春の紫外線髪への負担も大きい?新モデルのdysonのヘアドライヤーでうるツヤ髪をキープ!

段々と紫外線が多くなってくるこの季節

段々と紫外線が多くなってくるこの季節
春から夏にかけて紫外線が多くなってくる季節ですね。
この時期から日焼け対策を徹底的に行ってる人も多いのではないでしょうか?

思っている以上に春の紫外線は強いってご存知でしたか?

UV-AとUV-Bとは?

UV-AとUV-Bとは?
紫外線は皆さんご存知の通り日焼けの要因になるものです。
しかし紫外線は2種類あるのはご存知でしたか?
”UV-A”と”UV-B”です。

皆さんが気にしている日焼けの原因となるのが紫外線のおよそ5%を占めているのが”UV-B”。
肌の表面にやけどのように赤くなったり黒ずんだりといった影響を及ぼします。

もう一つ、紫外線のおよそ95%を占めているのが”UV-A”。
エネルギー的には”UV-B”よりも弱いものの肌の奥にある真皮層まで到達。
細胞組織を破壊しお肌のハリや弾力の低下させたり、メラニン色素を増加させシミの原因を作るといった老化現象に繋がっていきます。

”UV-B”は真夏である7、8月に多く降り注ぎますが、”UV-A”は春になる4、5月に非常に高くなり、真夏と同じほどの紫外線量になります。

春の紫外線に有効なの対策は日焼け止め+保湿

春の紫外線に有効なの対策は日焼け止め+保湿
春になり段々と暖かくなってきますが、乾燥する時期です。
乾燥に敏感なお肌にとってはまだまだ油断できない状況が続きます。

春の紫外線からお肌を守るには日焼け止め+保湿をダブルケアを徹底的に行うことでより効率的なな紫外線対策を行うことができます。

ちょっとでも外出する際にはしっかりと日焼け止めを塗り肌を守り、紫外線を浴びてしまった肌にはオイルやクリームを塗りケアを欠かさずに行いましょう。

紫外線のダメージはお肌だけじゃない!

紫外線のダメージはお肌だけじゃない!
肌が黒くなってしまったりシミやシワの原因となる紫外線ですが紫外線の影響はお肌にだけではないのはご存知でしたか?
実は頭皮や髪の毛にもダメージが及ぶのです。

紫外線を浴びてしまった頭皮はフケやかゆみ、そして抜け毛の原因を引き起こし、髪の毛は切れ毛や枝毛、髪がパサつきやすくなりハリやツヤが失われてしまいます。

対策としては外出の際に帽子をかぶって頭を保護したり、頭皮や髪の毛専用の日焼け止めスプレーなどを活用することによって紫外線から頭皮や髪の毛を守ってくれます。

髪のダメージに日頃のヘアケアで負担をかけていませんか?

髪のダメージに日頃のヘアケアで負担をかけていませんか?
帽子や日焼け止めスプレーで防御しても外出するとどうしても避けることができない紫外線。
皆さんは髪の毛をしっかりとケアすることはできていますか?

そのまま放置してしまうとキューティクルを失い、切れ毛や枝毛・髪のパサつき、ゴワつきなどを引き起こしてしまいます。

紫外線を浴びてしまった髪の毛はダメージケア用に作られたシャンプー・トリートメントで整え、髪を乾かす際には洗い流さないトリートメント等で髪をしっかりと保護してから行うようにしてください。

また髪はひどくダメージを受けていますので摩擦があり大きく負担がかかるようなブラッシングは禁物です。

髪にやさしいドライヤーを選ぼう!

髪にやさしいドライヤーを選ぼう!
自然乾燥は髪への負担をものすごく掛けてしまうことになります。
しっかりとドライヤーを使い乾かすことによってダメージの促進を抑えてくれるのです。

しかし、単にドライヤーで乾かすといってもドライヤー選びを失敗し使い続けると髪のダメージがどんどんと悪化するので要注意です!

では何を基準にドライヤーを選べば良いのでしょうか?

①風量/風速

髪のダメージを最大限に抑えるには短時間で髪を乾かしきることです。
その為にも風量がしっかりと出るものを選ぶと良いでしょう。
風量のポイントとしては1.3立方メートル/毎分ほどのもの基準に選ぶと良いでしょう。
風速のポイントとしては10~14メートル/毎分ほどのものになると乾くスピードの速さを実感できるでしょう。

②ワット数

ワット数によってドライヤーのパワーも変わってきますので重要なポイントです。
大体1000~1200Wを目安で選ぶと良いでしょう。

③重量

ドライヤーって片手で支えることが多いと思います。
それなのに重いドライヤーを選んでしまうととてもではないですが使い続けるのが嫌になってしまいますよね。
大体600グラム前後のものだとそこまで重く感じずラクに使い続けることが出来ますよ!

④マイナスイオン効果

ドライヤーによって異なりますが、”マイナスイオン”機能搭載のドライヤーがあると思います。
静電気を排除し空気中に存在する小さな水の粒子を髪の内部に取り込み潤い・ツヤ・まとまりを与えてくれます。
この機能、あるのとないのでは髪へのケアにも大きくかかわってくるので出来れば機能がしっかりとついたものが良いでしょう。

今おすすめしたいナンバー1ドライヤーはコレだ!

今おすすめしたいナンバー1ドライヤーはコレだ!
ドライヤーを販売しているメーカーは多くありポイントを押さえつつ選ぼうとしても様々なドライヤーの中選ぶのはなかなか至難の業なのではないでしょうか?

そんな中今回おすすめしたい商品が「dysonsupersonic(ダイソン スーパーソニック)ヘアードライヤー」

あれ?この商品って以前に発売されて有名になった商品では?今更この商品の紹介?なんて思った人もいるのではないでしょうか?

実はこの商品新モデルとして5/10に発売されたのです。
しかもなんと今回”日本人のために改良した”ということでとても興味深い商品となっております。

「dysonsupersonic(ダイソン スーパーソニック)ヘアードライヤー」

「dysonsupersonic(ダイソン スーパーソニック)ヘアードライヤー」
まず、カラーは旧モデル同様[アイアン/フューシャ][ホワイト/シルバー]と今回からの新色[アイアン/ブルー]、今回特別モデルとして作られた[インペリアル パープル]の4色展開となっています。価格は旧モデル同様¥48,600。※インペリアル パープルは本革のレザーボックスに入った特別モデル。価格は¥59,400となっています。

まず旧モデルから引き継いでいる点としては「Dyson Air Multiplier」の技術を応用して周囲の空気を取り込み風量を3倍アップさせることによって高圧・高速の気流を発生させ速乾性を可能にしました。

この気流を生み出している「ダイソン デジタルモーター V9」は11万回転/毎分といった機能がついていながらとてもコンパクトになっており普通のドライヤーとは違い持ち手部分にこのモーターを内蔵することによって長時間使い続けても疲れにくい設計となっております。

さらに、「インテリジェント・ヒートコントロール」という機能により20回/毎秒髪が風に当たっている部分の温度を測定し暑くなりすぎないように熱をコントロールしてくれるのです。

新モデルの変更点とは?

新モデルの変更点とは?
太く、断面が丸く、髪が絡みにくくスタイリングが難しいアジア人の髪の研究を重ねて日本のユーザーの為に改良を加えた新モデルを発売しました。

新モデルは一体どこを改良させたのでしょうか?

①最高温度の引き上げ

髪のくせやうねりをまっすぐに伸ばしやすくするために旧モデルの最高温度78℃から髪が傷みづらい温度100℃まで最高温度を引き上げました。

②風量を3段階に

日本の女性は顔周りにレイヤーを入れた人が多く顔周りのスタイリングの際は弱めの設定で行いたいという要望から旧モデルの強風はそのままに中風、弱風を加えて旧モデルよりあえて弱めに作られています。

まとめ

まとめ
美肌を保つための紫外線対策も大切ですが、髪も紫外線の餌食となっていることがよくお分かりになられたのではないでしょうか。

帽子や日焼け止めスプレーで保護しつつ帰ってから地肌や髪のケアを行うことで美しい髪をキープすることが出来ます。

またドライヤー1つで髪の質感が大きく左右されるので慎重に選びたいところですね。
今回ご紹介した「dysonsupersonic(ダイソン スーパーソニック)ヘアードライヤー」の新しいモデルは日本人に合わせた仕様になっておりより美髪へと導いてくれそうですね。

紫外線対策も含めてぜひご購入してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す