GoProを持って出かけよう!思わず欲しくなる3機種を徹底比較!

話題の #GoProのある生活

話題の #GoProのある生活

Instagramで一度は見たことのあるハッシュタグ、 #GoProのある生活。
もしくは #GoProのいらない生活。
だいぶ有名になったGoProというワードですが、いまいちなんのことか分からない人って多いのではないでしょうか。
今日は、興味がなかった人も思わずGoProが欲しくなる、ゴープロのある生活をご紹介致します。

アメリカのアクションカメラのブランド、GoPro

アメリカのアクションカメラのブランド、GoPro

GoProとは、アメリカの企業が作るウェアラブルカメラ・カムコーダのブランドで、アクションカメラブームの火付け役。
探検での撮影などに使うヘルメットカメラなどプロにも愛用されているカメラなんです。
てっきり広角カメラ全般を指すと思っていたり、おしゃれさんが愛用するファッションカメラだと思っていた人もいるのではないでしょうか??
GoProがきっかけとなってブームになり、今では国内メーカーも多く作っているアクションカメラですが、その特徴は小型で軽量、防水であること、コンパクトな見た目と裏腹にアウトドアのシーンで臨場感ある写真をかなりの高解像度で残せるという点です。
数種類のモデルが存在するGoProですが、いずれも手のひらサイズです。
小さいとどうしても画質が落ちそうなイメージですが、全くそんなことはありません。

こちらはGoProが公式に公開する動画で、去年10月に発売されたシリーズ最高峰と言われる「HERO5 Black」の映像です。
どうですか、衝撃の高画質じゃありませんか?
アナログ人間には手のひらサイズのカメラでこの画質の動画が撮れるなんて、とても信じられません。
YouTubeで検索すると、パラグライダーやスノーボード、スキー、サーフィンやカヌー、スケートボードなど、いろいろなアクティビティでGoProが使われている動画が見られますよ。

GoProには現在3つモデルがある

HERO5 Black
HERO5 Session
HERO Session

先ほどご紹介したHERO5 Blackのほかにも現在2種類のモデルが存在します。
(価格は公式サイトの記載を参照しています。)
価格コムなどを見ると旧モデルも多く存在しますが、新モデルになるごとに解像度のアップやノイズの低減の点でパワーアップしており、暗所での撮影でもザラザラ感のないきれいな撮影が出来ます。
手っ取り早くスペック比較して、価格とスペックの面で自分に適したモデルを選びましょう!

HERO5 BlackHERO5 SessionHERO Session
画質4K30/1440P80/1080P1204K30/1440P60/1080P901440P30/1080P60
視野界 (FOV)SuperView、ワイド、ミディアム、魚眼無効、ナローSuperView、ワイド、ミディアム、魚眼無効、ナローワイド、ミディアム
4K30、25 fps ワイド画角、24 fps SuperView、ワイド画角SuperView、ワイド、ミディアム、魚眼無効、ナローワイド、ミディアム
防水○(10メートル)○(10メートル)○(10メートル)
Wi-Fi・Bluetooth
タイムラプス(コマ撮り)12MP / 30 FPS連写タイムラプス10MP / 30 FPS連写タイムラプス8MP / 10 FPS連写タイムラプス
風音低減機能
シンプルなワンボタン コントロール
音声コントロール×
ビデオ安定化×
クラウドへの自動アップロード×
タッチパネル××
位置情報取得××
RAW + WDR 写真××
ポートUSB-C、マイクロHDMIUSB-Cmicro-USB
価格¥53000¥39500¥19500

スペックに伴ってもちろん価格も結構違うわけですが、エントリーモデルのHERO Sessionだと結構画質が落ちるのか?と思いきや、そんなことはありません。


2万円を切る価格でもこのクオリティ!!
たまにのアウトドアで使う分には十分じゃないでしょうか?

暗所でもきれいに撮れる

暗所でもきれいに撮れる

先述の通り、暗所でも驚くほどきれいに撮れます。
アウトドアなスポーツはあまりしない人でも、夜景や花火、クラブパーティーなど活躍のシーンは様々です!
コツはISO感度を上げてfpsを下げ、ローライトをオンにすることです。

タイムラプスで景色の移り変わり・旅のダイジェストが楽しめる!


動きのある動画のイメージが強いアクションカメラですが、こういった定点カメラのような使い方も魅力的ですね。

アクセサリーが充実・使いまわせる!

ゴープロは別売りのアクセサリーも充実しています。
例えば防水ケースをつけると水深約40メートルでも撮影も出来るので、本格的なダイビングでの撮影も可能。
そしてアクセサリーはゴープロ共通なので使いまわせます。
地味にありがたいポイントですね。

4K動画が撮れる


散々高画質と言ってきましたが、ブルーレイも超える4K動画が撮れるんです。
とことん画質にこだわる人には本当におススメ!

小さな落とし穴!ズームが出来ない

案外知らない人が多いと思いますが、GoProは実はズームが出来ません。
なので単に景色を撮ったり人を撮ったりするのなら一眼の方が使い勝手が良いと言えます。
一眼にプラスして持つと写真や動画の幅が格段に広がりおススメです。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す