ドローン=無人飛行機?ドローンを使ってやってみたいことを調査してみました!

ドローン=無人飛行機ってご存知でしたか?

ドローン=無人飛行機ってご存知でしたか?

ドローンって名前は聞いたことあるけど実際どうやって使うかわからないし、一体何者なの?
って思う人も多いのではないでしょうか?

ドローンとは無人飛行機の総称です。

ニュースやテレビ番組で取り上げられているラジコンのようなものはドローンの中の1種類に過ぎずドローン=無人飛行機と言われています。
世間的にはプロペラのついたラジコン型のもの=ドローンと印象があると思います。

今回はそんな皆さんが思い描いているドローンを実際に使ってやってみたいリストを作ってみました!

ドローンを使ってやってみたいこと①

ドローンを使ってやってみたいこと①

まずドローン空撮をしてみたいです。
これで動画サイトに投稿して人気の動画になれば最高じゃないでしょうか。

これからはこれでさまざまなモノを空撮できればと思っています。
特に子供の運動会で使えるようになると面白いと思います。
子供の横をドローンで自由に撮影することが出来れば、迫力ある映像にしていくことも可能になるはずです。

特に面白いのは、さまざまな子供の親がいろいろなドローンを操作するようになった時です。
運動場をドローンが乱れ飛ぶようになるので、まず禁止されるはずですが禁止されるまではそうしたことをする人が必ず出てくると思います。

自分も禁止されないのであれば、もっとドローンの操作性と安全性が高くなるのであればやってみたいとも思います。
自分では既に子供運動能力にかなわない状態になっているので、子供の走りに追いつくことは出来ませんが、ドローンであれば可能なはずです。

速い動きも問題なく付いていく事が出来ますし、静止画もぶれなく撮影することも可能になるはずです。

将来的には自動的に撮影が出来るというような事も可能になるかもしれません。
ドローンレーンというようなモノが設置されて、この範囲なら動かしても構わないというようなものが出てくるかもしれません。
そうなるとかなり面白いことになるはずです。
センサーを積んで白線を認識するようにすればいいだけですから、これは別に不可能でもなんでもない実行可能性のある現実的な案だと思います。

その為には、今よりも格段に性能が良くなることが条件になりますが、技術の進歩は凄まじいものがあるので、こうした考えることが出来る事は全て出来るようになっていくと思われます。
数年後にはドローンを抱えて運動会を観戦する両親の姿がイメージ出来るような気がします。

自動操縦モードでセンサーで自動的に自分の子供を追いかけるようにしておけばいいだけですし、他のドローンを回避するのは自動的にさせることが出来るはずですから、これも問題はありません。

ドローンを使ってやってみたいこと②

ドローンを使ってやってみたいこと②

荷物の搬送に使ってみたいとも思います。
これは大手の宅配業者が考えているようなことですが、荷物を自動的に目的地に搬送してくれるということを配送業者ではなくこの機械自身にやってもらうわけです。

そうなると今より生活は劇的に変わることになるはずです。
ゴルフに行くときに手ぶらで行くことが出来るのです。
ゴルフバッグは常にドローンが自分の頭の上を飛んでいて、これがバッグを運んでいるという状態です。

まあ別に自分の頭の上にいる必要性はないので、ゴルフ場まで自動的に荷物を運んでくれてもいいのですが、自分の頭の上にいると盗まれたりする心配もないのでいいかもしれません。
こうした使い方も将来的には出来るようになるはずです。

何しろ自動でどこにでも行けるわけですから、これを利用すれば宅配業者にわざわざ荷物を持っていく必要はありません。
そのためには、今よりも格段にパワーを上げる必要がありますが、これは技術の進歩で出来るようになるはずです。

何しろこれまで空を飛ぶような機械は無かったわけで、それが出来た事に比較すれパワーアップの問題など特に大きな問題ではないはずです。
何しろ今はジェット機のような鉄の塊が空を飛んで、ロケットのようなものが宇宙まで行くような時代です。
そのような時代にちょっとした個人の荷物を運ぶ程度の出力を出せる機械はいくらでも作れるような気がします。

後は自動操縦というとこになりますが、これも車を自動運転出来るようになるような時代ですから、技術の進歩によって出来るようになると思われます。
後は時間がどれぐらいかかるのかという事だけのはずです。

ドローンを使ってやってみたいこと③

ドローンを使ってやってみたいこと③

最後はやはり自分を載せていろんなところに行ってみたいと思います。
これが最終的には一番やりたいことということになるのかもしれません。
これが出来ればもう新幹線も飛行機もバスも要らないという事になります。

基本的に一人乗りのようなイメージですが、出力を大きくすれば家族が乗れるようなヘリコプターのようなものも出来るはずです。

実際にヘリコプターがあるわけですから、後はいかに軽量化をしてコストダウンをして安全性を上げていくのかという課題とコストダウンという課題、自動運転という課題をクリアすればいいだけです。

そんなこと大変じゃないかと考えるかもしれませんが、別に人が本気でする気になればこの程度の事はじきに解決していくはずです。

車が自動運転で運転されることが出来るようになったことを考えれば、別にたいしたことではありません。
どれも既に技術的には似たようなものがあるわけですから、後はコストなどの問題を解決していけばいいだけという事になります。

既にやるべきことが分かっているという事は、特に大きな問題ではないという事を示しているといってもいいはずです。

本当に難しいのは何をどうすればいいのか分からないという事を解決することであって、どうすれば出来るのかが分かっている問題は、それをするかどうかだけの話という事になります。

ですから、既に似たような技術がある場合には、そんなに課題は大きな物ではないと考えても良いはずです。

一番おすすめしたい使い道とは・・?

一番おすすめしたい使い道とは・・?

この中でおすすめはやはり、自分を載せて好きなところにどこにでも行けるというものではないでしょうか?
これが出来るようになれば、もう世界は変わったといっても良いかもしれません。

ドローンが車に変わる移動手段となったという事になります。
移動手段であると同時に荷物の運搬手段でもあり、これによって経済が回っていくという事が考えられます。

今の社会は車社会ともいわれていますが、ドローンがこれに変わってドローン社会というものが登場することになるのかもしれません。

ドローンは空中を飛ぶことが出来るので渋滞なしで効率よく時間を使うことが出来るというのが最大のメリットになりそうです。

自動運転にすれば事故なども概念的には無くすことが出来るはず。
車よりも安全性の高い乗り物ということになるのかもしれません。
何故かというと車のように平面だけで動くのではなく高さも考えて移動させられることが出来るからです。

北向きは高さ1m、南向きは高さ2mを移動というようなすれば、それで間違ってもぶつかる事はありません。
平面だと対向車がぶつかるということが起きますが、高さが違えばぶつからないのでその分は安全ということになります。

空を飛ぶとは落ちるのが心配ということになるはずですが、それはひたすら技術力を上げることしか出来ません。
今でも車はさまざまな事故を起こしていますから、そうしたことを考えれば、確実に100%の安全というものは難しいかもしれませんが、車よりは安全というものは出来ないことではないはず。
落ちるといってもその時のクッション性能などを付けておけば少々落下しても大丈夫というような事も考えられます。

場合によっては利用時に安全服のようなクッション性のあるものを直用して利用するという事で安全性を担保するというような事も考えられます。

今でもドローンはさまざまな技術開発が行われているので、これから先びっくりするような使い方が出来るようになる可能性があります。
人を乗せて移動できるようになるという事もあながちそんなに遠い未来の話ではないという気がしてワクワクします。

PREMOAでもドローン取り扱っております!

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする