身だしなみに気遣う男性必見!理美容家電と掃除機で清潔感を!

身の回りをきれいにする男性理美容家電や掃除機がアツい!

男性用理美容家電の需要高まる

男性用理美容家電の需要高まる

男性用理美容家電、と聞いて、首を傾げられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
長らく美容家電と言えば女性がターゲットになっていましたが、最近では男性用のものも多く販売されています。
営業職やサービス業に従事されている方や、就職活動などで身だしなみや清潔感を求められるシーンが増えてきたことが理由にあげられます。
身なりの清潔な男性は印象も評価も高いですよね。
そんな男性の身だしなみに必需品な、男性用理美容家電をあげて行きたいと思います。

デキる男の必需品メンズシェーバー

デキる男の必需品メンズシェーバー

男性用の理美容、という単語で真っ先に出てくるのはヒゲ剃りに必要なメンズシェーバーではないでしょうか。
男性のヒゲは、日々生えてきて毎日の手入れが必要です。
会社によってはヒゲを伸ばすことを禁止されているところもあり、手入れは必須となっています。
とは言うものの、朝の忙しい時間帯にヒゲの手入れをしている余裕はありません。
そこで欠かせなくなってくるのが手軽にヒゲを剃ることができる電気シェーバーです。
カミソリに比べ肌を傷つけにくく、ヒゲを濡らさずに剃ることもできるため、場所を選ばずに短時間で処理できるという利点があります。
また、刃の交換頻度が少なくて済み、最近では水洗い可能なシェーバーや、自動洗浄機能の付いているものも増えてきました。
男性には必需品となっているシェーバーですが、種類が非常に多いですよね。
どんなタイプが存在していて、人によって異なるヒゲのクセや太さなど、自分に合ったシェーバーの選び方のポイントはどこにあるのでしょうか。

シェーバーの駆動式

まずは、シェーバーの種類ですが、着目するポイントがいくつかあります。
その一つが駆動方式です。
回転式と往復式があり、往復式は深剃りに強く、素早く剃ることができるのが特徴で、日本メーカーはこちらの方式を採用しているメーカーが多く、オールラウンダーのシェーバーと言えます。
しかし、騒音性は高く、朝の早い時間帯にシェーバーを利用するとその音が大きく感じます。
この点、回転式のシェーバーは、往復式に比べると深剃りは苦手としていますが、肌への負担が少なく、静穏性に優れています。
丁寧にしっとりと剃りたい人に向いています。
どちらを選択するかは自分のタイプにより異なりますが、選び方のポイントの1つと言えます。

シェーバーの刃の枚数

シェーバーの選び方のポイントの2つ目として、刃の枚数があります。
シェーバーの中には5枚を搭載しているものもあり、ワンストロークでヒゲを剃ることができるものもあります。
朝の忙しい時間帯にはしっかりと剃ることができて、短い時間でキレイに仕上げたいという人にはこうした刃の数が多い方がおすすめです。

シェーバーのメンテナンス

次に、メンテナンスという点です。
シェーバーは毎日使うものとすると、剃り終えたヒゲはシェーバーの中に溜まっていく方式で、メリットは他に飛び散らないという点がありますが、メンテナンスを行わないと、雑菌の温床になったり、故障の原因となってしまいます。
そこで、全自動洗浄機がついたシェーバーが存在しています。
専用の洗剤を使用して洗浄してくれるため、使用後には全自動洗浄を利用するだけであとは勝手に仕上げてくれるというものです。
また、水洗いができるタイプなど日ごろの生活スタイルに合わせたシェーバーを選択することができます。
持ち運びができる充電式なども人気で、ちょっとした旅行に行く場合などでも活用することができます。

細かいムダ毛をケア!メンズグルーミング

細かいムダ毛をケア!メンズグルーミング

シェーバーに加えて、気になる眉・鼻毛・耳の周りや顔周りの毛など、整えづらい全身のムダ毛のケアをするメンズグルーミングも需要が増えています。
こちらもムダ毛の処理、と聞くと女性用と思いがちですが、男性用も需要が高まっています。
メンズグルーミングには充電式のものと電池式のものがあり、また吸引機能などが付いているものもあるので、必要な部位や目的に応じて選ぶことができますね。
伸びすぎたヒゲや出てしまった鼻毛は相手に不潔感を与えてしまうこともあるので、これらは男性用理美容家電の中でも特に必需品ではないでしょうか。

身だしなみを気にするなら衣類スチーマー

身だしなみを気にするなら衣類スチーマー

また、ハンガーにかけたまま、簡単にシワを伸ばすことができる衣服スチーマーなどもあげられます。
アイロン台を出す必要が無く、さっと手軽にスチームをかけれるので、時間がない時やアイロンがけに慣れていない人でも簡単に服のシワを取り、清潔感を保つことができます。
男性用とは銘打たれていませんが、スーツなどを着用することの多い男性には必需品であると言えます。

頭皮ケアするならエステ機

頭皮ケアするならエステ機

意外なところでは、男性用の頭皮エステ機なども上げられます。
頭皮の皮脂詰まりなどはニオイや薄毛の原因となってしまうため、外回りの営業などで汗をかいたり、頭皮が疲れているなと感じた場合などに、自宅で簡単にケアが可能になります。
更に、男性用とは銘打たれていませんがイオンスチーマーや保湿器なども利用されはじめています。
これこそ女性向けの商品だと思われる方も多いかもしれませんが、年齢が進むにつれて乾燥肌が目立つのは女性だけではなく男性もですし、乾燥が進むと皮脂の分泌が盛んになってしまいます。
また、潤いを与えることで乾燥小ジワを目立たなくしてくれるはたらきもあります。

掃除機のトレンド、サイクロン

掃除機のトレンド、サイクロン

この勢いでお部屋も清潔感溢れる空間にしたいですよね。
毎日のお掃除で大活躍する掃除機ですが、ここ数年サイクロン掃除機に注目が集まっています。
一言でサイクロン掃除機といっても、実は種類も豊富ですし、選ぶポイントもありますので、重要なところを抑えて購入しましょう。

サイクロン掃除機の代名詞、ダイソン

サイクロン掃除機の代名詞、ダイソン

まずサイクロン掃除機と言えば、ダイソンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
最近では、サイクロン掃除機以外にも、ドライヤーや羽根のない扇風機なども出ていて話題になっていますが、 吸引力の落ちないただ一つの掃除機というのがキャッチフレーズにもなっていて、知名度もかなり高いです。
掃除機ってこんなに高いの?と思ってしまう方も多いかも知れませんが、ダイソンの掃除機は10万円前後するものもあります。
しかし、吸引力は本当に落ちませんし、ゴミをかなり強力に吸い取ってくれて、さらに種類も豊富、特に今人気があるのがコードレスタイプです。
サイクロン掃除機の種類として、キャニスタータイプ、コードレスタイプ、スタンドタイプなど、さまざまなタイプがあり、 ニーズに合わせていくのが選ぶポイントです。
階段があるご家庭でしたら、キャニスターですと重たいですし大変です。
そういった時におすすめなのが、充電式のコードレスタイプです。
また、部屋が広かったり、しっかりと隅々まで掃除をしたいということであれば、キャニスタータイプでしっかりというのがおすすめです。
サイクロン掃除機を出しているメーカーはたくさんありますが、それぞれ特徴があります。
ハウスダストなど、細かいものもしっかり吸引することができるもの、また布団のハウスダストも吸い取ることができるアタッチメントがついているものもあります。

文明の利器、ロボット掃除機

文明の利器、ロボット掃除機

最近増えているのが、ロボット掃除機です。
サイクロン掃除機でもあり、紙パックの交換が必要無いものがほとんどで、留守中でも、お部屋をきれいに掃除してくれます。
とても高機能なタイプのロボット掃除機もあり、段差があったり、障害物をよけたり、また隅々までできる構造になっていて、 満足度も非常に高いです。

サイクロン掃除機は吸引力が低下しない高機能なものを選ぼう

サイクロン掃除機は吸引力が低下しない高機能なものを選ぼう

サイクロン掃除機といっても、遠心分離を最後まで行うタイプ、途中まで行うタイプ、名前だけサイクロンで目詰まりしてしまうタイプもあります。
吸引力が落ちてしまうというのは、最後の構造のものです。
紙パックの交換をしなくて良いというメリットがあるサイクロン掃除機ではありますが、吸引力が低下してきてしまうものは、 満足度も低いですし、使っていていらっとすることもありますので、サイクロン掃除機を選ぶ際には気を付けましょう。

まとめ

このように日常のケアを短時間で行えるものから、本格的にケアするものまで、様々なものが開発・販売されています。
男性も理容だけではなく美容に気を使うのが当たり前になってきたこの時代、これらの家電を試してみるのはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す