時短調理家電ホットクックvsクックフォーミーのどちらを購入すべき

時短家電ヘルシオVSティファール

暑い日の調理が面倒…時短家電ヘルシオVSティファール

暑い日の調理は、IHIの普及により調理時のキッチンの室温は低下したと言われていますが、それでも沸騰する煮物や180℃を超える揚げ物など高温を発する熱源が複数あり、面倒なだけで無く苦痛とも言えます。

その為、暑い日に少しでもキッチンに立つ時間を減らしてくれる時短家電の人気が急速に高まっています。時短家電の代表格といえば、シャープヘルシオホットクックとティファールクックフォーミーが挙げられますが、この2機種は機能や価格などで大きく異なる時短家電です。

シャープヘルシオホットクックは、2015年11月に発売された野菜などの食材に含まれる水分を活用して料理を完成させる家電業界初の電気無水鍋であり、2017年10月にハイエンドモデルとなるKH-HT24Cが発売されています。

ティファールクックフォーミーは、2017年10月に発売された時短家電であり、圧力調理をはじめとする4種類の料理方法が出来るマルチクッカーです。

ヘルシオ ホットクックのオススメポイント

ヘルシオ ホットクックのオススメポイント

シャープヘルシオホットクックは、食材に含まれる水分を活用してより多くの栄養素を料理に封じ込める事が出来る電気無水鍋であり、出かける前に材料を入れてタイマーをセットしておけば帰宅時には調理が完了しています。

ヘルシオホットクックは、温度センサーとスチームセンサーのダブルセンサーにより自動で絶妙な加熱加減を調整するだけで無く、まぜ技ユニットが加熱加減にシンクロして的確に具材を攪拌するので味が良く馴染み美味しく仕上がります。

食品は、加熱後20℃〜40℃の温度域まで低下すると急激に腐敗菌が増殖するので、味を染み込ませる為に低下させた温度を80℃前後まで上昇かつ維持するので衛生的にも安心です。

ホットクックには、3人〜5人分の料理の調理が可能な2.4LのKN-HW24型式と1人〜4人分の料理の調理が可能な1.6Lの2種類の定格容量があり、平均的な家族構成だけで無く単身者にも対応可能な点がおすすめポイントです。

ホットクックは、専用内鍋も追加購入する事が出来るので鍋のまま冷蔵庫に保管し、追加購入した内鍋で他の料理を作る事が出来ます。単身者は、毎日同じ料理を食べなくて済むだけで無く、冷蔵庫から出してそのまま再加熱可能なので手間が省け便利です。

ヘルシオ ホットクックのオススメポイント

ハイエンドモデルのKN-HW24Cは、スタンダードモデルに比べて定格容量が大きく内臓レシピが155種類と多いだけで無く、無線LAN機能と音声発話機能を搭載しているのでメーカーが随時公開している新しいレシピをダウンロードする事が出来ます。

無線LAN機能は、スマートフォンと連携出来る専用アプリがあり、クラウドサービスCOCORO KITCHENに接続する事で画面による案内だけで無く、音声による案内も利用出来る機能です。

無線LAN機能は、スマートフォンと連動している事から必要な具材のリストが簡単に作成する事ができ、特に料理経験の男性は具材の買い忘れが無いだけで無く助かり、出先から予約時間を変更出来るので非常に便利な機能と言えます。

女性は、季節ごとの新しいレシピに加えてメニュー占いや調理ランキングなど色々なカテゴリーで食事の献立を考える事が出来、いつも頭を悩ませる献立作りから解放され毎日の食事の準備が楽しくなります。

ヘルシオデリは、シェフが指定したカット済みの適量の食材とオリジナル調味料が自宅に届けられるので、レシピに従ってセットするだけで人気料理店の一流シェフの料理を自宅で楽しむ事も出来るサービスです。

T-fal CY8511JP クックフォーミー エクスプレス のおすすめポイント

T-fal CY8511JP クックフォーミー エクスプレス のおすすめポイント

T-falのクックフォーミーエクスプレスは、煮込みや炒め及び蒸しなどの調理方法に加えて、圧力調理も可能なマルチクッカーです。 クックフォーミーエクスプレスは、調理器本体側面のディスプレイで150種類の内臓レシピから料理を選択し、ディスプレイに表示される具材と調味料などを入れます。

しかし、ディスプレイに材料や調味料を入れる順番や入れ方などが事細かに表示されるので、料理経験の少ない男性でもガイド従って入れるだけなので非常に簡単です。

T-fal CY8511JP クックフォーミー エクスプレス のおすすめポイント

クックフォーミーエクスプレスは、最大70kPaの圧力をかけて調理する圧力鍋機能も有している事から、調理時間15分以下の内臓レシピが多い点がおすすめポイントです。 調理時間の短いレシピには、圧力調理3分の肉じゃがや圧力調理2分のローストビーフなどがあり、遅くに帰宅した単身者や家事に追われる女性に人気となっています。

このマルチクッカーは、定格消費電力が1,200ワットと電子レンジ並みに消費電力が大きく感じますが、数分加熱調理した後は余熱調理となるレシピが多くガスコンロなどで調理するよりも格段に光熱費が節約出来る時短家電調理器です。

クックフォーミーエクスプレスは、定格容量6.0Lと大容量なので1度に3人分〜5人分の料理の調理が可能とされ、単身者よりは一般的な家族構成の世帯向きとされています。 活用方法としては、週末に何種類かのおかずをまとめて作り置きする事により、忙しい平日はもう1品もしくは2品程度調理する程度で食事の準備を終了させる事が出来る時短家電調理器です。

クックフォーミーエクスプレスは、圧力調理をはじめとする4種類の調理方法をマニュアルで操作する事も出来る事から自分独自のレシピを創作する事も可能であり、実際にインターネット上にはクックフォーミーのレシピサイトやオリジナルレシピが数多くあります。

購入するならどっちの機能を選ぶ?

購入するならどっちの機能を選ぶ?

シャープヘルシオホットクックとティファールクックフォーミーエクスプレスは、調理方法や定格容量などが大きく異なる事から、家族の構成人数によって購入すべき時短家電調理器が異なります。

一般的な家族構成の世帯には、6.0Lと定格容量が大きく1度に3人分〜5人分の調理が可能なだけで無く、最大70kPaの圧力調理で加熱時間を極限まで短縮しているティファールクックフォーミーエクスプレスがおすすめです。

単身者や核家族世帯には、スタンダードモデルの1.6Lと2.4Lの2種類の定格容量があるヘルシオホットクックがおすすめであり、ハイエンドモデルのKN-HW24Cは無線LAN機能によりスマートフォンと連結しているので出先から予約時間を変更する事が出来るので特に単身者や共働き夫婦向きの機種と言えます。

内臓レシピ数は、ティファールクックフォーミーエクスプレスの150種類とヘルシオホットクックの155種類とどちらも遜色ありませんが、ヘルシオホットクックはオフィシャルサイトで随時公開される管理栄養士や季節のレシピをダウンロードして増やす事が出来る機能がある時短家電調理器です。

その為、毎日の食事の献立に頭を悩ませている女性達にとっては、随時新しいレシピが公開されるヘルシオホットクックはニーズが高いと言えます。

価格は、クックフォーミーエクスプレスの希望小売価格が60,000円であるのに対して、ヘルシオの希望小売価格がオープン価格となっているので比較が難しいのですが、実勢価格ではクックフォーミーの方が低価格で販売されています。

総合的には、低価格かつ短時間の加熱調理が出来るティファールのクックフォーミーエクスプレスを購入すべきです。

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする