電子レンジの意外な知識と賢い選択方法!

電子レンジの最大の利点

電子レンジの最大の利点
電子レンジの最大の利点は、油の使用を極力抑えることが可能な点、また水を殆ど使わずにすむことにあります。
その他、火を使うことによって焦がしてしまう心配もありませんし、水などを使って調理しないことから食物の栄養素を逃すことなく済むのです。

健康のためにも野菜はなるべくたくさんの種類を多く採りたいものです。
1日に必要な野菜の量は350gと言われていますがそのまま摂取しようとするのは難しいのではないでしょうか。

そこで電子レンジを活用することで蒸し状態を作り野菜のかさが減り、加熱されることによって柔らかくなり食べやすくもなります。
普段不足しがちな野菜ですが電子レンジを利用すれば油を使わず加熱する事ができ、汁によって栄養素が溶け出してしまう事もありません。

またお湯を沸かす必要がないのでその分時間を短縮させることが出来、コンロを塞いでしまうこともないので、その分他の調理することができ、省エネにもなります。

電子レンジで使用不可な容器がある

電子レンジで使用不可な容器がある
また電子レンジを使用する際には利用できない容器があります。
理由は容器が溶け出してしまったり割れてしまうのを防ぐためになっています。

「電子レンジOK」と記入のあるものや耐熱できるガラス製品かプラスチック製、磁器などを使うようにしましょう。

それから調理の他に、冷凍した肉や魚を解凍したい場合があると思います。
ラップをはがしてからキッチンペーパーを上にかけると熱の通りのムラがなく、全体をまんべんなく解凍することが出来ます。

意外と知らない温めのコツ

意外と知らない温めのコツ
意外と知らない方が多いと思いますが解凍の他、加熱する際も同じですが、ターンテーブルには中心よりも端に置いた方が熱が通りやすいようです。

複数の食品を同時にレンジで温めたいときは時計の文字盤のように等間隔に置くのがムラが出来ず効果的に温める方法です。

単機能・複合電子レンジとは

電子レンジには単機能レンジと複合レンジが存在します。
単機能レンジはその名の通りレンジ機能のみになっており、温めたり、解凍したりすることに特化しています。

また複合レンジは、レンジ機能とプラスして様々な機能が内蔵しているもののことを指します。
複合レンジの機能を大まかに分けてみていくと、「グリル機能」「スチーム加熱機能」「オーブン機能」などがあります。

他にも、食品によって自動で出力を切り替えてくれるものや、肉と魚、野菜を同時に素早く温めることが出来るもの、人数の設定が出来るものや揚げ物にも対応しており、60品目から70品目もの料理を作ることが可能な機種まで、ありとあらゆる機能に富んでいます。

いつも簡単な調理で済ませてしまう方には単機能レンジ、工夫を凝らした料理を作れるようになりたい。誰かに食べさせたい。そんな方には複合レンジで料理のレベルを上げて見てはいかがでしょうか?

電子レンジを選ぶ際カギになってくるワット数

電子レンジで調理するうえで重要なのがワット数です。
ワット数とは言わば電子レンジのパワーを表す値です。

ワット数が大きいほど電子レンジのパワーも強く、そのためワット数の高い電子レンジを使用する場合にはレンジにかける時間を短くする必要があります。
家庭用で使われる電子レンジは一般的に最大で500~1000Wほどあります。

最近では500から700wのものを利用される方が多いようですが、普段調理に必要なワット数は500か600W程度必要になると思われます。

電子レンジ購入の際の費用は?

電子レンジ購入の際の費用は?
電子レンジを購入する際に一体どれくらい費用が必要なのでしょうか?

電事レンジはあまり有名なメーカーではありませんが安くて1万円~2万円で購入できることが多いです。
価格が上がるにつれて機能もグレードアップしますが、上記したグリル機能やオーブン機能のついたものだと2万円~3万円を目安に購入することが出来また2万円~3万円前半を目安にしたのものになってくると大手メーカーのものが購入することができるでしょう。
このくらいの価格帯になってくると調理メニューが豊富になったりセンサー機能も充実してきます。
また3万円以上にを目安にしたものになってくるとスチーム機能を搭載したタンク式複合レンジが購入できます。

人数別電子レンジの選びかた

人数別電子レンジの選びかた
家族の人数によって電子レンジの選び方も変わってくるのではないでしょうか?
家族人数別の容量の目安としては

・1人→20リットル以下

・2人→20~25リットル

・3~4人→26~29リットル

・4人以上→30リットル以上

人数別で使いやすい電子レンジの目安なのではないでしょうか?


また、上記で挙げた容量の大よその価格を見ていくと

・20リットル以下→~1万円半ば

・20~25リットル→1~2万円半ば

・26~29リットル→2~3万円半ば

・30リットル以上→3万半ば

購入する際の目安にしてみてるのはいかがでしょうか?

まとめ

まとめ
ワンタッチで食品を温めることが出来、栄養素を損なうことなく調理することができる電子レンジですが、自分に合った機能と値段のものを選び、上手に使いこなしたいものですね。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す