おすすめ浄水器|浄水機の機能と種類、選び方一覧

浄水機の必要性

地方から都心へ越してきた方にはよくわかると思いますが、都会の水道水はかなりまずい。

カルキくさかったり、なんか濁った色だったり、舌触りがすこしざらつくような感覚だったり。

地方の水道水なんかは、直接飲んでも美味しかった場所もあリますが、
東京では直接飲むなんてことはほとんど有りません。

料理には使いますが、このまずい水道水を使っての料理もすこし気が引けます。
とはいえウォーターサーバーを置く余裕もないし、市販のミネラルウォーターを毎回買ってくるのも面倒。

ということで、浄水器をつける事で、ココらへんを解消できないかと思ってはいるのですが、
浄水機でそこまでキレイに、うまくなるのかも不明なため、購入には至らない状態。

ここではそんな疑問に応えるべく、浄水機の機能がどこまでなのか書いていこうと思います。

浄水機の種類とオススメ洗浄機

浄水機の種類を分けるには、設置方法、不純物の除去能力、カルキ臭の消臭能力、有害物質の除去能力、フィルター構造の違いで分ける必要が有ります。

その中で、現在販売されている種類をタイプで大まかに分けると

  • ポット型の浄水器タイプ
  • 蛇口に取り付けるタイプ
  • タンクが付いた据え置きタイプ
  • アルカリイオン整水器タイプ
  • 電解水素水整水器タイプ
  • 逆浸透膜浄水器タイプ

に分けられます。

ポット型の浄水器タイプ



ポット型タイプは、その名の通り、ポットの中に水道水を入れておき、内蔵されたフィルターを通して水をクリアにします。

価格帯も低いので、浄水機の入門編といったところ。

特長として、冷蔵庫の中に入れて保存することができるので、いつでも冷たい水が楽しめます。
フィルターの交換目安は2ヶ月ですこしまめな管理が必要ですが、持ち運びできて便利な商品です。

おすすめのポット型浄水器「ブリタのマレーラCool」


ろ過時間が他の商品とくらべて短く、ろ過中でも水を注げる、使い勝手のいい商品

蛇口取り付けタイプ



最もポピュラーの浄水機。

その名の通り、蛇口に取り付けるタイプで大体3,000円~7,000円ほどで流通しており、フィルターが月平均1,000円程度です。

水道につけることで、料理や洗い物、飲水としていつでも好きなだけ出す事が可能です。

種類も豊富で、ピンきりの商品数がありますので、希望する品質に併せて価格帯を選ぶと良いと思います。
大体3,000円程でも、そのままの蛇口からの水道水に比べれば、水本来の味や清涼感のある匂いに近づけます。

一点注意事項としては、取り付け時に良く商品の設置部分と蛇口の形を確認しておく必要がある事です。

おすすめの蛇口取り付けタイプ「三菱レイヨンのクリンスイ MONO」



価格的にも機能的にもオススメの商品。
トリハロメタン、クロロホルムといった代表的な不純物を約80%を除去でき、全13種の協会指定有害物質も除去が可能です。
外からフィルターの汚れを確認できてフィルター交換も簡単で、1個のフィルターで3ヶ月持ちます。

ただ、しっかり除去効果を発揮したいのであれば、水をゆっくり流す必要が有ります。

タンクが付いた据え置きタイプ



こちらは値段が張りますが、タンクの中に水を入れて浄水するタイプ。
流しの下にタンクを設置するタイプが多い様です。

値段が張るぶん、ミネラルウォーターが自動でいくらでも生成できる位の洗浄力。
大体の有害物質を完全に滅菌し、細菌や寄生虫などの微生物やサビやカビ等も防ぎます。

タンク容量2Lタイプで約3万円~。
更に大きいものや高性能なものを選ぶと7万円ほどになります。

カートリッジの交換も年に1回と長く、安心して利用可能です。

ただ、永くろ過水を保存して置けない部分は注意が必要です。

おすすめのタンク付据え置きタイプ「Panasonic TK-AS43-P」



生産が終了してしまいましたが、大人気の機種。
浄水カートリッジは約2年間も交換が不要で、キッチン横に置いておいても不自然じゃないシンプルなデザイン。

除去対象の13物質もしっかり除去し節水製もある浄水機です。

価格は5万円代と、すこし値が張ります。

整水器タイプ



こちらは「浄水機」、ではなく「整水器」。

整水器とは、浄水器の機能に加え、アルカリイオン水や水素水を生成する多機能タイプです。

浄水機の浄水効果に、更に水の性質を変化させるより健康的で美味しい水を作るタイプ。

おすすめの整水器「Panasonicのアルカリイオン整水器 TK7208P-S」



価格は2万円台で、タンクタイプより安く、性能も高品質です。

また蛇口取り付けの簡易タイプより性能が高いため、長期的な利用を考えると1番オススメなタイプです。

逆浸透膜浄水器タイプ



逆浸透水とは、ろ過の方法の一つで、不純物、雑菌、細菌に加え、重金属を除去してくれるタイプです。

放射能の除去も可能ということですが、各機種で性能差も激しく、賛否両論あるタイプ。
取り扱うためには、ある程度の知識が不可欠になります。

浄水器を選ぶうえでのポイント「NSF」とは



NSFとは国際的な第三者機関が、食品や飲料水、空気等の生活環境、公衆分野において、安全性確保とリスクの管理を目的とている団体です。

この団体によって与えられる「NSF認証」は厳しい審査をクリアした浄水機のみ取得できるため、
良い洗浄機を選ぶ一つの基準となっています。

浄水機とウォーターサーバーのランニングコストは?

ウォーターサーバーのコストといえば、「水」そのもの。
更に年1くらいでの「サーバー交換」のメンテ費もあります。

ウォーターサーバーのコスト

おおよその平均価格で月のコストを計算すると

水のボトル2本分(3,500円程)+ 電気代(1,000円程)+ メンテ費(月換算で400円程)

つまり月間5,000円。年間で60,000円程になります。

浄水器のコスト

レンタルや無料の製品があるウォーターサーバーと比較すると、
浄水機に関しては種類によって「初期導入費用」つまり本体の購入費用がまずかかってきます。

それに加え、カートリッジ(フィルター)代がかかります。

蛇口に付けるタイプなら、2,000円~5,000円程(交換時期:1~2ヶ月)。
据置型のものであれば、10,000円~30,000円程(交換時期:半年~1年)。

が平均価格。

おおよその真ん中位の浄水機を選ぶと、
本体価格(1,0000円程)+ カートリッジ(2,500円)

で初月は12,500円。年間で40,000円程になります。

浄水機の場合、初期費用さえ出せれば、後は使えば使うほどウォーターサーバーよりお得になってきます。

カートリッジ(フィルター)のタイプ

一個一個の機種に専属のカートリッジが存在しますが、このカートリッジ内に付いているフィルターについても、
購入チェックしておきたいポイントです。

参照:http://j-water.jp/water-filter/filter.html

浄水機利用者の声

赤ちゃんのミルクを作る際に重宝。安心して使える。
粉ミルクの調乳や離乳食などで安心して使える。

衛生面では浄水器より水道水のほうが一般には安全。

浄水器を付けるだけで、美味しいゴハンが炊けたり美味しい水が飲めますよ。

浄水器はお勧めしません。水にお金をかけるのなら私はサーバーをお勧めします。

カルキ臭が無くなり、美味しく飲めます。炊飯にも勿論使用しています。

アルカリイオン水ってのはそんなに美味しいものではありません

人が飲んで美味しいと感じるのはpH6.7~6.8程度の弱酸性

アルカリ性の水は苦みがあります。また慣れないと下痢気味に

塩素除去は飲み比べたら結構違いがわかりますよ

蛇口付けタイプの安いな浄水器でもけっこう違いがわかります

安物は中空糸フィルターのみのものが多い

活性炭フィルターを資料した高級なものだ全然違います!

浄水器付きの蛇口でもある程度の改善にはなりますが、本格的な浄水器と比べるとその差は歴然です。

まとめ

浄水機に対して購入の意欲がそこまで高くなく、でも買ってみたい状態であれば、
まずはポット型の浄水機から → 蛇口取付 → 据え置きの整水器タイプと徐々に買い進めていくことをおすすめします。

またウォーターサーバーとの比較でいうと、飲み水に特化して使うならウォーターサーバー。
飲水だけでなく料理等にも幅広く使う、また長期的に利用するとなると浄水器がおすすめです。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す