利用シーンに合わせて選べるイヤホンとは?豊富なイヤホンの種類!

イヤホンはスポーツ時にも使える防水タイプも存在する

イヤホンはスポーツ時にも使える防水タイプも存在する
ジョギングをしたりウォーキングなどの運動をする際、音楽を聞きながらやラジオを聞きながらのことがあります。
ジョギングをすると汗をかいたりして濡れたり、体に見いつけるものなのであまりよろしくありません。

イヤホンを機能面も考慮して選ぶとき、防水タイプを選ぶことをおすすめします。
これなら、濡れたとしてもイヤホンが故障することはありませんし、雨のときなどでも故障を防ぐことができます。

イヤホンはコードのないワイヤレスタイプも存在する

イヤホンはコードのないワイヤレスタイプも存在する
イヤホンは、携帯オーディオプレーヤーなどに接続して使用します。
ケーブル接続で使用していきますが、これが邪魔になることがあります。

イヤホンの中にはケーブルに工夫を施しているものがあり、その中の1つにワイヤレスタイプがあります。
その他、収納時にコンパクトにまとめられるものがあり、これなら絡みにくくなります。

イヤホンは携帯電話などに使う片耳ヘッドセット

イヤホンは携帯電話などに使う片耳ヘッドセット
歩きながらや自動車の運転をしながら携帯電話などの操作は行えません。
周りの音が聞こえる状態で、ハンズフリーであれば問題も少し減ってくるのではないでしょうか。

そんなときに上手く対応できるイヤホンがあります。
片方のみなので、もう一方の耳から周りの情報が得ることができます。

聞くだけでなくマイクもあるので、それを使うことで会話を楽しむこともできます。
携帯電話を持っていないのに、歩きながら通話をすることができます。

イヤホンは余計なノイズを減らせるタイプも存在する

イヤホンは余計なノイズを減らせるタイプも存在する
電車内などで音楽を楽しみたいのに、電車や周りの雑音などが気になって音楽に集中できない時があります。

イヤホンの中には、ノイズキャンセルと呼ばれる機能が付いているものがあり、雑音を打ち消す音を出すことによって聞きたい音楽のみを集中して聞くことができます。
しかし人の声などは消すことはできない仕組みになっています。

イヤホンの形状の種類

イヤホンの形状の種類
一般的なイヤホンは耳の穴に差し込むタイプでしょう。
耳に密着させることで、音漏れなども防ぐことができ上手く耳に音が伝わってきます。

しかし、耳に直に接している形状をしている為、場合によっては耳が痛める場合があります。
他のタイプだと耳にかけるものもあり、耳の穴とイヤホンとは離れているので、耳を痛める心配はありません。
しかし接地面が完全に密着していない為音漏れをすることがあるので、利用するときは注意しないといけません。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す
レビューの一覧はコチラ