露出に備えて家庭用脱毛器でムダ毛ケア!ケノンとトリアを徹底比較!

夏が来るその前に!ムダ毛ケア大丈夫??

夏が来るその前に!ムダ毛ケア大丈夫??

露出が増えるこれからの時期に備えてムダ毛ケアについて考えている女性も多いと思います。
電車などで脱毛サロンの広告を目にする機会も増えましたよね。
数年前に比べて価格もだいぶ手が出しやすくなり、脱毛サロンに通う女性もかなり増えました。
ある調査によると、エステやクリニックなどで脱毛中・または脱毛済みの女性は73%という多さ。
さらに全身脱毛をしている割合は全体の25%。
4人に1人は全身ツルツルボディを手に入れている時代なんですね。

そうは言っても脱毛サロンに通うことをためらう理由もいくつかあります。

・何より値段が高い!
→ 全身脱毛をすると安くても20~30万円近くするのが当たり前。
・行く手間が面倒
→ 近場に良いサロンがあるとは限らない。いちいち電車で行くのが・・
・時間もかかる・・
→ 1回の施術が1~2時間、それを1~2年通い続けるなんてなんて気が遠いの・・
※料金や施術時間はもちろんサロンによりけりです。

通いたいけど金銭面が・・仕事が、家事が、子供が・・という女性はとっても多いはず。
そんな忙しい女性には家庭用脱毛器がおススメです。
最近の家庭用脱毛器はサロンに負けないくらいの性能を誇るものも多いんです。

脱毛器には3種類ある

脱毛器には3種類ある

1. フラッシュタイプ(光)
フラッシュライトを連射して脱毛する一番一般的な脱毛法です。
肌に優しく痛みもあまりありませんが、効果は個人差が大きいです。
2. サーミコン方式(熱)
毛根を焼いて除去してしまう脱毛法です。光よりエネルギーが小さく、脱毛力は劣るものが多いようです。
3. レーザータイプ
クリニックなどの医療機関で使われている脱毛法です。
家庭用は医療用レーザーに比べ性能はもちろん劣るものの、効果は高いと言えます。

このようにいろいろな種類の家庭用脱毛器がある中で、ムダ毛を減らしていき最終的には永久的な脱毛が出来るはフラッシュ(光)脱毛とレーザー脱毛だけです。

家庭用脱毛器はいろいろなメーカーから出ていますが、代表的な機種が
ケノン トリア ソイエ ノーノーヘア
この4つで、全体のシェアの約7割を占めています。
パナソニックから出ているソイエやノーノーヘアは、永続的な脱毛をする方式ではないので注意です。
今回は永久的にムダ毛をなくすことが出来る、フラッシュ(光)脱毛とレーザー脱毛の代表とも言えるケノンとトリアについてご紹介致します。

フラッシュ脱毛器代表!脱毛美顔器KE-NON(ケノン)

フラッシュ脱毛器代表!脱毛美顔器KE-NON(ケノン)

価格 71800円
脱毛効果での満足度が高く楽天などの通販サイトで圧倒的人気のケノン。
痛みも弱いのに出力が強くちゃんと産毛まで処理してくれます。
選ぶ決め手にその照射範囲の広さをあげる人も多く、直径約1センチほどのレーザーに対し、ケノンは2.5cm×3.7cmという広さで一気に照射でき時短出来ると評判です。
重さも約120グラムで携帯と同じくらいという軽さ。
美顔機能がついており、眉毛の脱毛も可能。
男性でも口回りのヒゲに使う人が多いそうです。
価格面に関しては、他の4機種よりもお高くなっていますが、1ショット0.15円とコスパも良好です。
交換式のカートリッジが必要ですが、通販ではお得なセット販売などが多く展開されています。
照射前と後に必ず保冷材で肌を冷やす必要があるのが少々手間で、冬は寒くてちょっと苦労するようです。
しばらくするとまた生えてきますが、即効性に期待するというよりは、繰り返し使ううちに毛が細くなり目立たなくなってくるイメージです。

レーザー脱毛器代表!トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

レーザー脱毛器代表!tria(トリア)

価格 54800円
アメリカ医療機関FDA認可という絶大な信頼感!
レーザーは元々海外で主流で最近日本でも流行し始めた脱毛法なので、海外メーカーならではの脱毛器と言えます。
レーザーなので光より痛みは多少ありますが、脱毛効果は光より安定感があり、1年以上使った人の90%がその効果に満足しているそう。
海外製と聞くと少し怖いと感じる人もいるかもしれませんが、当然日本人の肌でしっかりテスト済みで、クリニックで使用されているダイオードレーザー技術が応用されたプロレベルの実力を持つ脱毛器。
さらに光だと必要になってくることが多いジェルやカートリッジなどのランニングコストやアフターケア用品も必要ありません。
しかもかなり嬉しいのが、30日間返金保証をしてくれているので、もし効果に満足できなくても、返品が可能なんです。
レーザーのデメリットとしては、光に比べて照射範囲が狭く、全身をするにはなかなか時間がかかること。
それさえ頑張れれば、価格もお手頃なので良い選択肢と言えます。

まとめ

まとめ

フラッシュ(光)脱毛とレーザー脱毛の特徴やメリット・デメリットはお分かりいただけたでしょうか。
今脱毛サロンに通っている方も、家庭用脱毛器でムダ毛がなくなるならそちらに乗り換えたいですよね。
ケノンで回数を重ねて自分のペースで痛みもなく徐々に毛をなくしていくか、
脱毛サロンの金銭面に悩んでいる方なら、トリアなら返金保証があるので、30日間試してみるのも手だと感じました。
夏に備えて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

Page Infomation

露出に備えて家庭用脱毛器でムダ毛ケア!ケノンとトリアを徹底比較!」に関連する記事は「理美容家電」カテゴリーにもあります。是非お立ち寄り下さい。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す