電気シェーバーへの乗り換え今からでも遅くない!髭剃りのコツをつかんでプロ並みの仕上げにする!

髭のお手入れ方法は簡単ですか?

髭のお手入れ方法は簡単ですか?
毎日剃る場合は、簡単に髭剃りができるかどうかというのが大きな問題となります。
最近は電気シェーバーのメリットがますますクローズアップされていて、電気シェーバーの利用者が増えてきつつあります。

電気シェーバーのメリット・どんな人におすすめ?

電気シェーバーのメリット・どんな人におすすめ?<
カミソリでも十分に剃れているしわざわざ高いお金を出して電気シェーバーを買う必要はあるの?なんてお考えの方もいるかと思いますが、実際人によっては電気シェーバーを使うメリットがたくさんあるのです。

電気シェーバーのメリットと電気シェーバーはどんな人におすすめなのか見ていきましょう。

①髭剃りにまとまった時間を割けない人

まず第一に挙げられる電気シェーバーのメリットは、髭剃りのしやすさです。
カミソリと比較して、場所を選ばずどこでも短時間で髭剃りができるというのが、電気シェーバーのメリットです。

カミソリで髭を剃る場合は、洗面所など、水が使える場所が必要となります。
電気シェーバーのメリットのひとつは、水を使わないということです。

水を使わなくても髭が剃れますから、人目を気にしなければ、どこでも剃れます。
これは、大きな電気シェーバーのメリットと言えるでしょう。

②コストパフォーマンスを優先したい人

電気シェーバーのメリットとして他に挙げられるのが、刃が長持ちするということです。
カミソリの場合は、刃をすぐ交換しなくてはならず、資源保護の観点からは、決して好ましい状況とは言えません。

刃の交換が1年から2年おきで済むのも、電気シェーバーのメリットです。

肌を守る、資源を守る、どこでも剃れるという電気シェーバーのメリットと、より完璧に剃れるというカミソリのメリットを比べ、その時々の目的に合わせて使い分けていくのがおすすめです。

③肌が敏感・弱い人

カミソリと比較して、肌を傷めないというのも、電気シェーバーのメリットのひとつです。
カミソリだと深剃りしがちになり、肌の角質が削がれてしまいます。

角質が削がれると、肌のバリア機能が失われ、雑菌が侵入しやすくなったりして、肌が傷んできます。
あえて深剃りをして、髭をきれいに剃りたいと願う人も多いですが、夕方にはまた生えてくるわけですから、深剃りを日々続けるのは、決して好ましいことではありません。

剃り上がりにとことんこだわる必要があるときだけ、カミソリを使い、他の日は電気シェーバーのメリットを生かしてソフトに処理し、肌を休ませることも望まれます。



電気シェーバーがなかった頃に比べ、選択肢が増えたわけであり、便利になりました。
気軽に髭剃りができる電気シェーバーの登場は、多くの人に歓迎され、現在に至っています。

男性なら髭剃りは毎日の習慣ですよね?

男性なら髭剃りは毎日の習慣ですよね?
男性なら毎日の髭剃りは習慣となっているにちがいありません。
たとえ髭を伸ばしていても、手入れは必要です。

髭を伸ばしている場合、きれいに手入れをしないと無精髭に見えてしまうからです。
髭剃りのコツをつかむことで、床屋さんで剃ったあとのようにツルツルに剃ることができます。

いきなり顔にカミソリを当てて剃ってもきれいにそれません。
髭剃りのコツは肌を、剃りやすい状態にすることです。

ではどうすればきれいに手入れができるでしょうか。

髭剃りのコツ1

①顔を洗う

顔を洗うことで、余分な油分を落としことができ剃りやすくなります。
この時に洗顔料で洗う必要はありません。

②蒸しタオルで顔を蒸す

蒸しタオルは濡らしたタオルを電子レンジで一分ほど加熱するとできます。
蒸しタオルを顔に当てる目的は、毛穴を十分に開かせることです。

③毛穴が十分に開いたらひげを剃る

タオルが冷たくなる前には十分毛穴が開いているでしょう。
こうすることによってなるべく肌に負担をかけずきれいにヒゲを剃ることが出来ます。

髭剃りのコツ2

①よく切れるカミソリを使う

切れ味が悪いと、毛を引っ張り痛みを感じます。
皮膚を傷つけることもあるでしょう。
定期的に刃を交換する必要があります。

②カミソリの使い方

ひげは顔の部位によって生えている向きが違います。
向きをよく確認し、それに沿って剃ることが髭剃りのコツです。
たとえば、ひげが下向きに生えているなら上からカミソリを当てます。
下に向かってなでるように剃りましょう。
反対から剃ることは逆剃りと言って、皮膚を傷つけることもあるので注意しましょう。
多少押し付けるイメージで剃っていきます。
利き手でカミソリを持ちもう一方の手は皮膚を伸ばすようにすることが、髭の剃り方とカミソリの使い方のポイントです。

③ひげ剃りのタイミング

人によっては、朝剃る人もいれば夜剃る人もいるでしょう。
出かける前に剃るなら一日中良い状態を保つことができます。
髭の剃り方とカミソリの使い方をマスターすることは髭剃りのコツです。

アフターケアもしっかりと

髭剃りの後にはクリームなどを塗布するようにしましょう。
髭剃りの後に何も手入れをしないと、肌が乾燥し荒れることもあります。

髭剃り後の手入れも髭剃りのコツと言えます。
髭剃りのコツをつかむことで、自分でも徹底的に剃ることができるでしょう。

慣れるまでは毛を残すこともあるかもしれません。
きれいな髭剃りのコツには、鏡で最終確認することもふくまれます。

毛が残っていないかよく確認しましょう。

電気シェーバーには、主に3種類があります

電気シェーバーには、主に3種類があります
電気シェーバー種類(往復式)と電気シェーバー種類(回転式)および電気シェーバー種類(ロータリー方式)です。
使われることが多いと言われているのがのが、電気シェーバー種類(往復式)です。

ではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

①電気シェーバー種類(往復式)

電気シェーバーは一般的に、カミソリよりも深剃りがしにくく、剃り残しが出やすいとされています。
電気シェーバー種類(往復式)は、電気シェーバーの3種類の中で、比較的深剃りしやすいタイプであるため、好まれやすいようです。

電気シェーバー種類(往復式)は刃がひとつの方向に往復し、振動しながらひげを剃っていくものです。
電気シェーバー種類(往復式)は、人気の高い種類であり、多くの商品が販売されています。

ただ、カミソリほどではありませんが、電気シェーバー種類(往復式)は肌への刺激が強く、肌が傷んでしまう可能性があります。
深剃りできるということは、肌の角質層まで削ってしまう可能性があるということです。肌のバリアとなっている角質を削るのは、肌にとっては決して良いことではありません。

肌の保護のためには、電気シェーバー種類(往復式)でなく、電気シェーバー種類(回転式)や電気シェーバー種類(ロータリー方式)のほうが向いています。

②電気シェーバー種類(回転式)

電気シェーバー種類(回転式)では、肌に当たる部分が丸くなっていて、刃が回転しながらひげを剃っていきます。
電気シェーバー種類(往復式)のような深剃りはできませんが、その分、肌にやさしいという特徴があります。

③電気シェーバー種類(ロータリー方式)

③電気シェーバー種類(ロータリー方式)では、らせん状の刃が回転しながらひげを剃っていきます。
電気シェーバー種類(往復式)よりも肌への負担が小さく、それでいて深剃りもある程度できます。

ロータリー方式を採用しているのは、日立だけですので、電気シェーバー種類(往復式)のように、多くの商品が発売されていて、その中から選べるという状況にはありません。
ただ、往復式と回転式の中間のような特徴があるため、試してみるのもひとつの方法です。

電気シェーバーだと、カミソリほど肌を傷めずに済むわけですが、その目的で使うという人はさほど多くなく、カミソリのような深剃りを望んでいる人が少なくありません。

そのため、往復式の人気が高く、商品のラインアップも充実しているのですね。

電気シェーバー人気ブランド

電気シェーバー人気ブランド

①ブラウン

電気シェーバー ブラウンの特徴は、世界シェア2位を誇るメジャーな商品だということです。
几帳面さで知られるドイツの製品であることも、人気の理由だそうです。

そしてもう一つの人気の理由がガッチリとしたボディです。
握りやすく使いやすいという電気シェーバー ブラウンの特徴から、購入している消費者もいます。

もちろん、電気シェーバー ブラウンの特徴の最たるものである、深剃りが可能な点を好む消費者もいます。
ヘッドが上下に動くことも、電気シェーバー ブラウンの特徴のひとつです。

上下に動くことで、肌への密着度がより高まります。

②フィリップス

世界シェアナンバーワンである電気シェーバー フィリップスの特徴は、肌にやさしい回転式を採用しているということです。

その名の通り肌が弱い人は、フィリップスを好む傾向があります。
深ぞりよりも肌の優しさをとるならばフィリップスが一番良いと言われています。

③パナソニック

電気シェーバー パナソニックの特徴は、電気シェーバー ブラウンの特徴と同様、深剃りができる往復式を採用しているということです。
世界シェアナンバーワンがオランダのフィリップス社の製品であるのは、肌にやさしい回転式を採用しているからであると見られます。

電気シェーバーを使うのは、まだ世界でも限られた地域の人々となりますが、肌が弱い白人の利用者が特に多く、電気シェーバー フィリップスの特徴である肌へのやさしさが好まれると考えられます。

日本シェアNo.1シェア

日本シェアNo.1シェア
ブラウンの国内シェアは20%で、パナソニックの50%には遠く及びませんが、日本人向けにつくられたパナソニック製品に席捲されることなく、国内No.1の高いシェアを保っています。
フィリップスの国内シェアは14%ほどです。

日本では、電気シェーバー パナソニックの特徴が好まれ、パナソニックがシェア1位となっています。
パナソニックも、電気シェーバー ブラウンの特徴である往復式を採用しています。

電気シェーバー ブラウンの特徴である往復式の電気シェーバーでは、深剃りが可能です。
もともと電気シェーバーはカミソリに比べて、剃り残しが多く、深剃りもしにくいとされています。

しかし、肌が白人ほど弱くない日本においては、肌の保護のために回転式を選ぶ人よりも、深剃りができる往復式を選ぶ人のほうが多いです。
カミソリでなく、電気シェーバーを使うのは、水がない場所でも簡単に髭剃りができる利便性ゆえであることが少なくありません。

肌を保護する目的という人はそう多くないため、電気シェーバー ブラウンの特徴である往復式が、より好まれます。

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする