人感センサーライトはおすすめの照明器具|便利なメリットまとめました!

人感センサーライト

人感センサーライトはあると便利!

昨今シーリングライトなどでLED照明は一般家庭でもごく普通に利用されていますが、センサーライトもLEDで省エネ性を考慮したり、機能性が向上しているのをご存知でしょうか?もしも、これから人感センサーライトをお探しになる方や、どういった製品なのか気になった方へ、人感センサーライトを使うと、どんなことにメリットが得られるのかご紹介していきます。

人感センサー種類と仕組み

照明の種類や仕組みについて

人感センサーは人間の所在を検知するためのセンサーのことです。例えば、玄関照明の自動点灯や水栓の自動開栓、トイレの自動水洗などで用いられている仕組みです。

人感センサーは赤外線や超音波、可視光などが用いられ、人の動きなどに反応して作動するようになっています。人感センサーの種類によって仕組みも異なっています。

例えば、熱センサーは赤外線で周りの温度変化を感知して作動するセンサーです。人の熱等の変化を感知して作動します。また、光センサーは様々な波長の光の違いを利用し、その光の反応で物の大きさや長さ、位置などを感知して反応するという仕組みになっています。そして、音波センサーは音に反応して物の大きさや長さ、位置などを感知して反応するようになっています。音感センサーも音波センサーと似た仕組みで作動します。加えて、タッチセンサーは人が触れることで、その動きに伴う静電気によって機能するという仕組みになっているのです。

適した場所、適さない場所について

屋内外のセンサーライト

人感センサーには設置するのに適した場所とそうでない場所があります。このセンサーを設置するのに適した場所は、野外や屋内の照明や電球、トイレやドア、防犯セキュリティシステムやエアータオルやジェットタオルなどがあります。これらの場所で人感センサーを設置すると生活がとても便利になったり、防犯上の効果なども得られやすくなるといわれているのです。

人感センサーは設置するのに適さない場所もあります。まず、床面が反射の強い性質をもつ大理石やラスタータイルなどの場所はこのセンサーの取り付けには適していないといわれています。また、風などでよく揺れる暖簾や旗や植物などが近くにあるような場所も適しません。また、交通量の多い道路が検知エリアに入ってしまうような場所や前に壁などの障害物のある場所や昼間でも暗い場所などもこのセンサーの設置場所には適さないといわれます。

センサーライトの設置場所について

また、エアコンの吹出し口や室外機の近くなども誤動作の原因になるため向いていません。駐車場に設置したいという場合には、赤外線という熱変化を感知することができるので、車のエンジンの熱や排気ガスなどの変化で反応可能です。また、ヘッドライトの光に反応することもあるといわれます。しかし、ハイブリッドカーや電気自動車はガソリン車と比較すると熱を発しにくいので、センサーが作動しない場合があるといわれています。

後付けは可能?方法は?

後付けは簡単!?

このようなセンサーはとても便利です。しかし、家を新築するといった場合なら、はじめから設置することが出やすいといえますが、既にある建物などの場合には後から設置することが可能なのでしょうか。

この点についてはライトなどのセンサーは工事なしにセンサーを簡単に後付けすることができるのです。後付センサー証明にすることができるというのはとても便利です。既に立っている建物だと再び工事が必要になってしまうと、導入するのをためらってしまうということもあるのではないでしょうか。工事する必要がなければ設置するのもとても気楽になります。

センサーを後付けする方法はとても簡単で、今ある照明器具にセンサーが付いた電球をつけるというだけなのです。また、センサー付きの照明器具に変えるという方法もできますし、今使っている照明器具と電球にセンサー付きソケットをセットするという方法もあります。これらの方法から取り付けやすい方法を選んで取り付けると簡単にセンサー付き証明を使うことができるのです。

人感センサーライトにするメリット

センサーライトのメリット

人感センサーライトは人の動きや熱などに反応して便利に点灯してくれます。そして、その場所を離れると自動的に消灯してくれるというとても便利なライトです。このようなライトにするメリットは何なのでしょうか。そこで、その点についてご紹介したいと思います。

まず、人感センサーライトにするメリットは照明が自動で点灯するという点です。人の動きなどを感知して自動で照明が点灯してくれるのでとても便利なのです。例えば、暗くなって家に帰ってきた時にライトが人の動きを感知して自動点灯してくれますので、足元もしっかりと照らされて安全です。

他にも、室内に入った時も暗い中でスイッチを探す必要がなく、玄関先でライトが点灯してくれることや、廊下などが暗い時にセンサーで人の動きを感知して廊下や階段などを照らしてくれるのはとても便利です。

廊下のライト

このように、このセンサー付きライトを使用すると暗い時もスイッチなしですぐにライトが点灯してくれてとても利便性が高いのです。そして、電気を消す必要もなく、その場からいなくなると自動的にオフになるためスイッチをわざわざ消す手間を省くことができるのです。

さらに、このようなライトのメリットとして挙げられるのが、防犯上の利点です。暗い場所でいきなり自動的に明るくなるこのセンサー付きライトは、泥棒などが家に侵入しようとしたときなどに点灯し、警戒感などを与えることができるというメリットがあります。暗い場所がいきなり明るくなることで泥棒に心理的なプレッシャ-も与えることができます。照明が勝手に点灯することで家を物色されるのを未然防止できるといえます。

加えて、このセンサーライトのメリットとして挙げられるのが照明の消し忘れがないという点です。自動的に点灯したら、人がいなくなれば自動的に消灯してくれますので電気の消し忘れがありません。例えば、時に家族がトイレの電気を消し忘れてしまうことがあります。うっかりとしてしまって、そのままになってしまうと無駄な電気代が発生してしまいます。

ところが、トイレにこのようなライトを設置することで、トイレにいる間だけ電気がついており、トイレから出ると電気を消さなくても自動的に電気がオフになりますので、そのままついているということを防ぐことができます。

電気のスイッチ

小さな子供がいるという場合には、電気のスイッチの位置が高くて子供の手がスイッチに届かないという問題も起こりません。夜間で暗い時に子供が階段や廊下を通るという時には電気がつかないことが心配だという親御さんもいるといえます。このような時にセンサー付きのライトなら、お子さんの手が届かなくても電気をつけてくれます。また、自動的にオフするので安心です。

このようなセンサー付きのライトは、必要な時に必要な間だけ電気をつけてくれます。また、電気の消し忘れもありませんので省エネ効果が得られます。電気代を節約したいという場合にも節電効果があってお得というメリットもあるのです。

ただ、こうしたタイプの照明器具に慣れてしまうと、照明を消す習慣が薄れるということなども起こりや少なるといえます。お子さんが小さいうちはスイッチに手が届きにくいためこうした照明器具はとても利便性が高いのです。しかし、ある程度大きくなってくると、照明は自動的について自動的に消える者だと思って、よそに行った時に電気をつけっぱなしにしてしまうということもありうるといえます。

そのため、自宅の廊下やトイレなどの照明はセンサー式でも、照明はきちんと消すものだということを伝えていくことでこのようなことにも対処がで切るといえます。別のお宅などを尋ねた際に電気がつきっぱなしにならないようにしておくということが大切になるといえます。このように、このタイプのライトには利点が多くあります。注意点などに気を付け、快適に利用しましょう。

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする