シーリングファン通販購入ガイドをチェック

シーリングファン通販購入ガイド

シーリングファン通販購入ガイド

シーリイングファンとは、自宅などの天井に取り付けるタイプのファンを指します。

シーリングファンの役目として天井にファンを設置して回転させることで、部屋全体の空気をうまく循環させることが出来るようになるので、室内の温度を均等に保つことが出来る特徴を持っています。

最近では中心にライトが付いているタイプであったり、リモコン操作が出来るタイプも販売されているので、循環機の他にも室内照明として利用することが出来ます。

シーリングファンの効果

シーリングファン

自宅にシーリングファンを設置することで得られる効果には、室内でエアコンを利用した場合に暖房や冷房を部屋全体に拡散することが出来るので、冷暖房の効率を上げることが出来る効果があります。

実際に冷暖房の効率がよくなることで、省エネや節電に繋がり、電気代などを抑えることが出来る点が注目されています。

空気の循環がきちんと行えていないと、冷暖房を利用した場合に温風が部屋の上部にたまってしまったり、冷風が部屋の下部にたまってしまいがちですが、シーリングファンで部屋の空気を循環させれば、室内の温度を均等に保つことが出来るようになります。

室内照明ファン

最近ではシーリングファンも室内照明として利用できる製品や部屋の雰囲気に合わせて設置することが出来る豊富なデザインのタイプが増えているので、おしゃれなインテリアとしても利用することが可能です。

普段洗濯物を室内干しにしている方にとって、このシーリングファンを利用して室内の空気を循環させることによって、普段以上に洗濯物が乾きやすくなるので、部屋干し独特の臭いが出るのを防ぐ効果も期待できます。

実際に設置した場合に一ヶ月にかかる電気代は1時間あたり1.19円で、一日あたり28.51円、一ヶ月で855.36円なので思ったより電気代はかからないことがわかっています。

シーリングファンの取付けポイント

取付けポイント

実際に自宅にシーリングファンを設置する場合、どのように取り付けをすればいいのかわからないという方は少なくありません。そこで取り付けを行うポイントを把握しておくと、スムーズに設置することが出来るようになります。

まずシーリングファンを設置する上で必要となるのが取付可能な配線器具が天井にあること、天井の強度が十分にあること、傾斜や勾配の確認、壁や床との距離が十分にあることや、取り付け位置の高さが重要になってきます。

まず取付可能な配線器具とはマンションなどに主に使用されている引掛埋込ローゼットやフル引掛ローゼットであれば、天井に穴を空けることなく取付けが可能になります。

設置

角型引掛シーリングや丸型引掛シーリング、丸型フル引掛シーリングなど主に戸建て、木造アパートで使用されているタイプは天井に木ネジで固定が必要となります。

賃貸に住んでいる場合は天井に傷をつけずに設置する方法を利用する必要があるので、専門業者に相談をすることが必要です。

天井の強度確認は、押すと簡単にたわむ天井であったり、傾斜をあわせた船底天井、壁面やサオブチ天井はシーリングファンが正しく取付けすることが出来ない可能性があるので、確認が必要です。

次の傾斜・勾配の確認では国内メーカー製のシーリングファンの場合、最大39度まで取付けが可能になるので、自宅の天井の傾斜角度を確認した上で傾斜天井対応の製品を選び、商品詳細ページから傾斜何度まで対応しているか確認をするようにしましょう。

取付け位置

他に確認するべきなのが壁や床の距離と、取付け位置の高さです。

これは風量の減衰や揺れの原因となることから、シーリングファンの羽根の先端から一番近くの壁との距離は平均で40cm~50cmは空けることが推奨されています。

安全面や圧迫感を考慮した上で、羽根と床の距離は少なくとも210~220cm以上空けることが望ましいです。

一般的な作りのアパートやマンションなどの天井の場合、全高のある製品を選んでしまうと部屋全体に圧迫感が出てしまうため、薄型の製品を選ぶことがポイントとなります。

シーリングファンの掃除の方法

シーリングファンは吹き抜けなど高い天井部分に取付けをするというご家庭は多く、空気の循環による冷暖房の効きの良さが格段にあがることや、デザイン性が高いことからおしゃれなインテリアとしても役立ちます。

このようにインテリア家具としても機能性の高さも人気の理由となっているシーリングファンですが、吹き抜けに取付けをした場合の最大のデメリットは掃除などの手入れがしにくくなってしまうことにあります。

照明機能が搭載されたシーリングファンを利用している場合、天井がそこまで高くない場所に設置することから、掃除自体はそこまで難しくない場合が多いです。

吹き抜けに設置

しかし戸建てなどにある吹き抜けに設置する場合自分で掃除をするのは非常に難しくなります。

しかし長期間そのままにしておくとファンの上に埃がどんどん溜まって汚れてしまうため、定期的に掃除を行いたいと考えている方も少なくありません。

取付けをした場所が二階の廊下や踊り場から掃除道具が届く場合は、長い棒状の掃除道具を利用することで通常の照明掃除と同じように綺麗にすることが出来ます。

ただ吹き抜けにあるシーリングファンの場合は、溜まってしまった埃が下に落ちてしまうと、一階の広範囲に汚れが散らばってしまう可能性が高いので、汚れを落とさないように気をつけて掃除していく必要があります。

吹き抜けに設置

特に長期間使用していない状態のシーリングファンの場合、汚れが非常に溜まってしまっている可能性があるので、羽根の部分に積もっている埃を掃除する際には下の階にある物を別の場所に移動させておくことが無難です。

そうすることで万が一下に汚れが落ちてしまった場合も下にあるものに汚れが付着するのを防ぐことが出来ますし、埃が落ちないように掃除機で触らずに吸い取っていく方法を利用しましょう。

掃除機を利用してある程度埃を吸い取った後は、フローリングワイパーといった埃などの汚れを絡ませるような掃除道具で拭き取っていきます。

長い棒の先に雑巾を取り付ける方法もありますが、雑巾の場合下に落ちてしまったり力加減が難しく羽根の部分が回ってしまうことで、掃除に時間がかかってしまう可能性がありおすすめしません。

廊下や踊り場から距離がある場所にシーリングファンがあり、掃除道具が届かない場合は無理に自分で掃除をしようとせずに専門の掃除業者に依頼をすることで効率よく綺麗にしてもらう方法もあります。

掃除業者

専門の掃除業者を利用する場合足場を組んで安全かつスピーディーに綺麗にすることが出来るメリットがあるので、費用はかかりますが利用するというご家庭は多いです。

大きめの梯子がある場合は、利用する方法もありますが高い場所にあるシーリングファンの掃除をする場合、足を滑らせて転倒したり怪我をしてしまう危険があるので、自分自身で掃除を行う場合は十分に注意をすることが大切となります。

シーリングファンの風向き

シーリングファンの風向き

シーリングファンを利用する上で重要になるのがファンの風向きです。

空気を撹拌させる観点から風向きによって効果の違いがないため、どちらの風向きであっても部屋全体の空気をある程度均一にすることが可能です。

ただ風が直接人にあたることで体感温度が下がってしまうことから、冬場の回転方向は上向きがおすすめだと言われています。

これは下向きにファンを回すと直接人に風が当たってしまい暖房を使用していても寒いと感じてしまう恐れがあるため、冬場は上向きにして壁伝いに暖かい空気を足元に流すことが効果的です。

夏場は回転方向を下向きにすることで、直接ゆったりとした風を人にあてて体感温度を下げる効果を利用します。そうすることで冷房の温度を高めに設定しても快適に過ごすことが可能になります。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

シーリングファンはオシャレな照明アイテムですが、実際に設置する時のことや、利用後の手入れなどあります。

購入前の予備知識として皆様のお役に立つ情報であれば幸いです。

シーリングファン
最短翌日届け。5000円以上で送料無料の総合通販PREMOA

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする