おすすめ浄水器の購入後押し決定版!手軽さで選ぶならコレです!

おすすめ浄水器選びに

浄水機の必要性

地方から都心へ越してきた方にはよくわかると思いますが、都会の水道水はかなりまずい。
カルキくさかったり、なんか濁った色だったり、舌触りがすこしざらつくような感覚だったり。
地方の水道水なんかは、直接飲んでも美味しかった場所もあリますが、
東京では直接飲むなんてことはほとんど有りません。

料理には使いますが、このまずい水道水を使っての料理もすこし気が引けます。
とはいえウォーターサーバーを置く余裕もないし、市販のミネラルウォーターを毎回買ってくるのも面倒。

ということで、浄水器をつける事で、ココらへんを解消できないかと思ってはいるのですが、
浄水機でそこまでキレイに、うまくなるのかも不明なため、購入には至らない状態。

ここではそんな疑問に応えるべく、浄水機の機能がどこまでなのか書いていこうと思います。

おすすめ浄水器の目次

一般家庭の水道の衛生事情、水道水がおいしくないワケ

日本の水道はいつでもひねれば衛生的に管理された飲み水が出てくる生活するのになくてはならないものです。
しかし浄水場から各家庭に水道水が届けられるまでには、地中にうめられた配水管を通って飲み水が出てくる仕組みになっています。

浄水場では飲み水にするために体に優しい水道水に仕上げる為の様々な取り組みが行われているのですが、家庭の蛇口から出てくるまでに水道水を不味くしてしまう原因があるのです。水道水のシステムが普及し始め整ったのはここ数年の話ではありません。 長い年月で配管の中は錆が発生することで、水道水には鉄臭いといった異臭がついたり、衛生面を考慮して塩素などを混ぜることで蛇口から「飲むこと」が可能な水を出しています。
また貯水タンクといった一時的に水をためておくシステムは、定期的に清掃を行う必要があるなど水質とともに衛生面などに関わる重要な部分でもあるのですが、建物の持ち主や管理者に管理が任されるので、しっかりとした衛生管理が行われていない場合、水質を下げる原因にもつながります。

このような点が水道水がおいしくないワケとなってしまうのです。

錆の発生した配管を清掃するには特殊な清掃器具を使用して行う必要がありますが、義務化されておらず、また個人の管轄場所のみに限定がされるので錆臭さがなどが気になる場合は個人で業者に依頼を行うことになります。近年健康志向などの影響を受け、清掃作業を個人で依頼する方も多いようですが、料金などがネックとなりそのまま放置になるケースも少なくありません。
不味い状態の水道水で作られた飲み物や食べ物は味が変化してしまうばかりか、含まれている有害な成分を除去できていない為に体にも影響がでる可能性も否定はできません。

水道水をそのまま飲み水にする事を止めて様々なタイプの浄水器を使用したり、宅配の飲料水をレンタルや購入するといった方法を選ぶケースも多いようです。
一番簡単な方法は浄水器を取り付けたり、ポット式の浄水器を使用することで、水道水がおいしくないワケを取り除くことができるので、自宅の水道水の質が気になっている場合は自分の予算と生活スタイルに合った浄水器を試してみるのもひとつの方法といえます。家庭用の浄水器のフィルターには除去できる有害な成分が多く手頃な価格や手入れの手間が少なく済む優秀なものも多く流通しています。
また蛇口にとりつけるタイプはレバー切り替え操作で直接使用することが可能であったり、ポットタイプも冷蔵庫に入るスリムタイプなどライフスタイルに合わせたアイテムが販売されています。

浄水機の種類とオススメ洗浄機

浄水機の種類を分けるには、設置方法、不純物の除去能力、カルキ臭の消臭能力、有害物質の除去能力、フィルター構造の違いで分ける必要が有ります。
その中で、現在販売されている種類をタイプで大まかに分けると

  • ポット型の浄水器タイプ
  • 蛇口に取り付けるタイプ
  • タンクが付いた据え置きタイプ
  • アルカリイオン整水器タイプ
  • 電解水素水整水器タイプ
  • 逆浸透膜浄水器タイプ

に分けられます。

家庭用浄水器の人気タイプはカセット式浄水器とポットタイプの2種類

水道水をもっと美味しく飲みたいという需要は高く、家庭用浄水器の売上台数はかなり伸びています。価格帯はさまざまで、安価なものでは1万円を切る製品もありますが、高級機種であれば10万円を超える製品も見られます。一般家庭用浄水器に求められる性能である「水道水を綺麗にして美味しく飲める水を生成する」という機能という観点では、安価な製品も高級機種も目指すところは同じです。多くの種類の中から自分の生活にフィットした家庭用浄水器を選びたいものです。

人気があるのは比較的リーズナブルな価格で販売されている「カセット式浄水器」と「ポットタイプ浄水器」の2種類になります。これらの機種は実売価格が1万円前後の製品が多く、実質的な家庭用浄水器のスタンダードとして普及しています。ここでは、それら2種類の家庭用浄水器についてそれぞれの特徴を比較していきます。

ポット型の浄水器タイプ

ポット型タイプは、その名の通り、ポットの中に水道水を入れておき、内蔵されたフィルターを通して水をクリアにします。価格帯も低いので、浄水機の入門編といったところ。

特長として、冷蔵庫の中に入れて保存することができるので、いつでも冷たい水が楽しめます。
フィルターの交換目安は2ヶ月ですこしまめな管理が必要ですが、持ち運びできて便利な商品です。

ポットタイプの製品は、水道水を汲み置いて中のフィルターを通過させて綺麗な水を得るという比較的簡単な機能の製品です。構造が簡単なこともあり家庭用浄水器製品群の中では最もリーズナブルな価格で手に入れることができるという特徴があります。1回に生成できる浄水は1リットル前後であることが多く、そのまま冷蔵庫に入れて冷やして飲むことも可能です。海外(ドイツ)のメーカーの製品が最も有名で、デザインもスタイリッシュであることからとても人気があります。冷やした浄水をそのまま食卓に運び、飲用として提供するという使い方もできるのでおすすめです。ポットタイプの家庭用浄水器は、およそ3,000円から5,000円前後の実売価格で求めやすく、交換用カードリッジも1個あたり1,000円前後で販売されていますので、ミネラルウォーターを購入するよりもポットタイプ浄水器でその都度生成したほうが経済的であるともいえます。

蛇口取り付けタイプ

最もポピュラーの浄水機。その名の通り、蛇口に取り付けるタイプで大体3,000円~7,000円ほどで流通しており、フィルターが月平均1,000円程度で、水道につけることで、料理や洗い物、飲水としていつでも好きなだけ出す事が可能です。
種類も豊富で、ピンきりの商品数がありますので、希望する品質に併せて価格帯を選ぶと良い。
大体3,000円程でも、そのままの蛇口からの水道水に比べれば、水本来の味や清涼感のある匂いに近づけますが、一点注意事項としては、取り付け時に良く商品の設置部分と蛇口の形を確認しておく必要がある事です。

水道の蛇口に直接取り付けて使用するカセット式浄水器も人気のある製品です。ポットタイプと異なり、使用したいときにすぐに水道水と浄水を切り替えることができるという手軽さが魅力です。家庭用浄水器の中でもポットタイプに次ぐリーズナブルな価格帯の製品であり、実売価格1万円から2万円前後で多くのメーカーから販売されています。使い勝手がよく、家庭用浄水器としては十分な浄水性能を有しており、交換用のカセット(カードリッジ)も比較的安価となっています。洗い物など大量の水を使うときには水道水、調理や飲用にする場合には浄水と使い分けることができ、家庭用浄水器の中では設置スペースも少なくて済むタイプなので、マンション住まいの方にもおすすめです。

タンクが付いた据え置きタイプ

こちらは値段が張りますが、タンクの中に水を入れて浄水するタイプ。
流しの下にタンクを設置するタイプが多い様です。
値段が張るぶん、ミネラルウォーターが自動でいくらでも生成できる位の洗浄力。
大体の有害物質を完全に滅菌し、細菌や寄生虫などの微生物やサビやカビ等も防ぎます。
タンク容量2Lタイプで約3万円~。
更に大きいものや高性能なものを選ぶと7万円ほどになります。
カートリッジの交換も年に1回と長く、安心して利用可能ですが、長くろ過水を保存して置けない部分は注意が必要です。

整水器タイプ

こちらは「浄水機」、ではなく「整水器」。
整水器とは、浄水器の機能に加え、アルカリイオン水や水素水を生成する多機能タイプです。
浄水機の浄水効果に、更に水の性質を変化させるより健康的で美味しい水を作るタイプ。

逆浸透膜浄水器タイプ

逆浸透水とは、ろ過の方法の一つで、不純物、雑菌、細菌に加え、重金属を除去してくれるタイプです。
放射能の除去も可能ということですが、各機種で性能差も激しく、賛否両論あるタイプ。
取り扱うためには、ある程度の知識が不可欠になります。

カートリッジ(フィルター)のタイプ

一個一個の機種に専属のカートリッジが存在しますが、このカートリッジ内に付いているフィルターについても、購入チェックしておきたいポイントです。
参照:http://j-water.jp/water-filter/filter.html

浄水器を選ぶうえでのポイント「NSF」とは

NSFとは国際的な第三者機関が、食品や飲料水、空気等の生活環境、公衆分野において、安全性確保とリスクの管理を目的とている団体です。
この団体によって与えられる「NSF認証」は厳しい審査をクリアした浄水機のみ取得できるため、
良い洗浄機を選ぶ一つの基準となっています。

手軽で手間なく浄水するなら蛇口直結型浄水器がおすすめ

蛇口直結型浄水器で除去できる物質と浄水能力をチェック

水道の水はかなり厳格な基準で濾過された上で各家庭に配水されています。そのために、安全であることには違いがないのですが、消毒に使用された塩素特有の匂いなど、味わいという観点では今ひとつであることも事実であり、蛇口直結型浄水器など家庭用浄水器の利用者は年々増加しています。蛇口直結型浄水器は、手軽に設置できるという利便性とリーズナブルな価格で人気の高い製品ですが、その浄水能力はどの程度のものなのでしょうか。

蛇口直結型浄水器は、多くのメーカーからさまざまなグレードの製品がリリースされており、価格帯も幅広くなっています。実売価格が数千円台の安価な製品から2万円を超える高機能な蛇口直結型浄水器もあります。それらの価格の違いは、主に浄水能力に反映されるものと考えて良いでしょう。もちろん蛇口直結型浄水器は、きちんとした商品として販売されているため、どのような価格帯のものでも一定レベル以上の浄水能力は期待できるものです。価格やグレードの高い蛇口直結型浄水器となれば除去できる物質が増え、より綺麗でおいしい水を生成できます。

蛇口直結型浄水器の浄水方法は、フィルターに水道水を通過させることで行われます。フィルターを通った水は、その中で濾過され、不純物に関してはフィルターの中に吸着されるという仕組みとなります。そのために蛇口直結型浄水器を使用し続けていると、除去できる物質をどんどんフィルターが濾過していきますので、次第に水の出方が細くなっていきます。そのような状態になったときに交換となります。

それでは蛇口直結型浄水器で除去できる物資にはどのようなものがあるのでしょうか。各製品を紹介しているウェブサイトではわかりやすく除去できる物質を明記してありますので確認しましょう。代表的なものとしては雑菌やカビ成分、鉄分、トリハロメタンなどです。また残留農薬成分、溶解性鉛などの有害物質なども吸着しますので、より安心で安全な水を手に入れることができるといえるでしょう。

このように蛇口直結型浄水器においては、フィルターの中に入れられている活性炭や、セラミック、極めて細い繊維の束など、高性能な浄水能力を発揮できる工夫がされています。また、おいしい水の基準となるミネラル成分はそのまま通過することができるため、ナチュラルミネラルウォーターに匹敵する美味しさを水道水で実現できるという点も見逃せないポイントと言えるでしょう。

蛇口直結型浄水器のお手入れ方法は一定の期間でのフィルター交換が重要

蛇口直結型浄水器は、据え置きタイプやビルトインタイプの浄水器よりも安価であり、広い設置スペースも必要がないということで、家庭用の浄水器としては最も人気の高い製品です。蛇口直結型浄水器の価格帯は、およそ1万円を目安に安価な機種では1万円以下、高額なタイプで3万円程度までと幅広く見られます。機種によりフィルター交換が必要となる試用期間の違いはありますが、3ヶ月毎交換が一般的です。水量に換算すると4,000L程度となります。もちろん使用頻度が高くなった場合には交換を早めたほうが良い場合もあります。

日常的な蛇口直結型の浄水器のお手入れ方法は、本体を清潔にするということを心がけると良いでしょう。蛇口直結型の浄水器は、常に水と接している製品となりますので、特に夏場は水垢や雑菌が心配となります。定期的に取り外して接合部分を清潔にしておくことが気持ちよく使えるポイントとなります。

また、もっとも重要な蛇口直結型浄水器のお手入れ方法は、フィルター交換です。フィルターの構造は、活性炭や細かい繊維の束が入っているカセット状になっている場合が多く、手間なく簡単に交換が可能です。長い期間蛇口直結型浄水器を使用していると、フィルターの中に徐々に取り除いた物質が付着していきますので、蛇口直結型浄水器の浄水性能が下がっていきます。これはどのような蛇口直結型浄水器であっても同じことですので、フィルター交換を必ず行いましょう。蛇口直結型浄水器のメーカーや機種によって、推奨されているフィルター交換までの期間は様々であるものの、目安としては3ヶ月というのが一般的です。

浄水に切り替えた際に、流れる水の量が少なくなったり、蛇口直結型浄水器の本体に交換サインが出たりした場合は、推奨交換期間に達していなくても、早めに交換することがベストです。蛇口直結型浄水器は、手元で浄水と水道水とを簡単に切り替えられるというメリットがありますので、水量の低下はせっかくの利便性を損なってしまいます。

比較的価格が安いことが蛇口直結型浄水器のフィルターの特徴でもありますので、交換用に買い置きをしておくことも良いでしょう。2世帯住宅などで複数の場所で蛇口直結型浄水器を設置する場合は、同じ機種にすると便利です。

なお、フィルターの種類やメーカーなどによって蛇口直結型浄水器で除去できる物質には違いがあります。それぞれを比較して購入することがおすすめです。比較サイトを利用すると一括してチェックできるので便利です。

蛇口直結型の浄水器にはどんなメリットとデメリットがあるのかを知ろう

比較的求めやすいリーズナブルな価格と、キッチンへの設置のしやすさで、浄水器の中でも人気の高い蛇口直結型のタイプですが、高価な機種と比較してどのようなメリットがありデメリットがあるのかを知っておくことも大切です。一般的な家庭で利用することの多い浄水器ですので、より良い製品選びの参考にしてください。

蛇口直結型の大きなメリットの一つが、設置スペースの考慮をほとんどしなくても良いということです。据え置き式浄水器の場合であれば、水道の付近にある程度の広さが必要となりますが、蛇口直結型のタイプは水の出口に取り付けるために、キッチンのスペースが狭くても問題がありません。ウォーターサーバーと比較されることの多い浄水器ですが、ウォーターサーバーはどのような機種であっても一定以上の設置場所が確保できなければ設置できないことがわかります。日本の住宅事情には蛇口直結型の浄水器がマッチしているといえるでしょう。

またもう一つのメリットがコストの安さです。浄水器にも高級機から普及型機まで幅広い価格帯の製品がありますが、その中でも蛇口直結型の浄水器はリーズナブルな価格帯で販売されています。メインとなる製品は実売価格がおよそ1万円台から高くても2万円台前後ですので、据え置き式の5万円前後、逆浸透膜利用の高級機に見られる10万円以上の製品と比較すると導入しやすいといえるでしょう。ウォーターサーバーも毎月の定期配送プランで契約すると、1ヶ月で約5,000円、年間で6万円程度となりますので、コストの面では蛇口直結型の圧勝であると言えます。年に2回程度のフィルター交換を考慮してもランニングコストの優位性は変わらないでしょう。

もちろん蛇口直結型のデメリットもあります。本体価格が安い理由としてはカードリッジ式フィルターの浄水性能の限界というポイントを挙げることができます。カルキ臭や残留塩素などを取り除きおいしい水を生成できるという機能においては問題はありませんが、高級機種と比較すると除去できる物質の種類が限定的となります。浄水器によって完全に不純物を取り除きたいとお考えの方にはやや物足りなさを感じる場合もあります。またウォーターサーバーとことなり、水道水をそのまま流すという関係上、冷水や熱湯がすぐに使えるということにはなりません。いつでも冷えた水をすぐに飲めるウォーターサーバーはその点においては優れた機能を備えているといえるでしょう。

いずれにしても、日常使いの浄水器としての性能については蛇口直結型であっても問題なく、導入コストや維持コストも低いということで最初の一台としてたいへんお勧めできる浄水器のタイプです。さまざまなメーカーから製品がリリースされていますので比較サイトなどを利用して好みの浄水器を見つけてみてはいかがでしょうか。

蛇口直結型の浄水器を3年使ってみた感想

蛇口型で使い続けているのは「三菱ケミカル・クリンスイ(cleansui)」のCSPシリーズCSP701です。

もともと、ウォーターサーバーのクリクラを使ってみたり、アクアクララに乗り換えてみたりしていましたが、電気代がかかること、あのタンク取り替えの手間とか、受取できずに帰宅した際の玄関先から運び入れる手間がネックになって解約。その後、衛生面を考えたあげく、生協などで2リットルのペットボトルを買い、料理、飲料用としていましたが、コストが結構いってしまうということで、浄水器について調べてた取り次いたのが蛇口直結型の浄水器。今は、蛇口から浄水器で出す水は主に料理、飲料用はポット型と2Lペットボトルを併用しています。

取付はちょっと不器用な女性でも簡単にでき、カートリッジの残量も表示されるタイプだから交換時期もわかりやすいです。

水道水がどうかわるかですが、確かに何も付けない水道水より断然美味しいです。水道水を沸かしてつくるより、コーヒー、紅茶、お茶がおいしくなります。クチに入るとき、口内に水を含んだ時、飲み込む時どれをとっても浄水器有りの水は確かにいい。たかが水ですが、されど水。恐らく外したら飲めない体になていると思う。

ネックなのはちょっと手入れを疎かにすると、表面や水が出る部分に汚れが付着するので、日頃軽くでもキレイにしておくようにしています。

本体があれば、3ヶ月目安でカートリッジを交換すればOK!カートリッジ1本で2Lペットボトル450本分。コスパよしです。

浄水機とウォーターサーバーのランニングコストは?

ウォーターサーバーのコストといえば、「水」そのもの。
更に年1くらいでの「サーバー交換」のメンテ費もあります。

ウォーターサーバーのコスト

おおよその平均価格で月のコストを計算すると
水のボトル2本分(3,500円程)+ 電気代(1,000円程)+ メンテ費(月換算で400円程)
つまり月間5,000円。年間で60,000円程になりますが、もう少し詳しくご説明いたします。

浄水器とウォーターサーバーを比較。蛇口直結型は抜群の使い勝手

蛇口直結型浄水器は、据え置きタイプやビルトインタイプの浄水器よりも安価であり、広い設置スペースも必要がないということで、家庭用の浄水器としては最も人気の高い製品です。蛇口直結型浄水器の価格帯は、およそ1万円を目安に安価な機種では1万円以下、高額なタイプで3万円程度までと幅広く見られます。機種によりフィルター交換が必要となる試用期間の違いはありますが、3ヶ月毎交換が一般的です。水量に換算すると4,000L程度となります。もちろん使用頻度が高くなった場合には交換を早めたほうが良い場合もあります。

日常的な蛇口直結型の浄水器のお手入れ方法は、本体を清潔にするということを心がけると良いでしょう。蛇口直結型の浄水器は、常に水と接している製品となりますので、特に夏場は水垢や雑菌が心配となります。定期的に取り外して接合部分を清潔にしておくことが気持ちよく使えるポイントとなります。

また、もっとも重要な蛇口直結型浄水器のお手入れ方法は、フィルター交換です。フィルターの構造は、活性炭や細かい繊維の束が入っているカセット状になっている場合が多く、手間なく簡単に交換が可能です。長い期間蛇口直結型浄水器を使用していると、フィルターの中に徐々に取り除いた物質が付着していきますので、蛇口直結型浄水器の浄水性能が下がっていきます。これはどのような蛇口直結型浄水器であっても同じことですので、フィルター交換を必ず行いましょう。蛇口直結型浄水器のメーカーや機種によって、推奨されているフィルター交換までの期間は様々であるものの、目安としては3ヶ月というのが一般的です。

浄水に切り替えた際に、流れる水の量が少なくなったり、蛇口直結型浄水器の本体に交換サインが出たりした場合は、推奨交換期間に達していなくても、早めに交換することがベストです。蛇口直結型浄水器は、手元で浄水と水道水とを簡単に切り替えられるというメリットがありますので、水量の低下はせっかくの利便性を損なってしまいます。

比較的価格が安いことが蛇口直結型浄水器のフィルターの特徴でもありますので、交換用に買い置きをしておくことも良いでしょう。2世帯住宅などで複数の場所で蛇口直結型浄水器を設置する場合は、同じ機種にすると便利です。

なお、フィルターの種類やメーカーなどによって蛇口直結型浄水器で除去できる物質には違いがあります。それぞれを比較して購入することがおすすめです。比較サイトを利用すると一括してチェックできるので便利です。

浄水器のコスト

レンタルや無料の製品があるウォーターサーバーと比較すると、
浄水機に関しては種類によって「初期導入費用」つまり本体の購入費用がまずかかってきます。

それに加え、カートリッジ(フィルター)代がかかります。

蛇口に付けるタイプなら、2,000円~5,000円程(交換時期:1~2ヶ月)
据置型のものであれば、10,000円~30,000円程(交換時期:半年~1年)
が平均価格。

おおよその真ん中位の浄水機を選ぶと、
本体価格(1,0000円程)+ カートリッジ(2,500円)

で初月は12,500円。年間で40,000円程になります。

浄水機の場合、初期費用さえ出せれば、後は使えば使うほどウォーターサーバーよりお得になってきます。

おすすめの浄水器

おすすめのポット型浄水器「ブリタのマレーラCool」

ろ過時間が他の商品とくらべて短く、ろ過中でも水を注げる、使い勝手のいい商品

おすすめの蛇口取り付けタイプ「三菱レイヨンのクリンスイ MONO」

価格的にも機能的にもオススメの商品。
トリハロメタン、クロロホルムといった代表的な不純物を約80%を除去でき、全13種の協会指定有害物質も除去が可能です。
外からフィルターの汚れを確認できてフィルター交換も簡単で、1個のフィルターで3ヶ月持ちます。
ただ、しっかり除去効果を発揮したいのであれば、水をゆっくり流す必要が有ります。

おすすめのタンク付据え置きタイプ「Panasonic TK-AS43-P」

生産が終了してしまいましたが、大人気の機種。
浄水カートリッジは約2年間も交換が不要で、キッチン横に置いておいても不自然じゃないシンプルなデザイン。
除去対象の13物質もしっかり除去し節水製もある浄水機です。
価格は5万円代と、すこし値が張ります。

おすすめの整水器「Panasonicのアルカリイオン整水器 TK7208P-S」

価格は2万円台で、タンクタイプより安く、性能も高品質です。
また蛇口取り付けの簡易タイプより性能が高いため、長期的な利用を考えると1番オススメなタイプです。

浄水機利用者の声

赤ちゃんのミルクを作る際に重宝。安心して使える。
粉ミルクの調乳や離乳食などで安心して使える。
衛生面では浄水器より水道水のほうが一般には安全。
浄水器を付けるだけで、美味しいゴハンが炊けたり美味しい水が飲めますよ。
浄水器はお勧めしません。水にお金をかけるのなら私はサーバーをお勧めします。
カルキ臭が無くなり、美味しく飲めます。炊飯にも勿論使用しています。
アルカリイオン水ってのはそんなに美味しいものではありません
人が飲んで美味しいと感じるのはpH6.7~6.8程度の弱酸性
アルカリ性の水は苦みがあります。また慣れないと下痢気味に
塩素除去は飲み比べたら結構違いがわかりますよ
蛇口付けタイプの安いな浄水器でもけっこう違いがわかります
安物は中空糸フィルターのみのものが多い
活性炭フィルターを資料した高級なものだ全然違います!
浄水器付きの蛇口でもある程度の改善にはなりますが、本格的な浄水器と比べるとその差は歴然です。

まとめ

浄水機に対して購入の意欲がそこまで高くなく、でも買ってみたい状態であれば、
まずはポット型の浄水機から → 蛇口取付 → 据え置きの整水器タイプと徐々に買い進めていくことをおすすめします。

またウォーターサーバーとの比較でいうと、飲み水に特化して使うならウォーターサーバー。
飲水だけでなく料理等にも幅広く使う、また長期的に利用するとなると浄水器がおすすめです。

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする