意外とわかりずらい!失敗せずにシーリングライトを選ぶ方法をご紹介!

シーリングライトの魅力

シーリングライトの魅力

節電したい人やシンプルな照明に変えたい人などに人気があり、家庭で使う証明の主流になっているのがシーリングライトです。
LEDの物がたくさん出てきているので光熱費をおさえながらすっきりとした照明にすることができるので大変人気があります。

シーリングライトは、付けた瞬間に明るくなることや光の強さを無段階で調整できること、節電になることや光の色を選ぶことができることなどたくさんのメリットがあるので、好感を考えている人に人気があり、おすすめです。
最近は新築の家やリフォームした家の照明にも大変多く採用されています。

シンプルで使いやすく、費用的にも比較的リーズナブルなので、リフォームや模様替えの時に取り換える人も多く、部屋がすっきりと明るく見えるようになることも魅力のひとつです。
大変人気があるシーリングライトですが、単に交換するとよいというわけではなく、部屋に合う物を選んだり、設置個所を考えたりしなくては失敗してしまいます。

選ぶときにもどれを選んだらよいのか分からないという人が意外と多く取り換えを考えていたけれども選び方が分からなくて困ってしまっているという場合も多いようです。
失敗しないためには、ポイントをおさえて自分の家に合う物を購入することがポイントになります。

失敗しやすい事例を参考にして、暮らしが快適になるシーリングライト選びをすることが大切です。

こうやって設置すると失敗する

シーリングライトを選ぶときに失敗しがちなのが設置箇所です。
明るいイメージがあるシーリングライトですが、部屋の大きさと明るさを合わせておかないと暗い部屋になってしまったり、必要以上の明るさの物をつけてしまったりすることがあります。

使用するの部屋の大きさに合わせた明るさのシーリングライトを設置することはとても重要なので、リビングとダイニング、キッチンが一続きになっている場合には、それぞれの部屋の大きさや必要な明るさをよく考えてから選ぶことをおすすめします。
ダイニングとリビングをひとつのシーリングライトで間に合わせようとして中央にひとつ設置した結果、ダイニングもリビングも暗いということはよくある失敗です。

一続きになっているとしてもダイニングにはダイニング用をリビングにはリビング用を設置することをおすすめします。
暗かった場合には、それ以上明るくすることができないので失敗してしまうことになるのでしっかりと考えてから選ぶことをおすすめします。
v シーリングライトの明るさはルーメンという単位で知ることができます。
シーリングライトにルーメンが書いてあるほか適応畳数も書かれて販売されていることが多いので参考にするとよいでしょう。

また、一般的に高齢者は若い人と比べて明るい照明を好むことが多いので、高齢者がいる場合には6畳の部屋に8畳用を設置するなどワンランク上の畳数のシーリングライトをおすすめします。
また、部屋の内装の色が濃い場合にも部屋が暗く見えやすいという特徴があります。

白っぽい壁紙の場合には良いのですが、ダークな色の壁紙や木製の壁の場合にもワンランク上の明るさのシーリングライトを選ぶことをおすすめします。

こうやって交換すると失敗する

良くある失敗は、シーリングライトなら何でも良いと思って値段で選んで交換してしまうことです。
シーリングライトには様々な機能が付いていて、とても便利に使うことができるので交換するときには自分が欲しい機能が付いたものを選ぶことがポイントになります。

シーリングライトについている機能で便利なのが調光機能です。
生活シーンに合わせて明るさを選ぶことができる機能のことで機種によって4段階から無段階まであり、明るさを調整することにより適切な明るさで過ごすことができる上に節電することもできる便利な機能です。

また、最近人気があるのが光の色を選ぶことができる機能で、光の色は電球色や昼光色などがあります。電球色はあたたかみがある色合いでリラックスできる色として人気があり和室に似合う色でもあります。
洋室に似合う昼光色は白く部屋をすっきりとさわやかに照らしてくれる光の色になっています。

他にも部屋の明るさをセンサーが感知して部屋の明るさを一定に保つ自動機能が付いていたり、自分の好みの明るさや色合いを記憶することができるメモリ機能、だんだんと暗くなり自動で消灯するお休みタイマー機能など便利な機能が付いているので欲しい機能の物に交換することがおすすめです。

最近では、留守中でも自動で点灯したり消灯したりすることができる留守番機能も人気があります。

失敗せずにすむシーリングライトおすすめ

大きさ

新しくシーリングライトに交換する場合におすすめの選び方は大きさにも気を付けることです。
古い器具と交換するときに新しい物の方が小さいと天井に古いライトの跡が残ってしまいます。

付け替える時には大きさに注意をして選ぶようにしましょう。
通常の場合、㎜で大きさが示されているので㎜単位で正確に測った選ぶことがおすすめです。

形状

また、部屋にあったデザインの物を選ぶことも失敗しないための大切なポイントになります。
部屋の雰囲気に照明は重要な役割を果たしているのでデザインの種類が少ないイメージがあるシーリングライトでもしっかりとデザインで選ぶことがおすすめします。

丸型が多いのですが、スクエアタイプもあるので部屋のイメージ合う方を選ぶようにすることをおすすめします。
低予算で考えている場合には、機能と合わせて選び薄型ではないスタンダードタイプを選ぶことも一つの方法です。

薄型は実際の寸法よりもすっきりとした見た目になるので部屋が比較的狭い場合におすすめのデザインになります。
迷った場合にはどのような部屋にもなじみが良いスタンダードタイプを選ぶとよいでしょう。

子供部屋なら機能や操作が省略されており使いやすいシンプルタイプがおすすめです。
高齢者など機能が多くても使い切れないという場合にもシンプルタイプを選ぶことをおすすめします。

スクエアタイプは和室に良く似合うデザインになっていますが、和室以外にもスタイリッシュな雰囲気の部屋にも似合うので最近注目されているデザインです。
珍しいのでおしゃれなイメージになることも人気がある理由のひとつになっています。

自分の好みに合わせていろいろなデザインを知ってから選ぶことが失敗せずにすむ選び方です。

まとめ

シーリングライトは、節電したい人に大変人気が照明ですが、機能が充実していてとても便利に使うことできることやシンプルで部屋がすっきりと見える効果があること、光の色や明るさを選ぶことができることなどメリットが多い照明です。

照明を取り換えると部屋がきれいに見えるようになり、比較的リーズナブルな価格で手に入れることができるタイプも多いので節電効果と合わせて考えると早めの交換をおすすめします。
部屋の大きさや内装に合わせて選ぶことで光がまんべんなく部屋に広がり手元が良く見えるようになったり、食べ物がおいしそうに見えるようになったりするというメリットもあります。

リビングやダイニングはもちろん子供部屋や寝室などにもおすすめの照明で取り入れている人が多く人気があります。
デザインや機能が充実しているので色々なメーカーの物を比較して、部屋や好みに合わせて選ぶようにすること失敗しないためのポイントです。

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする