温度でお茶の美味しさが激変!温度調節できる電気ケトルでワンランク上のお茶を楽しみましょう

キッチンに置いている電気ケトル

電気ケトルとは、短時間でお湯を沸かすことができる家電製品のことをいいます。ご家庭で利用しているという人も多いのではないでしょうか。

お茶やコーヒーなどを淹れる際などに便利に利用することができます。
特に忙しい朝の時間帯などには、お湯を沸かす時間を短縮することができるので重宝します。電気ケトルは片手で持ち歩くことも可能な場合が多いので、食卓でそのまま使用することもできます。

電気ケトルは製造しているメーカーによってそれぞれ特徴は異なっていますが、お湯を沸かすことだけを目的としている非常にシンプルな家電製品です。

最近では、温度調節が可能な電気ケトルも登場しました。

温度調節できる電気ケトルでワンランク上のお茶を楽しみましょう

お茶

温お茶のおいしさを決める温度

普段口にしている温かい飲み物というと、コーヒー・紅茶・日本茶・ハーブティー・中国茶などがあります。

コーヒーやお茶を美味しく淹れるために欠かせないのが、適温で淹れることです。茶葉やコーヒーにはそれぞれ美味しさを引出す適温があるので、その適温から外れないことがとても重要になります。

コーヒーの場合には、90℃前後のお湯がいいと言われています。香り高いコーヒーにすることができますし、雑味を出すことなく美味しい成分だけを抽出することができます。それよりも低いと軽い味わいになり、コクを出すことができなくなってしまいます。また、高すぎても苦味や渋味が強く出てしまうので、美味しくのむことができません。

日本茶の場合には、種類によって適切な温度が異なっています。

玄米茶やほうじ茶は95℃以上の高い温度で淹れるのが良いとされています。これは高い温度の方が香りが強く出せるからで、沸騰したてのお湯を注ぐのがおすすめです。

それに対して煎茶は、80℃から90℃程度のお湯が良いとされています。この温度だと香り・旨味・渋味・甘味など味のバランスが整うからです。

深蒸し茶や上級の煎茶などは、70℃程度が良いと言われています。

高級品として知られる玉露は、50℃から60℃程度と低い温度のお湯を使うのが一般的です。玉露は芳醇で柔らかな風味が特徴の日本茶で、低温でじっくりと旨味成分を引出すと美味しくい頂くことができます。

玉露には旨味や甘味の元になる成分のテアニンが豊富に含まれていて、低温の方が抽出しやすいからです。高温だと苦味が強く出てしまうので、せっかくの高級なお茶も台無しになってしまいます。

それから紅茶は、95℃から98℃程度の温度で淹れるのが良いとされています。茶葉がティーポットの中でジャンピングするので、旨味を引出すことができます。沸騰しているお湯だと苦味成分も抽出されてしまうので、100℃よりも若干低い温度にするのがおすすめです。

中国茶は種類によって適温が異なっており、95℃以上が適温のものもあれば70℃程度の温度を適温とするものもあります。

このようにお茶やコーヒーはそれぞれ適温が異なるので、温度調節可能な電気ケトルがあると自分好みのに調節するのにとても便利です。沸騰させてから冷ましたりする手間も省けますし、簡単に設定温度を変更することもできます。

T-fal アプレシア エージー・プラス コントロール(0.8L)

T-fal KO6208JP オニキスブラック アプレシア エージー・プラス コントロール [電気ケトル(0.8L)]

ティファールは、フランスに本社を置く世界でも有数の調理器具・調理家電メーカーが展開しているグローバルブランドの1つです。

その中でも電気ケトルはティファールの定番アイテムで、日本でも多くの人に利用されています。

温度設定、保温ボタン

ティファールのアプレシアエージ―・プラスは、60℃・70℃・80℃・85℃・90℃・95℃・100℃といった7段階の温度設定ができる電気ケトルです。

設定温度を飲み物の種類に合わせることができるので、いつでも美味しいお茶やコーヒーを飲むことができます。

ティファールのアプレシアエージー・プラスには、保温機能も付いています。一度加熱した後は60分間一定の温度をキープすることができるので、2杯目を飲む際にも沸かし直しをする必要がありません。

また、Ag+(銀イオン)が配合されている抗菌素材が使用されており、細菌の繁殖を抑える効果があります。細菌によって発生する臭いや着色を防ぐ効果も期待できます。

簡単に取り外せるフタ

フタは取り外しが可能で、内側のお手入れがしやすくなっています。フタを取り外すと、給水もスムーズです。

注ぎ口と内側の素材

注ぎ口はスリムなデザインで、注ぎやすい設計になっています。底面にはウルトラポリッシュという素材が使用されており、水垢がつきにくいという特徴があります。

それからティファールのアプレシアエージー・プラスには、目盛り付き窓・空だき防止機能・自動電源オフといった機能も付いています。

目盛付きの窓なのでどれぐらい入っているのか見やすいですし、空だきも防止することができます。

山善 YKG-C800(0.8L)

山善 YKG-C800 ブラック [電気ケトル(0.8L)]

山善のYKG-C800は、1℃単位で温度調節することができる電気ケトルです。

度選択スイッチと温度設定スイッチが搭載されています。
温度選択スイッチは、60℃・70℃・80℃・85℃・90℃・95℃の6段階の温度から選択するようになっています。

温度調節、保温ができるワンタッチボタン

温度設定スイッチの場合には、60℃から100℃まで1℃単位で温度を設定することができます。そのため細かく温度設定をしたいという人におすすめです。

お茶は温度によって味の変化が大きいので、自分好みの味を引出すことができます。

山善のYKG-C800には、沸騰スイッチというワンタッチで沸騰させることができるスイッチもあります。

それから60分間の保温機能も付いています。一度に使いきれない場合や2杯目を飲みたい時などに便利に利用することができます。温度を設定した後に保温スイッチを押せば、設定温度で保温してくれます。

高級感のあるデザイン

山善のYKG-C800 は、デザイン性にもこだわっています。電気ケトルには珍しいアンティークな雰囲気もあるお洒落な外観で、部屋の中に置いてあると家電製品というよりもインテリアのように感じられます。マット地のブラックカラーが使用されています。

YKG-C800でドリップコーヒー

注ぎ口には細口ノズルになっており、ドリップコーヒーを淹れるのに最適です。

注ぎ口が大きいとお湯が一気に出てしまうので、湯量をコントロールするのが難しくなります。ドリップコーヒーを美味しく淹れるには、湯量やお湯を注ぐ際のスピードが非常に重要です。

HARIO EVKT-80HSV パワーケトル Buono

HARIO EVKT-80HSV [V60温度調整付きパワーケトル・ヴォーノ]

HARIOのEVKT-80HSVは、お湯の温度を1℃単位で設定することができる電気加熱式コーヒーケトルです。

温度は60℃から96℃の範囲で自由に設定することができるようになっています。

温度調節、保温ボタン

細かい温度設定ができるので、自分好みのコーヒーを淹れるのに最適です。電源を入れるだけで、水温を計測して表示してくれる機能もあります。加熱した後は、15分間保温することもできます。

HARIOのEVKT-80HSVには、安全機能も付いています。空焚き防止機能やオートパワーオフ機能などです。

空焚き防止機能は、水が入っていない時には自動で加熱を止めてくれる機能になります。

オートパワーオフ機能は、10分間操作が無かった際には自動的に電源がオフになる機能です。電源の切り忘れなどがないので、安心して使用することができます。

EVKT-80HSVでドリップコーヒー

注ぎ口には、ドリップコーヒーに適したノズル形状が採用されています。ドリップコーヒーを抽出するのに最適で、ハンドルも握りやすさを重視しています。

丸みを帯びたフォルム

また、丸みを帯びたフォルムで、可愛らしさも感じられるデザインも魅力です。

電気ケトル商品一覧 ▶

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする