今話題の国産有機ELテレビのおすすめ商品

国産有機ELテレビのおすすめ

国産有機ELテレビのおすすめ

有機ELテレビ・・・気になりますよね。あまり詳しくない方でもいとどは耳にしたことがあるほどです。現在では様々なところで高画質のテレビが話題になっています。特に4Kテレビというと多くの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。さらに8Kテレビといったものも開発が進んでおり、その進化はとどまることをしりません。

その一方で画質とは別にテレビの薄さに関しても進化は続いています。この薄さに特化したテレビが有機ELテレビです。

有機ELテレビの特徴

有機ELテレビの特徴

有機ELテレビとはプラズマテレビなどに必要になる放電スペースを不要としたテレビで、これにより驚異の薄さを実現することが可能です。従来のプラズマテレビであれば約5cmから7cmの厚さが必要でしたが、有機ELだとその十分の一以下の薄さにすることができます。また画質に関しても4Kを維持しているので高画質と薄さを両立した新時代のテレビであるといえます。

有機物というのはジアミン、アントラセン、金属錯体と呼ばれるもので、この有機物に電圧をかけることで発光し、テレビの映像が表示されます。 また有機ELテレビの特徴として挙げられるのは薄さだけではありません。大きな特徴の一つがこのテレビによる色の再現性です。今までのテレビであれば「黒」の色を再現することが困難でした。

黒に限りなく近い色は再現することができましたが、真の黒を再現することはできませんでした。これは今までのテレビがバックライトに頼って発光していたためで、バックライトにより黒色にも少し光の影響を受けてしまっていたのです。

しかし有機ELテレビはバックライトを使用していないので黒の再現が可能になり、画面越しの映像もよりリアルに体感することができるようになります。 映画やドラマ、またドキュメンタリーなど映像美を売りにしているものなどはこの有機ELテレビでの視聴をおすすめします。

有機ELテレビは現在では様々なメーカーから販売されており、その特徴も各社によって違います。これからその各社の商品について説明していきます。

SONY BRAVIAの特徴(KJ-55A8FとKJ-55A1について)

SONYの有機EL

SONYからはBRAVIAという名称で有機ELテレビが販売されており、有名なものはKJ-55A8FとKJ-55A1という型の二つがあります。
BRAVIAのKJ-55A8FはA8Fシリーズと呼ばれる物の一つでこのシリーズの55v型のものを指します。

この商品の特徴は有機パネルの性能を最大限まで引き出したその高画質さで、専用のプロセッサーである「X1 Extreme(エックスワンエクストリーム)」が多様な「黒」の表現を可能にし、それによる精細なコントラストは、画面越しでも現実に近いような感覚を味わうことができます。
X1 Extremeはソニーが独自に開発したものでこれによって映像処理速度が大幅にアップし、さらなる高画質を可能にしました。

BRAVIAのKJ-55A1はA1シリーズと呼ばれる物の一つでこのシリーズの55v型を指します。

この商品もKJ-55A8F同様にX1 Extremeが採用されており、さらなる高画質の映像を可能にします。また人の目に映る微妙な色彩の変化を再現する「トリルミナスディスプレイ」と呼ばれるディスプレイが使われているので、今までの映像にはなかった色彩が体験することができるのも大きな特徴です。

他にも従来のテレビ番組やブルーレイの画質を4Kにコンバートすることのできる高解像エンジン「4K X-Reality PRO(4Kエックスリアリティープロ)」も搭載されているので普段見ている映像をより高画質で楽しめるのも強みです。

東芝REGZA(55X910と55X920について)

東芝の有機EL"

東芝からも有機ELテレビが販売されており有名なシリーズがREGZA 55X910と55X920です。

REGZA 55X910はAI技術を駆使したHDR復元がその特徴の一つで、これにより普段見ているテレビの映像をより高解像度に、より高コントラストに復元し新たな映像体験を得ることができます。

また黒や白に強い有機ELの強みを活かしたコントラスト制御機能によって、映像の黒の部分がつぶれてしまったところや白の部分が飛んでしまったところをより自然に見えるように再現することも可能です。

REGZA独自の機能である地デジビューティプロと呼ばれる機能も搭載されているので、普段の映像のノイズやちらつきなどを抑えることができます。 他にも広色域復元プロや64色軸カラーイメージコントロールも特徴的で、広色域復元プロは映像送信の時に失われやすい本来の色の再現を行う機能です。 これにより映像がより実物感のあるものに仕上がります。

64色軸カラーイメージコントロールはより色彩を実物により近づける技術で、これにより今までは難しかった淡い色の繊細な処理なども可能になりました。

続いてREGZAの55X920ですがこの商品は55X910と違い、4Kチューナーが内蔵されていることが特徴的です。4KチューナーによりBSやCSの4K放送も視聴することができ、次世代の映像をいち早く楽しむことができます。

この映像は広色域化や多階調表現、高コントラスト、映像の高速表示などの処理が施されているので、目の前で実際に動いているような映像を体験することができます。

またこの55X920には55X910と同様に地デジビューティプロや広色域復元プロ、64色軸カラーイメージコントロールの機能も搭載されています。

パナソニックVIERA(TH-55EZ950とTH-55FZ950について)

パナソニックの有機EL

パナソニックからも有機ELテレビが販売されており、有名なものがVIERA TH-55EZ950とTH-55FZ950になります。

VIERA TH-55EZ950には有機ELの性能を最大限に引き出す「ヘキサクロマドライブ」と呼ばれる高画質エンジンが搭載されており、これによってどんな映像も高画質で再現することが可能です。

また黒に強い有機ELを使用しているので、黒の滑らかなグラデーションも可能で暗いシーンなどでもしっかりとした立体感を感じることができます。 他にも様々な4K映像が楽しめるVODサービスやスマホと連携した録画機能、4Kの映像に負けない立体的なサウンドなども特徴的です。

現在では映像配信サービスも豊富で、見たいテレビや映画があるときにこのサービスを利用する人も多いので、それをさらに高画質で楽しみたい方にもおすすめです。

VIERA TH-55FZ950も同様に「ヘキサクロマドライブ」が組み込まれており高画質の映像を楽しむことができます。また黒の表現を楽しむことができる「ブラックフィルター」や臨場感のある音響を楽しむことができる「ダイナミックサウンドシステム」も特徴的です。

有機ELテレビに関するまとめ

このように現在では様々な有機ELテレビを見ることができ、その特徴も様々です。時代が進んでいけば4Kの映像が主流になるときも訪れるかもしれません。今のうちにこの最先端の映像を楽しむためにこれらの商品を体感しておくのも悪くはないでしょう。

最先端の映像だけでなく、既存の映像をさらに高画質で視聴することにもむいているので、今ある映像をさらに新鮮な気持ちで楽しめるのもお得です。
大は小を兼ねるといいますから、もしテレビを買い替えたいと考えている方はいっそこの最先端の有機ELテレビに替えてみるのも良いでしょう。

有機ELテレビ
最短翌日届け。液晶テレビを通販で探すなら総合通販PREMOA

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする