掃除機の種類と性格に合った選び方とは?賢く選択してお部屋をきれいにしちゃいましょう!

皆さんは毎日お掃除できていますでしょうか?

皆さんは毎日お掃除できていますでしょうか?
日頃お仕事で外に出ていたり、忙しくしていると毎日掃除することは難しいのではないでしょうか?
毎日お掃除できているとしても気になる部分だけでだったりしっかりできていないのではないでしょうか?

目で見て汚れていないと思っても意外とほこりや汚れが蓄積していたりするのです。
なるべく時間があるときに掃除機をかけて清潔な部屋を保ちたいですよね。

意外とある掃除機の種類

意外とある掃除機の種類
掃除機と一言にいっても使用方法や形状によって種類があること知っていましたか?

①キャニスター型掃除機

<紙パック式>
キャニスター型の掃除機にも大きく分けて2種類存在します。
まず最初にご紹介するのは紙パック式です。
紙パック式のものは本体内部に紙パック式のフィルターを設置しゴミを吸い込みフィルターにゴミを収集する方式です。
吸い込んだ空気のみを紙のフィルターを通り向け外へと排出されます。

<サイクロン式>
次にご紹介するのがサイクロン式の掃除機です。
紙パック式とは違いゴミをダストカップに直接入れることでフィルターを使わずに吸い込んだ空気を回転させて遠心力によりゴミと空気とで分離させ、分離させた空気は内部のフィルターを通して排出されます。

②スティック型掃除機
ステック型の掃除機は読んで字のごとくスティック型の掃除機になります。
キャニスター型の様にホースが付いていないので持ち運びも楽ですし、軽量なので片手でラクに掃除知ることが出来ちゃいます。
細かい部分を掃除する際に使い勝手がよく掃除することが出来そうですね。

③ハンディ型掃除機
スティック型の掃除機よりも小さく手で動かすことが容易な掃除機となります。
ちょっとしたゴミが気になった時にサッと取り出してかけることができ、キャニスター型やスティック型のものよりコンパクトなため置き場に困ることもなく毎日使いやすい掃除機です。

④ロボット型掃除機
ロボット型の掃除機は今となっては当たり前となってきているのではないでしょうか。
ロボット型の掃除機は起動させてしまえば自分で動いてくれるので掃除機をかけるの作業を短縮することが出来てしまうのです。
しっかりと部屋の隅々まで認識し掃除を行ってくれるためとてもラクにお掃除が完結してしまいます。

紙パック式VSサイクロン式

紙パック式VSサイクロン式
キャニスター型の掃除機をお持ちのご家庭が多いと思うのですが
ご自宅の掃除機は紙パック式とサイクロン式どちらをお使いでしょうか?

一昔前は紙パック式の掃除機がメジャーでしたが最近はサイクロン式の掃除機の方が多く出回っているのではないでしょうか?
では実際どちらのタイプの掃除機がよいのでしょうか?

<紙パック式>

メリット
・紙パックのままごみを捨てることが出来る
・定期的なフィルターの掃除がいらない
・ごみ捨てを頻繁に行わなくてもよい
デメリット
・紙パックの購入によるランニングコストがかかってしまう。
・ごみを吸った際に、排出する空気の中にニオイや微細塵がでてきてしまう。

<サイクロン式>
メリット
・紙パック購入のランニングコストがかからない
・排出されるときの空気がゴミと分離しフィルターを通過する為きれい
デメリット
・ごみ捨てを頻繁に行わないとならない
・ごみを捨てるときにほこりが舞いやすい
・フィルターの掃除を頻繁に行わないとならない

このようにお互いメリット・デメリットが存在します。
その為、一概にどちらがいいと決めつけることが出来ないのです。

自分が掃除するならどちらのタイプの掃除機が適していると思いますか?

自分に適している掃除機を選びたい!

自分に適している掃除機を選びたい!
改めて掃除機の購入を考えているならしっかりとタイプや性能を見極めて購入したいですよね。
今回はキャニスター型掃除機の紙パック式とサイクロン式で比較して見ましょう。

<紙パック式>

紙パック式の掃除機が向いている人は
・フィルターの掃除が面倒な人
・ごみを直接触りたくない人
・故障しづらいものを選びたい人
等…

紙パックによるコストはかかってしまいますがあまり手間をかけることなく使い続けることができるのでめんどくさがり屋さんにぴったりなのではないでしょうか。

<サイクロン式>
サイクロン式の掃除機が向いている人は
・掃除の際に出る灰排気するニオイが不快な人
・紙パックを買うのが嫌な人
等…

サイクロン式の掃除機は直接ダストカップにごみが溜まる為こまめにごみを捨てたりフィルターの目詰まりを解消してあげないと故障する原因となってしまいます。
その為、マメにお手入が出来る人がぴったりな掃除機なのではないでしょうか。

一周回って紙パック式を選ぶ人も多い?

一周回って紙パック式を選ぶ人も多い?
最近はダイソンの掃除機を筆頭にサイクロン式の掃除機が多く出回っていると上でも説明しましたが、
今まで紙パック式の掃除機を使っていた人にとっては紙パック式の掃除機に親しみがあったり、今までサイクロン式の掃除機を使っていだけどやっぱり紙パック式の掃除機の方が自分には向いているのかも!
などまた紙パック式の掃除機も注目されるようになってきました。

そんな中、今回ご紹介したい商品がパナソニックから出ている紙パック式掃除機です。

パナソニック 「紙パック式掃除機 MC-JP520G」

パナソニック 「紙パック式掃除機 MC-JP520G」
この商品は紙パック式掃除機を愛用している50代~60代をターゲットにした商品になっています。
段々と年を重ねていくごとに掃除するのにも一苦労。

キャスターがついて引っ張れば掃除機は勝手についてきますが、なかなか思うように動かすことができず、もどかしい経験をしたことはありせんか?

この「紙パック式掃除機 MC-JP520G」のおすすめしたい点が掃除機の軽さにあります。

従来モデルの掃除機から改良を重ねて本体質量をなんと50%カット、掃除機本体の幅も69mmカットして軽量かつスリムに持ち運びやすく掃除しやすい掃除機をつかりだすことができました。
また持ち運びできるようについてある持ち手部分を太くしゴム状のにすることによって持ち運びやすさを追求しました。
そして掃除機の吸い込み口に付属しているLEDライト照度を20%アップすることによって見えづらい部分やごみをより掃除しやすくなりました。

まとめ

まとめ
掃除機ってごみを吸うなら何でもいいと思いがちですよね。
でも実際購入して使ってみると思うようにごみを吸ってくれなかったなんて経験はありませんか?

使う人の性格によっても掃除機の善し悪しが決まってきてしまうので価格だけで選ぶのではなくしっかりと機能面を見て購入することをおすすめします。

今回ご紹介した「紙パック式掃除機 MC-JP520G」はコンパクトかつ軽量な為、ご年配の方だけでなく女性の方やお手伝いするお子さんにも使いやすい設計となっています。

新たに掃除機を検討している方はぜひ比較検討しより最適な掃除機を手に入れたいものですね。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

Page Infomation

掃除機の種類と性格に合った選び方とは?賢く選択してお部屋をきれいにしちゃいましょう!」に関連する記事は「掃除機」カテゴリーにもあります。是非お立ち寄り下さい。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す