4Kテレビの選び方。買い替えするならコレがおすすめ

choose4ktv

4Kテレビの選び方。買い替えするならコレがおすすめ

4Kテレビの選び方について、4Kとは?から4kテレビと4k対応テレビの違いなど、新4K衛星放送に合わせて知っておかないと困ることなど、テレビの買い替え、新調するかたなどにも耳よりの情報と共に、今買うならオススメの4Kテレビとあわせてご紹介いたします。

4Kとは4000の意味であり、4Kテレビであれば画素数が4000×2000前後の規格のものになります。

これは4K2Kとも呼ばれるもので、略して4Kと呼ばれることが多いです。また海外では、UltraHDと呼ぶこともあります。衛星放送などはフルHDと呼ばれるものは、画素数は1920×1080であり2Kと呼ばれたりします。

これらの違いは2Kが約200万画素に対して、4Kは約800万画素あることです。そのため同じ画面の大きさであれば、4Kテレビのほうが映像が緻密映像が緻密像が緻密が緻密になります。

現在の地デジでは1440×1080画素で放送されており、4Kテレビよりも解像度は低いです。

そのためそのような映像を見ても意味があるのか心配になりますが、2K映像も画面いっぱいに引き伸ばす解像度変換機能が内蔵されています。

映像の質が落ちるのではないかという懸念がありますが、超解像度技術という映像補間技術が搭載されており綺麗に移すことが可能です。これにより2K映像をハイビジョンテレビで見るよりも、精細な画質を得られ美しい映像が見られます。

4Kや8Kテレビの大きな特徴は、画素数が大きくなっているため映像が緻密なことです。

低画質の映像でもきれいに見せる技術を搭載しているので、普段からよりよい映像を楽しみたいのであれば高画質なテレビを選ぶことが大切です。

4Kでされ2Kの4倍の画素数がありますが、8Kは4Kの4倍で2Kの16倍という画素数になります。より緻密な映像を楽しみたいのであれば、数字の大きなものを選ぶことが重要です。

また特徴としては、画面サイズが大きなものが多いということも挙げられます。

これは画面サイズが小さいときれいになった映像もわかりにくいということがあり、40型以上のものがほとんどです。

8Kになった場合には100型くらいにならないと4Kとの差がわからないため、8Kよりも4Kテレビのほうが使い勝手が良くなります。

これらの違いは、チューナーが搭載されているかいないかの違いです。

4Kテレビがチューナーが搭載されており、4K対応テレビがチューナーが搭載されていないテレビになります。そのため対応テレビで視聴したい場合には、別途チューナーを購入する必要があります。

しかし注意しなければいけないこともあり、それがいつ発売された製品かです。

2015年くらいに発売されていたものは、その時に4K放送されたCSは見ることはできました。しかしBSでの試験放送は、視聴することはできません。

視聴するためには、別途チューナーを購入する必要があります。そのため当時の4Kテレビは、対応テレビになっているので注意が必要です。

別途チューナーを購入せずに見たい場合には、2018年に発売されるチューナー搭載のテレビを買う必要があります。対応している製品は少ないですが、それを購入すればチューナーを買わなくてもBSの4K放送を視聴することが可能です。

チューナー搭載のテレビは少なく、視聴したいのであればチューナーは必要です。

しかし4K放送はBSが2018年12月からであり、地上デジタル放送はハイビジョン画質のままで変更はありません。そのためBSをそれほど見ないという人や4Kに対応したテレビを持っていない人は、チューナーを購入する意味はあまりありません。

BSで視聴できるようになってしばらくすれば、搭載されている製品も多くなっているでしょう。

そうなることで価格競争が起こり、安くいい製品を手に入れることが可能です。現在使っているテレビに満足しており、4Kもそこまで興味がないという人はテレビの買い替えの際などに導入を検討することも一つの選択肢です。

またBSで視聴する際には、必要になる物はチューナーや対応テレビだけではありません。BSの4K8K放送ではこれまでの周波数とは違うため、従来のアンテナでは受信することができませんアンテナを交換する必要があり、今までの周波数にも対応している共有アンテナが発売されているのでそれを使えば大丈夫です。

それ以外にもブースターや分配器も必要であり、それを導入するための工事なども行わなければいけません。

このように4K放送を視聴するには準備しなければいけないことが多いため、何が必要でどれが必要じゃないのかしっかりと確認しておくことが大事です。そうすることで失敗を少なくすることができ、快適にテレビを見ることができます。

今ある対応テレビで4K放送を視聴したい場合には、チューナーは必要です。

しかし将来的に視聴したいという場合であれば、その時にチューナー搭載のテレビを買う方が安心して見ることができます。

その際には総合的な費用を考慮して、どちらがメリットが大きいか考えて購入するようにしましょう。

おすすめ4Kテレビ

4k8放送ってやつはいつから始まるんだ?
本放送は2018年12月1日からスタートだよ。Netflixとかamazonプライムでも4K放送は視聴可能だよ!
レグザ4K内蔵テレビ
X920は4K内蔵の有機EL、Z720XシリーズはBS/CS4K内蔵モデル!最新のテレビでいち早く4K放送を楽しみたい方におすすめです。
シャープAQUOS4K内蔵テレビ
AL1ライン、AN1ラインは新機種!4T-Cのシリーズは4Kチューナー内蔵です!アンドロイドTV搭載で4K動画配信も視聴可能!
三菱電機 リアル4K内蔵テレビ
2TBのハードディスクやUltra HD ブルーレ再生対応ブルーレイレコーダーも内蔵!
4K内蔵じゃないと「新4K衛星放送」は見れないの?
新4K・8K衛星放送は別売りのチューナーを取付ければ市長ができるのよ!でもアンテナの交換とかが必要な場合もあるからチェックしたほうがいいわね。
BS/CS 4Kチューナー
新4K衛星放送対応チューナーは、お持ちの4K対応テレビで新4K衛星放送が楽しめるようになります。さらにアンテナやケーブル環境も新4K衛星放送対応の機器に変えると全18チャンネルの番組を視聴できます。有料チャンネルは別途放送局との契約が必要

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする