楽しみ方いろいろ!コーヒーメーカーで充実のブレイクタイムを

コーヒーメーカーが欲しい!

コーヒーメーカーが欲しい!

自宅や会社で気軽にコーヒーを飲みたい時に重宝するのが、コーヒーメーカーです。
一言でコーヒーメーカーといっても様々な種類の機械が販売されており、抽出方法や淹れることのできるコーヒーの種類もそれぞれ異なります。
一般的なコーヒーといえば挽いたコーヒー豆にお湯をドリップして抽出するものですが、エスプレッソになるとコーヒー豆に圧力をかけて抽出するものでそれぞれ使用する道具も手順も変わります。
そのため、購入するときは自分に必要な能力があるコーヒーメーカーを選んだり、来客用に使うのであれば多機能なものを選ぶことも選択肢の一つになります。

ドリップ式が基本

ドリップ式が基本

コーヒーメーカーは、基本的な機能がドリップ式のコーヒーを入れるものになります。
一般的なコーヒーメーカーはこのタイプであり、ドリップ式のコーヒーだけ飲みたい人はシンプルな機能のものを選びましょう。
また、ドリップ式には、フィルターの紙代も必要になるので、コスト管理には気をつけましょう。
メーカーによってはフィルターに金属製のメッシュのものを使っているところもあり、コストを抑えたい場合には検討してみましょう。
コーヒーメーカーには、それ以外にもエスプレッソを淹れるためのエスプレッソマシンや、ドリップ・エスプレッソ共に楽しめる複合タイプのものなど、自分の好みのものを選ぶことが必要になります。

カフェオレとカプチーノの違い

コーヒーにミルクを加えたものとしてカフェオレやカプチーノなどがあります。
コーヒーとミルクといった点では同じように感じられるかもしれませんが、違いとしては異なっている点がいくつかあります。

カフェオレとカプチーノの違い
まずカフェオレですがこちらは使うコーヒーはドリップされたもので、そこにミルクを加えたものです。
一般的にはコーヒーとミルクの比率は1対1となっています。
コーヒーメーカーでカフェオレを美味しく作るコツは、濃い目に珈琲を淹れましょう。
コーヒーメーカーでは、コーヒーの濃さを調整することが出来るので、カフェオレを作る時には普段よりもかなり濃い目にすることで、コーヒーの味がミルクに負けないようになります。
カフェオレではほぼ一対一ぐらいでミルクを入れることになるでしょうから、ミルクの味がかなり濃く出てくることになります。
これが好きという人もいるのですが、コーヒーの味も同じように楽しみたいという人もいるでしょう。
カフェオレはその両方を楽しむことが出来るものですが、どうしてもミルクの味がかなり強く出てくることが多いので、コーヒーの味を濃くすることで、ミルクと合わせて楽しむことが出来るようになるのです。
コーヒーメーカーで珈琲を味を濃くするには、いつもよりコーヒーの粉や豆を大目にするか、お湯を少なくするということで、コーヒーの濃度を調整することが出来るようになります。
その加減は自分でいろいろと試してみるのがいいでしょう。
濃度を変えて試してみるのがコーヒーメーカーでカフェオレを美味しく作るコツということになるかもしれません。
人によってこの濃度の好みはかなり分かれるところだからです。
いろいろと濃度を変えているうちに、コーヒーの魅力が分かるようになるのもポイントです。
自分がこれぐらいがいいかなということが分かることで、コーヒーの味というものを考えるようになり、コーヒーをより楽しめるようになります。
コーヒーにはカフェオレ以外にもいろいろな飲み方があります。
カフェオレでコーヒーを楽しめるようになることで、他のコーヒーの飲み方にも興味がわくようにもなるでしょう。
ミルクを加えて楽しむことが出来るわけで、ミルクに合うコーヒーの濃度がいろいろとあるということが分かりますから、他にもいろいろな楽しみ方が出来るということが分かってくるのです。

カフェオレとカプチーノの違い
次にカプチーノですがこちらは使用するコーヒーはエスプレッソになります。
加えるミルクにもカフェオレとは違いがあり蒸気で温めたスチームミルクと、蒸気で温めながらさらに泡立てたフォームミルクの両方になります。
これらの割合は1対1対1が簡単なものであり、それよりかはフォームミルクの割合は他より少し多くなるものが一般的な割合とされています。

カフェオレ・カプチーノに必要な機能

カフェオレ・カプチーノに必要な機能

コーヒーメーカーを活用してカフェオレやカプチーノを楽しむには、様々な機能が必要になります。
まず一般的なコーヒーメーカーではエスプレッソを抽出することはできません。
圧力を使うことになるのでその機能がついたエスプレッソ抽出機能がついたコーヒーメーカーが必要になります。
またスチームミルクとフォームミルクを作る機能もカプチーノには必須です。
コーヒーメーカーの中にはエスプレッソ抽出と蒸気を出す機能が一緒になっているものや、ブラックコーヒーからミルクを使った様々なカフェーメニューが一台で行えるものもあります。

パウダー?豆?

パウダー?豆?

そしてコーヒーメーカーで重要になることが、どのようなものを使ってコーヒーを淹れるかということになります。
それはコーヒーパウダーなのかコーヒー豆、またはカプセルを使うのかで必要な機能が違ってきます。
コーヒーパウダーを使うタイプのものは、簡単にそろえることができます。
コーヒーパウダーは、コンビニやスーパーですぐにそろえることができるので、特に好みのものがなければ簡単に用意できます。
コーヒー豆を使うコーヒーメーカーは、本体にミルがついているものを選ぶことで、豆をセットすれば自動で挽いてもらうことができます。
その都度、コーヒー豆を挽くことができるので、コーヒーパウダーよりも風味が良かったりします。
また豆やミルクの用意、作る手間を簡略化したカプセル式のコーヒーを使用するコーヒーメーカーもあります。
これはカプセルの中にコーヒー豆やミルクの粉末が密封保存されていて、そこに高圧をかけコーヒーを抽出します。
様々な味を楽しむことができますが、カプセルタイプはその分コストが高いため、何杯もコーヒーを飲む人には費用がかさむので避けたいものでもあります。

つまり、コーヒーメーカーはコーヒーパウダーやコーヒー豆を使うものの方が、コスト面では安く済ませることができます。
また、購入する際には、容量も重要になり何杯分一気に入れられるかなども、重要な判断基準になります。
美味しいコーヒーを飲むための重要なマシンなので、自分の飲み方に合うものを選びましょう。

いろいろな楽しみ方があるコーヒーメーカー

いろいろな楽しみ方があるコーヒーメーカー

コーヒーメーカーを選ぶ際には飲みたいコーヒーの種類に合わせることが大切です。
またコーヒーメーカーの中にはコーヒー豆を挽く機能や淹れたコーヒーを保温する機能がついた便利なものもあります。
一度に抽出できるコーヒーの量や抽出時間もコーヒーメーカーによって異なります。
コーヒーメーカーで作るコーヒーは一つではないということが分かると、他の楽しみ方も試してみたくなります。
コーヒーメーカーは手軽にいつでもコーヒーを楽しむことができるのがポイントです。
気分に合わせて今日はこれ、明日はこれというように出来ます。
今はコーヒーメーカーもいろいろなものが出てきていて、簡単に本格的なコーヒーが作れるようになっていものもあります。
家庭用の一般的なコーヒーメーカーでも楽しみ方は種々ありますから、自分なりの楽しみ方を見つけるのもコーヒーメーカーの魅力です。
一つの方法にこだわる必要はなく、自分なりのこだわりでコーヒーメーカーを選び、使いましょう。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す