「ジェットウォッシャー」話題の歯間洗浄機

ジェットウォッシャー

「ジェットウォッシャー」話題の歯間洗浄機

ジェットウォッシャーとは歯磨きの一種ですが、その方法は従来のように薬剤を使って歯ブラシで食べカスなどを取り除いたり、歯間ブラシなどで歯石を除去するといったものではありません。

簡単に説明すると高圧水流によって汚れを剥がすものであり、屋外において壁や路面にこびりついた汚れを高圧洗浄機によって取り去る場合と基本的に原理は同じです。

口腔というのは形状が複雑になっていて、専用の器具を使っても歯の間や歯周ポケットと呼ばれている歯の根元部分の汚れは取り去りにくいので、それを高圧水流によって除去するというのは、歯の状態を管理するためにはいい方法だと言えるでしょう。

歯というのは強い素材でできているという印象がありますが、実際はそれほど強いわけではなく、毎日の歯ブラシによるブラッシングだけでも摩耗しています。

正しい磨き方をすればいいのですが、この歯磨きというのは個人差が大きく、間違った磨き方をすることで歯が変形するというのはよくある事例です。

ジェットウォッシャーでは水流が歯に当たるので摩耗することがなく、歯ブラシの持つ欠点も解消してくれるでしょう。

ただ、この歯磨きを革新的に変化させたジェットウォッシャーですが、商品が販売されるようになって時間がそれほど経過していないので、よく知らない人も多くいます。

そこでジェットウォッシャーがどのようなものか紹介しますので、これから使用する場合の参考にしてみてください。

ジェットウォッシャードルツとは

ジェットウォッシャードルツとは

この商品は日本の電機メーカーが販売されている商品であり、現在のところ認知度が高い商品になっています。

この商品の特徴は水流を発射するノズルがとても小さくできているので、歯の細かい部分まで届きやすいということです。

歯のトラブルは以前であれば虫歯でしたが、現在は歯を失ってしまう原因の第一位でもある歯周病に注意をする必要があります。

歯周病とは歯が歯茎から出ている部分である歯周ポケットに食べカスが入り込み、そのままの状態にすることで雑菌が大量に繁殖してしまい、歯茎が炎症を起こして歯を支えることができなくなる病気です。そのため歯周病になると虫歯のように悪い部分を削り取って詰め物を行うという治療が使えず、歯茎そのものが悪くなるので入れ歯を装着することもできなくなります。

この歯周ポケットに溜まった歯石をプラークと言いますが、できてしまうと歯ブラシでは取り除くことができなくなり、歯科病院で器具を使って物理的な方法で削り取るしかありません。そのため予防するためには頻繁に歯周ポケットをきれいにしなければいけませんが、この部分はとても狭く歯ブラシの植毛では届きにくくなっています。だからこそ、高圧水流のような水の方が洗浄しやすいという利点があると言えるでしょう。

●口腔洗浄器(ジェットウォッシャー)の選び方

ジェットウォッシャーは構造や原理は基本的に同じですが、製造している会社が異なっているので、その製品にも個々に特徴を持っています。 そのため選ぶ場合には、自分の口腔の状態を判断して購入することが求められます。

この種類によっての違いで多いのは使える水量であり、ジェットウォッシャーでは容器に入れた水を専用器具を使って噴き出しているので、 この容量によって使用できる時間が決まっていて、150mlで約30秒の水流が出ると考えればいいでしょう。

無くなれば継ぎ足せばいいのですが、長時間使いたいのであれば、容量の大きなタイプを選んでください。

次によくある違いは振動数です。水を噴き出す場合はそのまま押し出すのではなく、水に振動を与えることで洗浄力を向上しているからであり、強い効果を求めたいのであれば振動数の高いものを選択すればいいのですが、やはり価格が高くなってしまうので、自分でどのくらいの振動数がいいのか判断する必要があります。ただ、振動数が高いから飛躍的に効果が上昇するというわけでもないので、使いやすい振動数を選ぶというのがベストな選択です。

また使用する場所の電源の具合についても考慮しなければいけません。一般的に歯磨きは洗面台で行われますが、そこには電源が設置されていないこともあり、コンセントから電力が取れないところでは乾電池式や充電タイプのものを購入してください。

特に歯磨きは手を動かすことが多く、そこに電源ケーブルがあると邪魔になってしまうので、コードレスタイプの方がいいでしょう。実際に利用している人も、コードレスタイプを選ぶ場合が多くなっています。

新モデルジェットウォッシャードルツ「EW-DJ52」

新モデルジェットウォッシャードルツ「EW-DJ52」

この商品は既に販売されていた同型のEW-DJ51の後継機であり、後発商品なので当然に以前のものよりも改良されています。

前作の商品も防水機能があるコードレスタイプで人気が高かったのですが、この商品はいい部分はそのままにして、 タンク容量が130mlから200mlに増大されていて、最大水圧も約580kPaから約647kPaになっています。

水圧は振動数と同じで強くなるほど効果が高くなっていて、歯周病を気にしている人には最適な商品です。 ただ水圧を高くするとどうしても水量が多くなってしまうので、タンク容量が増えたのも、この水圧への対処と言えるでしょう。

歯周ポケットに付着したプラークはとても頑固で簡単に取り除くことができないので、この水圧を高めてくれたのは利用者には嬉しい部分です。

ジェットウォッシャードルツ「EW-DJ72」

ジェットウォッシャードルツ「EW-DJ72」

この商品は2019年度の最新機種であり、前作である同型のEW-DJ71と基本的な性能に大きな変化点はありませんが、形状に変化点を加えて、細かなところまでノズルが届くように設定されています。

ジェットウォッシャーにとってはノズルがどこまで届くのかはとても重要であり、水流を出すのである程度はカバーしてもらえますが、 直射でなければ効果が低下してしまうことも考えられるので、この自分の目指す場所に簡単に届くのは歯周病を気にする人には評価が高くなるでしょう。

また最新式なので本体そのものの大きさもコンパクトになっていて、移動の際に持ち運ぶのも簡単になっています。

歯というのは人間が毎日食べ物を摂取していることから考えれば、どのような状況になっても行わなければいけない習慣です。

また歯周病というのは歯茎を悪くしてしまうので、そこから細菌が入り込むと別の病気を併発してしまう危険性があります。 口腔というのは外との接点が極めて高い部位であり、食べ物からも多くの微生物が入り込む場所です。

年齢を重ねると自宅以外で宿泊しなければいけない事由も増えてくるので、持ち運びが便利なものはとても重宝するでしょう。

現在は歯科技術が向上したことで、歯を失ってもインプラント技術を使えば、自分の歯と同じ感覚で食べ物を咀嚼することができます。 ただし歯茎については代替ができませんし、最も怖いのが別の重篤な病気を発生する可能性が高くなるということです。

病期だけでなくエチケットとしても口腔の状態を気にしなければいけないことが多く、 歯周病では腐敗臭が起きるのでその匂いも相手がいれば不快感を与えてしまいます。

歯であれば見せないようにしたり審美歯科のホワイトニングできれいにすることもできますが、 匂いについては軽減することはできても完全に無くすことはできません。

自分だけがいいというのではなく、周囲にいる人のことも考えて、口腔の状態には気を付ける必要があるでしょう。この匂いの原因は多くがプラークなので、プラークを軽減できるジェットウォッシャーは、これから注目されていく商品です。

まとめ

ジェットウォッシャーについて少しでも気になった方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

少しでも早い対処がお口の健康にもつながります。

ジェットウォッシャー各種通販で購入いただけます。
最短翌日届け。5000円以上で送料無料の総合通販PREMOA

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする