ヘアアイロンは忙しい朝の味方?それだけじゃないシーンに合ったヘアアイロンの選び方とは?

毎朝の時間を短縮

毎朝の時間を短縮
寝相が悪く朝起きたときに髪がはねまくっていれば、朝から大慌てになってしまいますよね。
ぼさぼさの髪のままでは出勤することが出来ませんので、何とかして髪を整えて出かけなくてはなりません。

貴重な朝の時間、一度髪を濡らしてから乾かしてセットしてと、大慌てでセットをするようになります。
そんな朝のあわただしさを解消する為に、ヘアアイロンの購入をおすすめします!

ヘアアイロンの使い方

ヘアアイロンの使い方
ヘアアイロンを使用するときに気になるのが、髪の傷みではないでしょうか。

ヘアアイロンは少なからずドライヤーとは違い直接髪をはさむ形で髪を伸ばしていきますので普段ドライヤーで済ませていた人は特に髪の傷みが気になってしまうかも知れません。

しかし、使い方によってその度合いが変わってきます。
使い方として正しいのは、低温で長時間使用するよりも、高温で短時間使用する方法です。

低温の方が傷みにくいかと思われる方が多いのですが、実際使用してみると低温の場合なかなかスタイリングが決まらず髪を何度もヘアアイロンに当てて仕上げる結果傷みやすくなってしまうのです。

しかし高温の場合だとヘアアイロンを1度通すだけでストレートになりやすいので傷みが少なくなってきます。
そのため高温で短時間使用する方が、髪を無駄に傷めるとがないので、高温でさっと済ませるようにするのがコツです。

ヘアアイロンの最適な温度

ヘアアイロンの最適な温度
ヘアアイロンの使用時には、160から180度くらいの間で使用するといいでしょう。
その範囲内で、自分の髪質に合った温度を設定して使うのが理想的です。

髪が細かったり柔らかい場合は低め、髪が太かったり硬めの場合は高めに設定してあげると綺麗に仕上がっていくでしょう。
ヘアアイロンを使い続けていくと段々と自分に合った温度を見つけることが出来るのではないでしょうか。

コードレスのヘアアイロン

コードレスのヘアアイロン
コードレスタイプのヘアアイロンは使いやすさに定評があります。
コードがついているタイプを使用すると、左右の手で持ち替えたりする際にコードが邪魔になり使いづらくなることがあります。

使っていて不便に感じることが多くなるでしょう。
その分コードレスとなると動かせる範囲が広がるので自由が利きますし、コンセントが無い場所でも使用できるので外出先にとても重宝します。

旅行に行くときにも持っていくことが出来ますし、仕事の休憩時間などでも使うことができますね。
ヘアアイロンを持ち歩いていれば、バイクで通勤している人も、コードレスのヘアアイロンを持ち歩けばヘルメットで髪が乱れて困るということもありません。
職場についたときに、さっと直すことができますので、今までの悩みを解消できるはずです。

ヘアセットが上手くできないと、一日中憂鬱な気持ちで過ごさなくてはなりませんが、うまくスタイリングすることが出来れば明るい気持ちで一日を過ごすことが出来ます。

コードレスタイプのヘアアイロンの選び方

コードレスタイプのヘアアイロンの選び方
今はコードレスタイプのヘアアイロンもたくさんの種類が販売されています。

コードレスタイプのヘアアイロンとなると電力がコンセントから供給されるわけではなく乾電池式や充電式など様々な種類があります。
そのため電力が弱く温度が上がらないタイプや、重くて使いづらいものもあるのでしっかり確認してからの購入をおすすめします。

価格自体は低価格なものは数千円からありますので、価格と機能が見合ったものを見つけると良いでしょう。

ヘアアイロンを一つ持っていると普段使わない人でもいざというときにとても便利です。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す