サイズの拡大や壁掛けを実現させた液晶テレビ

テレビの歴史と進化

テレビの歴史と進化

テレビの歴史を振り返ってみますと、最初はブラウン管のテレビの開発からスタートしました。
映像情報を家庭に届けられる電化製品ということで、当時としては衝撃的な開発でした。
それから時代を追うごとにテレビの技術は進歩し、ブラウン管テレビから液晶テレビやプラズマテレビが開発されました。

液晶テレビ・プラズマテレビの登場

液晶テレビ・プラズマテレビの登場

液晶テレビやプラズマテレビが登場した際も、ブラウン管テレビが登場した時と同様に、社会に衝撃を与えました。
液晶テレビ、プラズマテレビはブラウン管テレビに比べて、極端に薄かったからです。
登場して間もなく、液晶テレビやプラズマテレビはすぐに社会や各家庭に浸透していきました。
これは、近年の住宅事情に深く関係しています。
建物が飽和状態にある現代社会において、省スペースというのは重要なことなのです。
ブラウン管テレビよりもはるかに薄型の液晶テレビやプラズマテレビは、省スペース化に大いに貢献しました。
それ故に浸透するのも早かったのです。

液晶 vs プラズマ

HUIS REMOTE CONTROLLER

その後、ブラウン管テレビにかわって液晶テレビとプラズマテレビが主流となりました。
そして、液晶テレビとプラズマテレビの一騎打ちとなったのです。
どちらも薄型ですが、開発コストの関係からプラズマテレビは同じサイズの液晶テレビよりも高価になってしまい、液晶テレビの購入者が多くなりました。
それ故に、現在では液晶テレビが主流となっています。

薄型化&拡大化

薄型化&拡大化

液晶テレビのシェアが広まると同時に、開発も進められました。
薄型だった液晶テレビはさらに薄くなり、サイズも大型化することが出来るようになったのです。
技術の進歩により、より薄くより大きくなっていった液晶テレビは、内部デバイスの軽量化を図ることにも成功しました。
液晶テレビの軽量化により、従来ならテレビ台に置いていたものを壁掛け出来るようになったのです。
この壁掛けというのも、省スペース化に大いに貢献しました。
液晶テレビを壁の一部とすることで、テレビ台を必要としませんので、広いスペースを確保でき、かつ見栄えの良いインテリアを構築することも可能になったのです。

テレビとインターネットの関係

テレビとインターネットの関係

現代社会において欠かせないのがインターネットの存在です。
これまでなら、パソコンでしかインターネットを閲覧することが出来ませんでしたが、現在の液晶テレビにはインターネット接続可能な機能が搭載されており、テレビでもインターネットを閲覧することが出来るのです。
パソコンを所有していない人にとっては有難い機能と言えるでしょう。
このように、時代と共に進化を続けている液晶テレビは、これからもあらゆる面で進化を続けていくでしょう。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す