊れることがあります。お手入れをしていても壊れてしまったときの保証が受けられるよう、長く保証してもらえる商品を選ぶのがポイントです。

防水カメラの魅力を知って活用してみましょう

防水カメラとは名前から分かるように、水に強く、海やプールといったシーンで大活躍してくれます。雨の中でも写真撮影が可能なので、人によっては使い勝手が良く求めたいと考える場合も出てくるはずです。
ただ防水カメラを購入する際に気を付けたい点として、防水性能について正しく理解して、自分の必要に応じた内容の品を求めなければいけません。同じ防水カメラでも濡れても大丈夫といったものから、水中でも撮影可能といったものまであるので、見極めが大切です。海やプールといった場所で家族の写真を撮る、海中撮影をするでは目的が異なっていて、使う防水カメラの種類も異なってきます。

防水カメラというと、水の中なら完璧に防水できると思われがちですが、実は防水カメラごとに耐えられる水圧が決められています。それを越えてしまうと、防水カメラであっても、水を防ぐことができず、カメラの中に水が入ってしまうのです。

そこで知っておきたいのが防水性能についてで、ここで注意したいのが「IPX」という単位になります。IPXとは防水や防塵の等級を表す単位で、IP数字Xが防塵、IPX数字が防水、IPで数字が続く場合は防塵・防水に対応しています。最後に数字が付き大きくなるほど性能が高く、水深に耐えることができるのです。この単位に関して覚えておきたいのが、無表示である0級は特に防水・防塵の保護がされていない状態となり、1級は鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がなく、防滴I形と呼ばれます。一般的な防水機能がこちらになり、雨に当たっても拭けば問題なく使い続けることはできるといった軽いものです。ただこれでも防水カメラを名乗ることはできて、プールや海といったシーンではやや不安があるかもしれません。

2級、3級と数字が増えるに従い、防水の効果が高くなり、防滴Ⅱ形、防雨形と表現されます。4級があらゆる方向からの飛沫を受けても問題がない状態で、防まつ形と呼ばれて、海やプールなどで安心して利用できる防水カメラと言えます。

さらに等級が上がり、8級の防水カメラは継続的に水没しても内部に浸水することがなく、水中形というこちらはかなりの水深にも耐えることができるのです。

このように防水カメラを求める際にはIPXに注意すると性能について分かりやすくなります。レジャーシーンで使う時には4級の防水カメラを目安にすると良く、等級によって価格が異なってくるので予算に応じて考えてみると求めやすいです。また防水カメラだからと防水だけではなく、手ぶれ補正や画素数、焦点距離など普通のカメラで求める機能性も重要になります。防水機能はもちろん、カメラは使用するものですから自分が使いこなせるタイプを購入することが大切です。

防水カメラのポイントを知って購入時に役立てよう

防水カメラと一口に言っても、実は防水性能がそれぞれ異なっていて、等級によって変わってきますので、幾つかのポイントをチェックして見つけ出さなければいけません。それぞれの特徴を知って、自分の求めに応じた防水カメラを購入すると、使い勝手が良く写真を撮るのが楽しくなるはずです。

まず知っておきたいのが防水カメラの基本となる防水機能についてで、こちらはIPXという値で示されています。IPとはInternational Protectionの略で、この数値の次に数字が2つ続くと防塵防水機能となり、IP数字Xで防塵性能のみを、IPX数字で防水性能のみを表すと覚えてください。防水カメラを購入する時はIPXの数値をチェックする必要があり、1が最も低く水滴が当たっても有害な影響がないといったところで、4級や5級が海やプールで撮影する時も安心して使うことができます。さらに8級になると継続的に水没しても内部に浸水することがなく使うことができて、水中撮影を考えている時にはこちらを利用すると安心です。

ただレジャーで防水カメラを使用する時は防水機能だけではなく、使い勝手の良さも重要になり、アマチュアなら画素数が高い、F値の低いものがおすすめになります。画素数が高いほど写真の仕上がりが美しいものとなり、色合いも鮮やかになるので魅力的です。F値というのはカメラに取り込む光の量を数値化したもので、大きくすると絞りが絞られてレンズを通る光の量が少なくなり、小さくすると絞りが開き光の量が多くなります。この調整は難しく、レジャーとして防水カメラを求める時はF値の低い方が使いやすく価格も安くなるので、メリットが大きいです。

防水カメラに必要な手ぶれなどの補正機能について

海やプールに行く夏前になると、各メーカーから様々な防水カメラが販売されます。最近では、スマートフォンをカメラ代わりにするという人が多いですが、水中の中をきれいに撮影するには、防水カメラの方が適しています。

防水カメラの選び方で大切なのは、補正機能についてです。水中なので手ブレは必要かどうかと感じる人もいるでしょうが、手ブレの補正機能は必要です。なぜ手ぶれ補正があるとなぜよいのかと考える人もいるでしょうが、カメラはズーム機能を使うとその分ぶれやすくなります。また、暗い場所での撮影もぶれやすく、水中の撮影には手ブレは必要かどうかという問題には、必要であるという答えが出ています。

防水カメラを始めて買う場合は、手ぶれ補正があるとなぜよいのかと考えると、すぐに答えられません。しかし、プールで一緒に泳いでいる時に、友達をズームして撮影したり、海に潜った際に、泳いでいる魚を撮影したいという人は多いでしょう。水中というのは、潜れば潜るほど光が届かなくなるので暗くなります。また、魚は近寄り過ぎると逃げてしまうので、ズーム機能は意外とよく使うため、手ブレがおきやすい状態になっています。

手ブレ補正機能については、光学式と電子式の2種類があります。電子式は画像処理をすることで手ブレを補正し、光学式はレンズやセンサーの働きで補正します。光学式の方がきれいに補正できるので、購入する際はどちらであるかをチェックしてみましょう。また、手ブレ補正機能以外にも知っておくと便利な機能があります。サンサーサイズは大きければ大きいほど高い精度の写真が撮影できます。焦点距離が大きいものは、その分望遠機能があります。カメラの説明によく書いている F値は、数字が小さければ小さいほど明るい写真になります。

まとめ

防水カメラを求める時には自分がどのような目的で使用するのか、どのようなシチュエーションで撮影するのかを明白にする必要があります。海やプールサイドといった地上と水中ではIPXの等級に違いが出てきますし、等級が高いほど防水カメラは高額になるので気を付けなければいけなく、メリットとデメリットを知ることで選びやすくなります。特徴を理解して、自分が必要とするものを明白にして購入することが大切になってきます。

防水カメラのことはイロイロわかったけど、どんなカメラが有るの?と気になる方は、防水カメラおすすめラインナップを参考にしてみてください。

大切な思い出を撮影するためのカメラです。スマートフォンのカメラアプリでの自撮りは当たり前となっていますが、レジャー環境で便利さを発揮するのが防水カメラです。Wi-fiを通じてスマートフォンに画像を転送、GPS機能付ならば、どこで撮影した写真かがすぐに分かり、撮影した画像に位置情報が記録されるので、後から見返したときに便利です。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

Page Infomation

防水カメラで自撮りしよう!安くておすすめはコレ!」に関連する記事は「カメラ」カテゴリーにもあります。是非お立ち寄り下さい。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す