ラジカセブームが再来?ラジカセ世代もそうじゃない人もハマる理由とは?

ラジカセのブームが再来

ラジカセのブームが再来
ラジカセの認識が変化しつつあります。
ラジカセと聞くと30代以上の方の青春には欠かせなかった電化製品だったのではないでしょうか。

最近はCDやmp3で繊細な音楽が楽しめる環境になっていますが、ラジカセから聞こえる音楽が懐かしく思われる方も多く、20代以下ではラジカセの扱いの煩わしさが逆に魅力となることも多く、あえてCDなどを避ける方も増えつつあります。

また外出時はスマートフォンで繊細な音楽を、自宅ではカセットテープから流れる昔の音で癒されると使い分ける人もいます。

カセットテープから流れる音楽が堪らない

カセットテープから流れる音楽が堪らない
2年ほど前から洋楽のカセットテープを扱うお店が増えてきました。
洋楽の場合はラジカセから流れる音楽がより風情を思わすことができ、1人でのんびり部屋で聞いている瞬間が至福の一時と思われる方が多くラジカセが好まれる一因となっています。

また30代以上の方はCDの音楽と昔に聴いた音楽では納得することが難しいケースがあり、再びラジカセに戻ってくる方も多くいます。

ラジカセのラジオ機能が懐かしい

30代以上の方だと深夜放送を聞きたいためにラジカセのアンテナを右往左往させた経験がある方も多いです。
現在のラジカセはラジオ選局は自動で行ってくれるタイプもありますが、偶然に見つけた番組が面白かったりで寝不足になった方も多かったはずです。

特に深夜は遠くまで電波が飛びましたので、日中は受信できない放送局の番組に感動された方も多くいたのではないでしょうか。

持ち運びが便利です

持ち運びが便利です
ラジカセの多くは持ち運びが便利になるように持ち手が付いているタイプが多いです。
小学校時代にラジオ体操で夏休みの早朝から体操したり、体育の時間にもカセットテープに録音したラジオ体操で柔軟体操を経験された人も多くいます。

最近では非難する際に避難場所で情報を得るためにコンパクト型のラジカセも販売されています。
またラジカセに対応したマイクを使えるタイプもあるので、緊急時にはスピーカーから情報を伝えることも可能です。

販売の価格帯

多くのラジカセは5000円ぐらいから販売されています。
カセットテープとラジオ機能のみでしたら3500円ぐらいから大手の家電量販店で取り扱いがあります。

最近は11000円ぐらいからSDカードに対応した商品も販売されており、音の綺麗な音楽をレトロ調にすることが可能になっています。
ただし、ラジカセ自体が昔より繊細な家電となっているので取り扱いには注意が必要になっています。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

ちょっとお知らせです。

レコーダーについて情報をまとめてあります。是非お立ち寄り下さい。


ブルーレイレコーダーのお悩み解決>>