自宅でジェルネイルをやりたい!UV?LED?おススメのジェルネイルライト

セルフネイルをしている人って最近多いですよね。
ネイルサロンに行かなくてもそれなりにかわいく出来るし簡単だよ~とは聞くものの、果たして自分に出来るのか・・。
ネイルを乾かすための硬化ライトの値段もピンキリで、安いやつだと不安だな~とも思いますよね。
どれがいいのかいまいち分からない自宅用ジェルネイルライトについて調べてみました。

セルフジェルネイルのススメ

セルフジェルネイルのススメ

基本的な手順は?

基本的な手順は?

簡単に手順をご説明すると、

1.前処理をする(プレパレーション)
2.ベースジェルを塗布
3.ライトで仮硬化(10秒)
4.カラージェルを塗布(1度目)
5.ライトで仮硬化(10秒)
6.カラージェルを塗布(2度目)
7.ライトで仮硬化(10秒)
8.トップジェルを塗布
9.ライトで完全硬化(20秒)
10.未硬化ジェルを拭き取る
11.完成!
(照射時間はジェルに記載されているのでそちらを参考にしてください)

前処理とシンプルに記載しましたが、この中にも

1.ファイリング(爪を削り形を整える)
2.甘皮処理
3.ガーゼクリーン(ガーゼで指を湿らせて爪の汚れを落とす)
4.サンディング(自爪の光沢をとる)

という工程があります。
きれいに長持ちさせるには、この手順がとても重要なんだそう。

前処理せずにネイルをすると爪とネイルとの密着が甘く、間から水などが入ると緑膿菌が繁殖して「グリーンネイル」という爪のカビが生じます。
悪化するとクリニックなどに通わなければいけなくなるので、丁寧な前処理とネイルオフが重要!
しかしサンディングという工程は爪を削る行為なので、爪が薄くなる危険性もあると、最近ではノーサンディングのジェルも出ているそうです。自分の爪のコンディションをよくチェックしましょう!

また、ジェルが爪からはみ出た状態でライトをあててやけどしたという人も結構いるようです。
これはジェルにライトをあてると硬化する際に熱が生じるからで、爪が薄い人は爪の上からでも熱く感じるのだそう。
爪からはみでたジェルはしっかり取り除いてライトをあてることもとても大切です。
自分のつめに合った正しい手順で安全にネイルを楽しみたいですね。

UVライト?LEDライト?何がおすすめ??

UVライト?LEDライト?何がおすすめ??

ネイルに必要な道具が一式揃ったジェルネイルキットは4000円ほどのものから2万円近くするものまでと、お値段のふり幅が大きいですよね。
その差は硬化用のライトの価格に左右されていることがほとんどです。
硬化用のライトには「UVライト」と「LEDライト」の2種類あり、UVライトは硬化時間がおよそ2分なのに対し、LEDライトは10~30秒とかなり短く、その分UVより高価になります。
また、ジェル自体も、UVライトのみ対応、LEDライトのみ対応、UVとLED両方に対応しているものがあり、UVライトの方がLEDよりも前から使用されていた為、対応しているジェルが比較的多かったようですが、今ではほどんどのジェルがLEDに対応しているので、あまり心配しなくても大丈夫そうです。
が、買いそろえる際は一応確認しましょう。
UVは価格が手ごろで手が出しやすいですがもちろんデメリットもあり、消費電力が大きくてランプに寿命がある為、ランプを1年程度で買い替えないとパワーダウンしてきます。
9W、12W、36Wなどライトの出力の大きさによっても値段は変わり、UVライトに関しては出力が大きいほど硬化速度が速いので、これも大きいほど高価になります。
サロンでは36Wのものが多く使われています。
ワット数の低いUVライトは硬化が遅いのがとてもストレスになるのでおススメできません。
しかし、ワット数が大きいと替えのランプもその分高価になるというデメリットも・・。
ちなみにいわゆる激安ジェルネイルキットなるものには、ワット数が少ないUVライトが付属していることが多いです。
LEDも価格帯が下がり手が出しやすくなってきているので、デメリットがなくて硬化が早くノンストレスでジェルネイルを楽しめるLEDライトの方が、長い目で見たときはおススメと言えます。
また、1本ずつ硬化するタイプのライトもありますが、初心者はムラなく硬化できる5本指が入るタイプがおすすめです。

おススメジェルネイルキット

UVライト?LEDライト?何がおすすめ??

では一体どんなものがおススメなのでしょうか??
せっかく買うなら長く使えて損しないライトがいいですし失敗したくないアイテムですが、続けられるか不安でもあるし、高価なライトは買えない・・
という、初めてのネイルライト選びの条件について徹底的に調べてみました。
その結果、
・今から買うならUVよりLEDが賢い買い物!
・ワット数より「ちょうどよい大きさ」を重視
・つけっぱなしを防ぐオートオフがついている
この3点さえ守れば、初心者には十分かな?という結果にたどり着きました。
UVライトはワット数に大きく左右され照射時間にムラがありましたが、LEDライトはそれ自体がなかなか強力でUVライト程のムラはないので、初心者であれば硬化時間の短縮にそこまでこだわらなくても十分満足いくのではないかと思います。
自分の爪だけに2~3週間に一度ネイルをする程度であれば、オートセンサーなどの凝った機能やプロ仕様なみの硬化速度よりも、収納しやすいコンパクトさと最低限のオートオフを搭載したLEDライトで最初はネイルを楽しむのが良いかと思います。
ではそんなネイルライトがついたおススメネイルキットには、どんなものがあるのでしょうか?

プロがつくったジェルネイルブランドby Nail Labo

プロがつくったジェルネイルブランドby Nail Labo

by Nail Laboは、ネイルデダンス、プレストなどプロのネイルブランドのセルフネイルラインなので、使い勝手や質、安全面も安心して使えます。
ノーサンディングで爪に優しく、ジェルはコンテナではなくマニキュアボトルタイプなので、初心者でも塗りやすいです。
ライトもコンパクトで言うことなし!

キットの内容も無駄がなく充実しています。

プロがつくったジェルネイルブランドby Nail Labo

こういったスターターキットでは余らせがちな無駄なデコパーツなどより、ジェルの質とリムーバーの爪への優しさが重要です。
このキットはちょうどよいセット内容で質も申し分なし。
ジェルの発色がよく一度塗りでも十分なのも嬉しいです。
かんじんのライトはLED3灯で硬化時間は30秒。
30秒で消えるタイマーつきです。
よく水仕事をする主婦の方などでも、こちらのジェルの持ちは約2週間。
ノーサンディングだともちが悪いとの話もありますが、十分もってくれますね。

まとめ

ネイルは正しくやらないと爪を傷めたりやけどしたり感染症になる危険さえあります。
よく分からないままやるのは危険なんですね・・。
体質や自分の爪、正しいネイルについてよく調べてライフスタイルに合ったセルフネイルを楽しみましょう!

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す