ヒゲはアリ派?ナシ派?今時のヒゲ事情について

男性のヒゲはアリ派?ナシ派?

男性のヒゲはアリ派?ナシ派?

男性のヒゲは、女性からするとかなり好みのわかれるものであり、また年代によっても価値観の違いから評価のされ方に異なりがあります。 傾向としては、若いまだ学生のような女性からは、比較的ヒゲは濃くない方が支持されている傾向はありますが、シェーバーできちんと手入れしていれば不満はないと言う人が多いです。

大人の女性たちからは、男性のヒゲは時にセクシーとも言われ人気は高く維持されている傾向が見られます。 こちらもあくまで清潔感は大切という意見が多く、生やしっぱなしのような汚いものでなければウェルカムという意見は少なくありません。

また、仕事を頑張っている男性が仕事明けにヒゲが伸びているとかっこよく感じるという意見も聞かれます。 ヒゲが有るか無いかより剃り残しがないか、生やすなら形や長さがトレンドに合っているか、本人の顔に似合っているかということの方が重要視されている感もあります。

男性のヒゲはアリ派?ナシ派?

元々ヒゲは男性ホルモンのテストステロンの象徴でもあるので、女性からするとセクシーに感じたり本能に訴える力が強い要素です。 生物学的にもテストステロン分泌値の高い男性の方が子どもを多く作れる可能性が高いであったり運動機能が高いという研究結果もあるので、女性の本能がそれを望むことはある意味当たり前です。

ヒゲがない状態は本来の生物学的な観点からすれば男性性の欠如という事になります。 またオシャレに整えたヒゲの人気については、俳優やスポーツ選手がオシャレヒゲを生やしているのも影響していると考えられます。

肉体を鍛えたスポーツ選手がオシャレヒゲをたくわえているのが女性から圧倒的に支持されるのは、その男性性の強さがDNAに訴えかけるからとされます。 時によりトレンドは変わりますが、本来の意味からしてヒゲアリ派が少数派になることは余り考えられません。

最近、巷ではメンズ脱毛が流行っている

最近、巷ではメンズ脱毛が流行っている

電車のなかやテレビ等、多くの場で目にするようになったメンズエステの広告では、男性の毛についても女性並みに脱毛を徹底することを推していることがよく見られます。

確かに脇などは臭いの元になるので脱毛すると雑菌の増殖を効果的に防げるということが分かっていますが顔は脇と違い常に空気に晒されているので蒸れたりしませんので脱毛効果の意味合いが違います。

近年は大学生や若い男性を中心に、ファンデーションをつけたり美容に意識の高い方は増えており、潔癖症の増加もあいまってか、脚や腕中にとどまらずいわゆるVIOゾーンまで全てのむだ毛を全て無くす人も出てきています。

元々個人差のあるものですから、あまりにも剛毛で悩んでいる人や手に負えない人にはメリットを見いだせるのは頷けます。

男性性の欠如をあえて選ぶというのは、ファッションとも連携してくるジェンダーレスの時代の流れからすると合点のいく現象ですが、脱毛後はそれまでにないつるつるの手触りに手応えを感じる人も多いですが、ヒゲも含め人体の毛は無くすと元に戻すのは現在の医療では難しく、後からまた欲しくなったとしても後悔することも有り得るのが現実です。

今後医療の進化で再度毛根を復活させることも出来るようになるかも知れませんが、現実としてはまだ目処はたっていませんから、よく考えてから決断をするのが吉です。 サロンによってサービスやアフターケアもかなり違いがあるのでよくリサーチする必要があります。

また、痛みを伴うこともあるので、痛みに弱い人にはストレスも発生することがあります。 この辺りは個人差の大きいところです。 とくにメンズ脱毛においては脇や胸毛に比べ目立つ顔の毛であるヒゲは慎重にカウンセリングしてくれるサロンを選ぶことが重要になります。

脱毛して後悔している人が続出している?

脱毛して後悔している人が続出している?

ヒゲを脱毛するのに、若い方が多いことは触れましたが、その為か後からライフスタイルや価値観が変わり後悔する例も出てきています。

脱毛当時に付き合っていた彼女の好みがつるつるの肌だったのでヒゲを無くしたのにパートナーが変わりヒゲが好きな人とお付き合いが始まることもありますし、また本来は自然に生えていた毛を無くすと個人差はあれどその箇所の肌が乾燥するという経験談もあります。

乾燥をケアするのに結局保湿液による手間や浪費を要するという経験談もあり、その場合はその後の人生をずっと保湿に気を付けてお金をかけなくてはいけなくなるリスクもあるということは現実です。

とくに元々敏感肌の人が脱毛をした場合、年齢を重ねると共に皮脂や水分含有量を保持出来なくなりやすいので、脱毛の数年後や十年後に後悔するという話もあります。 そして馬鹿にならないのが費用です。

広告などを見ると安く感じてしまう人もいますが、サロンでの行為には脱毛等本来の目的以外にもその他の費用がついて回ることが通常ですから、脱毛後の手入れ用の化粧水や美容液乳液の購入やサロンまでの往復交通費等を合算すると、当初想定していた金額を大きく上回ることはよくあります。

何回サロンに通うのかは実際にやり始めてみないと分からないので、通うのに時間をとられることと、その終わりの目処が立ちづらいのも難点です。

ヒゲが濃い人は通う回数が増えることが通常ですが、肌の色や強さによっても変わってきます。 しかも途中でやめてしまうと他の部位より変な仕上がりになってしまうので、始めるときによく考える必要があるということです。

広告などを鵜呑みにしすぎず冷静に判断して行わないと後悔に繋がることがあるのです。 年が上がると価値観が変わるのは当たり前まですし、仕事の上でも役職も変わりヒゲがあった方が威厳を出せるなどという状況になる人もいます。 ピアスホールなどと違い取り返しがつかないのが難点です。

BRAUN 9295ccおすすめ理由

BRAUN 9295ccおすすめ理由

BRAUN 9295ccは、シェーバーの中でも高機能と質の高いケアを誇っています。 持ち手の心地良さ、歯の滑り具合は定評があり、付属品も安定感があり、四枚歯が確実にヒゲをとらえながら敏感な肌を守りながら的確にヒゲを剃れるよう工夫されているため安価ではありませんが、ずっと付き合う自分の肌に自信を持ちたい男性にはおすすめできる一品です。

色合いも、男らしさのなかに洗練されたスタイリッシュを込めたものとなっており、シェーバーのなかでもアーバンなオシャレ度が高い部類です。 剃り味が良いだけでなく、その後の肌ががさつきにくいことを実感する方は多いです。

色々なセット売りもあるので、電動歯ブラシとセット購入や替え刃とセット購入や選択肢が豊富なのも利点です。 メーカーは男性の身だしなみの大切さと使い心地のよさ、その中での最適な価格を追求しており意識の高い男性の心強い味方になり得ます。

良いシェーバーと出会えれば大変なサロン通い等をしなくても男をあげることは可能だと実感出来る上、後々に遺恨を残すこともありません。 良いシェーバーを買う方がデメリットがなくリスクのない選択と言えます。また洗面所に良いシェーバーがあると、女性から好印象を持たれやすいです。

身だしなみに気をつかえる出来る男の印象を与えるからです。 安物を使って剃り残しや肌荒れを招いて評価を下げるより、ハイランクなシェーバーで差をつけることは男性のセルフイメージにも自信を与えます。

良いものを持つうちにその自信からより積極的になれるということは心理学でも言われています。今男を上げたい人に良いシェーバーのひとつがBRAUN 9295ccです。

この商品のご購入はこちら▶

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする