おすすめ電動歯ブラシ|歯の健康を守ろう!

近年人気の電動歯ブラシ

近年人気の電動歯ブラシ

口腔ケアへの意識が高まり、日本でも電動歯ブラシが人気を集めています。
お口の中の悩みってデリケートですよね。
少し前までは、手で磨くのと電動歯ブラシとの違いと言えば、手で磨くか電動で動くかの違いでしかなく、手を動かす手間を省きたいがためのモノというイメージでした。
しかし最近の電動歯ブラシは、手で磨くだけでは得られないマッサージ効果や超音波など、歯の健康にいい最新機能がついているものもあります。
電気店に行くと専用のコーナーが設けられているほどで、実際に購入するとなるとどれを選んだらいいか分からないほどです。
1000円程の安いものもありますが、歯や歯茎を傷つけてしまうものもあるので注意が必要です。
ここでは、人気のある電動歯ブラシや話題になっている電動歯ブラシに限定して、その効果や働きなどをチェックしていきましょう。

一番人気のソニッケアー

一番人気のソニッケアー

フィリップスから出ているソニッケアーは、一番人気の電動歯ブラシとして国内外で販売されています。
歯科業界シェアNo.1の実績は信頼の証。
超音波を出すことができる唯一の電動歯ブラシで、磨いた後はツルツルになり爽快感があります。
超音波ブラシは電動歯ブラシの中で最もプラーク除去率が高く、音波水流の特許技術で歯の間のプラークを洗い流し、さらに細菌が付着しにくい歯にしてくれます。
歯科医師や歯科衛生士といったプロも認める電動歯ブラシで、虫歯や歯周病予防のためのイージークリーン、歯茎ケアのためのガムヘルス、歯垢の除去率が高いダイヤモンドクリーンの3種類があります。
国内外の論文でも歯周病の炎症の改善が実証されています。
ひとまずソニッケアーを買えば間違いなしです。

シンプルなドルツ

シンプルなドルツ

パナソニックから出ているドルツは電動歯ブラシの中でも毛先の部分が小さいので、顎が小さな日本人にあっている電動歯ブラシです。
歯や歯茎に優しい音波振動式が採用されており、歯にブラシをあてる感覚で歯磨きが出来ます。
歯槽膿漏で悩んでいる方におススメです。
付属のブラシはシリコンやポイント磨き用など豊富に用意されていて、自分のお口の状態に合わせて選ぶことができます。
歯茎の腫れなど歯周病の菌をかきだすものや、ステインを除去して白い歯にするためのブラシなど、お口の悩みを解消するブラシがあります。
歯だけでなく、歯茎や舌までケアできるブラシもあり、お口の中全体をきれいにできます。

携帯用にはポケットドルツ

携帯用にはポケットドルツ

ポケットドルツは、持ち運び用の電動歯ブラシです。
電動歯ブラシは大きくて、自宅に置いておくものだというイメージを一新させて、コンパクトなサイズにおしゃれなデザインが人気です。
持ち運びができる本格的な電動歯ブラシという今までにない製品に仕上がっています。
極細毛ですみずみまで磨けるものや、子供の仕上げ磨きに使えるもの、歯間ケア、ステインオフ、ロングサイズやコスメデザインなど様々なタイプとデザインが用意されていて、幅広い年齢の人が使える電動歯ブラシです。
電池で動くので、充電の手間もかかりません。
職場などでランチのあとに使用するのにぴったりですね。

水流で洗い流すジェットウォッシャー

水流で洗い流すジェットウォッシャー

ジェットウォッシャーはドルツのブランドのひとつで、歯磨きした後に口の中に残っているプラークや菌を水流で洗い流すために開発されました。
歯と歯の間など毛先が届きにくい部分までしっかりと洗い流すことができ、口臭予防にも効果的です。
自宅で使える容量の大きなものの他、持ち運びができる携帯タイプやお風呂で使えるコードレスモデルもあり、生活様式に合わせて選ぶことができます。
一度使うと病みつきになってしまうほどの気持ちよさで、手放せないという人も少なくありません。
ドルツの電動歯ブラシと併用すればより効果的なケアに期待できます。

初心者にはこれ!オムロン メディクリーン HT−B315

初心者にはこれ!オムロン メディクリーン HT−B315

オムロンの電動歯ブラシは、日本人のために開発されており、コンパクトで軽く日本人の歯列にフィットするので初めて使う人でも使いやすいのが特徴です。
使いやすさにこだわっており、1回の充電で約10日間の使用が可能で、本体を丸洗いも出来ます。
また、奥歯が磨きやすいようにと角度がついており、奥歯の歯垢除去力が手磨きの10倍もあります。
奥歯の寿命は他の歯より10年短いと言われているので、まだ歯が健康なうちから丁寧にケアしたいですよね。
硬さの違う3種類の毛先が効果的に歯垢を取り除いてくれるトリプルクリアブラシや、すき間みがきブラシ、ステインをかき出してくれる極細スパイラルブラシなど、自分の歯の悩みに合わせたブラシが選べます。
さらに、クリーンモード、ソフトケアモード、ポイントケアモードの3つのモードがあり、使い分けて効果的に歯垢を除去出来ます。

正しい使い方が大事!

正しい使い方が大事!

電動歯ブラシはもちろん自分の手を動かす必要はありません。
強く押し当てたりしないこと、また研磨剤、発泡剤の多く入った歯磨き粉を使わず、歯や歯茎に良い成分が入っている歯磨き粉を小指の爪ぐらいの少量使用することが大切です。
3~4か月たったらブラシを交換し、電動歯ブラシの効果を最大限に利用しましょう。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す
レビューの一覧はコチラ