DVDレコーダーの映像コピー機能とは??価格帯を交えて徹底解説!

DVDレコーダーはまだ使えるのか

DVDレコーダーはまだ使えるのか

ブルーレイレコーダーや全番組録画機能付きレコーダーの影に隠れて存在感の薄くなってしまっているDVDレコーダーですが、機能面ではまだまだ使っていくことができます。
価格もかなりこなれてきていますので、いまがちょうどお手頃な価格で入手することができます。
具体的には1万円台から十分実用に耐える機種が用意されています。
よくわからない海外メーカーのものではなく、国産の数年前にはフラッグシップ機であった機種が3万円以下の価格です。

DVDレコーダーで何が出来るのか

DVDレコーダーはまだ使えるのか

機能的には十分実用に耐えうると書きましたが、実際の場面を想定しながら機能を確認してみましょう。
運動会や発表会でのビデオ撮影後の編集場面においてです。
この場合でも現行のビデオ録画形式であるAVCHD形式のSDカードを読み込む機能がついています。
一度レコーダーに取り込んでしまえば、自分で撮影した映像は劣化することなく何枚でもDVDへコピーすることができます。
書き込み速度もAVCHD形式対応なら高速で書き込みができます。
反対に非対応のDVDレコーダーを購入しますと等倍速コピーしかできませんので注意が必要です。

DVDレコーダーで地上デジタル放送を録画した場合

DVDレコーダーはまだ使えるのか

DVDレコーダーではダビング10と呼ばれる機能を有しているかどうかが大きく機能面で異なります。
ダビング10対応DVDレコーダーであれば10回ダビングすることが可能です。
しかし非対応の機種はコピーができずムーブのみとなります。
ムーブとはDVDレコーダー内部からDVDメディアへと映像を移し替えてしまうことを指します。
つまりムーブするとDVDレコーダー内部から映像が消えてしまいますので、できるだけダビング10対応のDVDレコーダーを購入したほうが無難です。

地上デジタル放送をDVDに記録するときの注意点

DVDレコーダーはまだ使えるのか

地上デジタル放送はCPRMという保護信号対応のDVDメディアしか受け付けてくれません。
もし非対応のPC用DVDメディアを挿入した場合記録できませんと表示されてしまい書き込む事ができません。
失敗しないようにCPRM表示の有無は絶対に確認して下さい。

DVDレコーダーを買うのならどこがいいのか

DVDレコーダーはまだ使えるのか

DVDレコーダーを買うのであればやはり一番はネット通販です。
各店舗の在庫処分品を確保していたり、独自の仕入れルートから見たこともない低価格で販売してくれている店もあります。
もしインターネットをこれから契約しようとしている人は家電量販店に出向きプロバイダの取次販売員に声をかけると、交渉次第では契約を前提に本体価格を0円にして手に入れることができます。
これは携帯電話購入時のキャッシュバックと同じ仕組みですので、完全に合法的な購入方法ですので安心して声をかけて下さい。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す
レビューの一覧はコチラ

ちょっとお知らせです。

レコーダーについて情報をまとめてあります。是非お立ち寄り下さい。


ブルーレイレコーダーのお悩み解決>>