家でもピアノの練習がしたい!電子ピアノの種類や機能が抜群のおススメ製品を調べてみました。

ピアノは高くて買えないけど弾いてみたい方必読!おススメの鍵盤楽器

幼い頃に楽器を習うことは根気や忍耐を得られるので子供の感性を培うに良いということは定説のように受け入れられています。楽器の種類は弦楽器から打楽器まで幅広いですが、最も人気がある楽器はピアノです。 ピアノはとても価格が高くてなかなか買えないため、ピアノの音を電子的に作り出す電子キーボードが多く発売されています。電子ピアノはその種類と価格帯が様々なので自分に合う製品を探しましょう。

ピアノはどの原理で音が出る?

ピアノに関して簡単に調べましょう。ピアノの本来の名前はピアノフォルテで「弱く」という意味の「piano」と「強く」といる「forte」を合わせた名前です。これは鍵盤を強く押さえるときと弱く押さえるときの音が違うため演奏者が調節して演奏できる点に着眼した名前です。
ピアノは鍵盤を押さえると鍵盤に連結しているハンマーが3個1組の弦を打って音を出します。ほとんどの家庭で使われるアップライトピアノはハンマーが装着されたフレームと弦が垂直になっていて占める空間が比較的小さいです。しかし、弦の長さが短いので音が比較的深くないという短所も持っています。グランドピアノはフレームと弦が水平に置いていて広い空間が必要であり、その構造のため価格も高いです。普通は白い鍵盤52個、黒い鍵盤36個で計88個の鍵盤で構成されていて低いラから高いドまで7.5オクターブあります。

電子キーボードの種類は?

電子キーボードは3つの種類があり、見た目は似ていますが、形、原理、用途がそれぞれ違います。共通点は電源を使い、どこでも持ち運びできるほど携帯性がいい点です。また、一般的なピアノの音だけではなく、様々な楽器の音を出すことができて電子キーボードのみで色々な楽器の音を教えてあげることもできます。 子供がピアノを習い始めると家でも練習する方がいいですが、高い価格のピアノを買うには負担になり、ミニピアノで練習するには限界があって悩んでいる方もいるでしょう。その時にはピアノより価格が安く 、空間も多く占めない電子キーボードをおすすめします。

電子キーボード

携帯性がいい分88鍵盤より鍵盤が少なくアダプターと共にバッテリーで使うことができる製品も多いです。鍵盤は一般アップライトピアノより軽く、音響も実際にハンマーが弦を打たないで録音された音を使用します。ピアノの音だけではなく様々な楽器の音を出せて、簡単なレッスン機能を含んでいるので初心者の教育用としておススメです。

電子ピアノ

電子ピアノと一般ピアノの差はアナログと電子の差です。一般ピアノは演奏者が鍵盤を押さえるとハンマーが弦を打って音が出ます。電子ピアノにもハンマーはありますが、ハンマーが鍵盤の下にあるセンサーを打ってその力によって音の強弱を認識してスピーカーで音を出してくれます。一般ピアノを電子化、小型化してあり、演奏者が楽器や音色,ボリューム等色々なコントロールをできることが電子ピアノの魅力です。 電子キーボードの中では鍵盤を押さえるときの感覚と強弱調節が一般ピアノと最も似ていて音も一般ピアノに一番近いです。

シンセサイザー

「総合する」、「合成する」などの意味を持っているシンセサイザーは「synthesize」の名詞形単語の意味のまま、色々な音を合成できる鍵盤楽器です。Popな音楽を聴くとギター、ベース、ピアノの音以外にも、様々な音を聞くことができます。それは直接楽器で演奏されているときもありますが、シンセサイザーで音を作って録音されるときもあります。シンセサイザーはピアノを代替する用途ではなく、新しい音を作って出すことができる鍵盤楽器として区分しています。

おススメの電子キーボードは?

初心者には電子キーボードがおススメ

初心者に必要なのは高価格のピアノモデルよりピアノ練習に役に立つ機能とピアノが楽しめるようにいつ、どこでも弾ける製品がいいです。電子キーボードは安い価格でピアノを始めたい方にまず興味を沸かせるのにぴったりです。 ピアノを習う目的で電子キーボードを選ぶには鍵盤数があまり少なくないほうがいいです。88鍵盤ではなくても基本的な練習ができるには少なくても61鍵盤以上が必要です。また、安い製品の場合、スプリングの反作用だけで鍵盤が作動するため、鍵盤を押さえるときの感じが一般ピアノ鍵盤を押さえるときと違うかもしれません。初心者が練習するには十分ですが、本格的にピアノを学びたい方には向きません。

●YAMAHA PSR-E263 PORTATONE [キーボード(61鍵)]

一般88鍵盤キーボードより約1.5オクターブが少ない61鍵盤構成のYAMAHA PSR-E253はピアノを学び始めた子供が使いやすいサイズです。鍵盤の数が少ない分重さも約4KGで軽くバッテリーでも作動できるので外でも使用できます。計400種類の音色が搭載されていてピアノ、オルガン、弦楽器などの音を楽しめることができます。また、初心者が練習できるように9段階の練習曲レッスン機能がついており、130個の自動伴奏曲も内蔵されています。

●CASIO WK-245 [ベーシックキーボード (76鍵盤)]

CASIO電子キーボードはモデル名で鍵盤の数を区分します。WKは76鍵盤、CTKは61鍵盤です。WK-245は88鍵盤より1オクターブが少ない76鍵盤で構成されています。ピアノ音を含むアコースティック楽器の音色はAHL音源を使用することで音質を高くしており、一般ピアノと似た鍵盤の弾き心地のために感度を2段階に調節できます。600個の音源が内蔵されていてほとんどの楽器の音を出せることができ、180個のリズムパターンと様々なデジタル効果で音を作ることもできます。

初心者には電子ピアノがおススメ

電子ピアノは電子キーボードより価格帯が高いですが、その理由は鍵盤の駆動方式の違いです。電子ピアノは実際のピアノと似ている鍵盤の感覚を伝えるために精巧で複雑な鍵盤を使った製品が多いです。また、鍵盤の数もほとんど一般ピアノのように88鍵盤あることも電子キーボードとの違う点です。電子キーボードに比べ様々な楽器音の再生や音色調節機能は弱いですが、ピアノを練習するには電子ピアノがおススメです。鍵盤駆動方式とピアノの音色が実際のグランドピアノに似ている製品が最も高級で価格も高いです。 電子ピアノは88鍵盤で重い製品が多く、スタンドと一緒に構成されていたり、別途の椅子を購入したりして一般ピアノのように設置して使用する場合が多いです。電子ピアノを買おうと思っている方は一般アップライトピアノを設置するぐらいの空間を空けておいてから買うことをオススメします。

●YAMAHA P-255 [電子ピアノ(88鍵)]

キーボードより上位製品の電子ピアノは実際のピアノと似たタッチが魅力的です。YAMAHAのP-115は音域によって鍵盤のタッチ感が違うGH鍵盤を装着されました。低・中・高音域の3つのスライダーを操作するだけで、簡単に音質を調整できる「EQ」を搭載しており、自分の好みや演奏環境に合わせて最適な音質を作ることができます。計10種のリズムパターンを搭載していて好きなテンポを聞きながら練習できます。グランドピアノのタッチに近づけた、滑りにくく自然な弾き心地の鍵盤を使って本格的な演奏を楽しむことができます。

●CASIO PX-160-BK ブラック Privia [電子ピアノ (88鍵盤)]

CASIOが特許登録した「キースケーリングハンマーアクション」鍵盤を採択し、低音部は重くて高音部は軽いタッチ感が特徴です。演奏者のタッチの強弱により生かせる低・中・高音の波形を調合してくれるトーンシステムで、電子製品でも演奏者の繊細な感覚を再現します。また、170種の音色と70種のリズムが搭載していて、最大128音を同時に出すことができます。押さえる感度を3段階に調節して使用でき、必要によって音調を1オクターブ動かせてもっと低い音や高い音を出すこともできます。

中級者には中高級電子ピアノ

初級者を卒業した子供にプレゼントしたり子供にしっかりピアノの教育をしたい方なら電子ピアノの中級者型以上の製品を選ぶのがおススメです。中~高級型電子ピアノは鍵盤を押さえる感覚が一般ピアノと似ているし、強弱調節も繊細にできて、単純に楽譜を正確に弾くことだけではなく、音楽の表現までしっかり練習できます。しかし、一般アップライトと同じぐらいの価格は負担になります。

●KAWAI CN37LO [電子ピアノ]

小さいアップライトピアノと似ているCN37LOはコンサートグランドピアノ「SK-EX」「EX」など、カワイが世界に誇るグランドピアノを最高レベルの環境で録音したサウンドを内蔵して豊かなピアノの音を再現できます。また、コンサートグランドピアノから落ち着いたメロウなピアノ音まで、10種類のピアノ音を搭載。演奏する曲や、そのときの気分に合わせて音色を選ぶ楽しみがあります。鍵盤ウェイトを搭載し、木製鍵盤に近いタッチを再現。鍵盤追従性やコントロール性も高く、繊細な演奏表現が可能です。

●CASIO AP-700BK ブラックウッド調 CELVIANO [電子ピアノ (88鍵盤)]

一般ピアノと同じハンマーアクッションでセンサーに信号を送りますが、鍵盤のセンサーが3つ搭載されているのが他の電子ピアノとの違う点です。鍵盤を押すと3つのセンサーが感知され、この速度によって音の強弱を調節できます。強くて速く押さえると大きくて強い音が具現できます。鍵盤の領域によって反応するタイミングシステムを採択し、グランドピアノの演奏感と音に最大限近づけました。無損失オーディオ圧縮サンプリングも原音の再現に役に立ちました。

上級者の場合にはシンセサイザー

鍵盤楽器の種類に関わらずいつも最高の演奏が可能な実力者なら、きちんとしたピアノを購入するか、シンセサイザーという別の楽器を検討することをおすすめします。シンセサイザーはピアノに限定された演奏より様々な音と波形を組み合わせて演奏者本人だけの音を作る用途で使われる専門家用の楽器です。バンド活動をしたり、作曲、編曲活動を趣味以上に本格的にしたりする方ならシンセサイザーがピッタリです。

●ヤマハ(YAMAHA) S90XS [シンセサイザー]

前のモデルだったS90ESはライブ演奏に特化されたインターフェイスと最も繊細なグランドピアノ音を再現して有名になって放送局やプロバンドなど多くに使われたヒット作です。その後続作のS90XSは前作の特性を保ちつつ新しい音源を追加したモデルです。パフォーマンスコントロールをするためのノブを4個、スライダー4個を搭載されて演奏者が演奏の途中にもっと音をディテールをコントロールできるようにしました。S90XSはスタジオで作業する用途でも使えますが、ライブ演奏の方がより効果的に演奏できます。

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする