この夏かき氷が格段においしくなる!家庭で楽しむおすすめかき氷機

shavedice

夏になったら必ず食べる人も多いかき氷。最近、カフェなどでも結構いい値段のするかき氷を出すお店が増えてますよね。
。個人的には、荻窪にあるラーメン「ねいろ屋」さんのかき氷にぞっこんです。

お店で食べるかき氷って、すごくフワフワ食感で、祭りや縁日などで食べるかき氷とは格が違います。あのふわふわなかき氷が自宅にいながら食べれるとしたら。。。もう至福以外の何物でもないですね!

I LOVE かき氷

ふわふわ食感かき氷の秘密

かき氷は機械で削りますよね?削るってことは・・・
そうかき氷機の刃に秘密があります。

最近人気のかき氷機は、刃の調節機能までついていて、こだわりのかき氷が作れると話題です。刃の調節ができると何が良いかと言おうと、ザクザクした食感からサラサラなものまで、好みで調整して味わえるのがポイントです。

これだけでも、美味しくなること間違いなしですが、更に手をかけることで格段にお店のふわさらかき氷に似たものを自宅で食べれるようになります。

自宅でチャレンジ!ふわふわ食感かき氷の秘密

刺すように暑い日差しが照る季節になるとかき氷がより美味しくなりますよね。ふわふわなかき氷ってどうしてふわふわなの?
その秘密は、いろいろあるんですよ!その秘密をご紹介します。自宅でもできる方法なのでぜひ試してみてください。

ポイント① 天然水やミネラルウォーターを使おう!

天然水を使う理由は、普通の水より高純度のものが多く、軟水の天然水はクセがなくまろやかなのも食べたときの感じに違いが出てきます。 天然氷があればさらにGOOD!天然氷は、湧水などを氷室と呼ばれる貯蔵庫で時間をかけて凍らせているため、不純物が少ないので、かき氷には最適なんです。
ミネラルウォーターも軟水のものを使いましょう!硬水は癖があるのであまりおすすめしません。

ポイント② 氷はすぐに使わず放置プレイ

かき氷を作るとき、どうしても冷凍庫から氷を取り出して、すぐにかき氷機にいれてしまいがちですが、それダメ! 冷凍庫から出したばかりの氷はジャリジャリしたかき氷の元です。
10分~15分くらい放置して透明に透けるくらいから削るとよいですよ!

ポイント③ かき氷専用に砂糖を入れた氷を作る

よく言われる分量としては、水200mlに対して砂糖おおさじ3。結構多く感じますがこれくらいでいいんです。 水に溶けやすいガムシロップを代用してもOKですが、砂糖にしろガムシロも入れ過ぎは健康に良くないので気を付けてくださいね。

至福のふわふわ食感を味わえるかき氷機の選び方

値段が高いものは、それなりにいい商品です。間違いはないでしょう。
おすすめするポイントとしては前述している刃の位置が調整できるタイプのものが一番ベストです。

また、かき氷機は結構場所を取ります。そういうところが気になる方は、コンパクトタイプのものでも良い商品がありますので、そちらを選ぶとよいでしょう。

氷がない!そんな時に超便利なアイテム

あーっ!アツイッ!かき氷食べよーっと!
氷がなーーーーーーーい!

夏のかき氷あるある事件です。夏場は氷を使う機会が増えて気が付くと冷凍庫の氷がないこともしばしば。
あわてて氷を作るとしても製氷機で数時間かかってしまってはかき氷を食べたい欲求が爆発してしまいます。

そこに救世主登場です。
たったの6分で氷ができる高速製氷機です!

しかも使い方は簡単!本体に水を入れてスイッチオン!まとは最短6分で氷ができるのを待つだけです。

おすすめの電動かき氷機ランキング

おすすめの手動かき氷機ランキング

この夏おすすめの天然氷のお店をご紹介!

天然氷

知る人ぞ知るかき氷の新常識的になっている天然氷のかき氷。名店が多くリピーター続出。
天然氷は、冬のあいだ自然の寒さのみでたっぷり時を経て作られる氷です。
この天然氷でつくるかき氷は、口に入れるとふわっふわでサラリと溶けてしまいます。それと、かき氷のあるあるネタ「頭キーン」にならないということで有名です。そんな天然氷を使ったかき氷が、都内各所にあるのでご紹介いたします!

数が多いのでGoogleのマップで皆さんに共有していきます★

まとめ

夏だけに限らず、ふわふわでおいしいかき氷は一年中愛されるものになっていますね。自宅でも手軽にお店で食べるふわふわ食感が楽しめる製氷機を手に入れて、みんなでかき氷パーティーでもして楽しみましょう!

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す