シミだらけ顔にサヨナラ!本格エステケアの超音波美顔器の効果

日光、紫外線

シミ・シワ・ニキビ・吹き出物といったトラブルの主な原因は、太陽から降り注ぐ紫外線と言われています。

一昔前までは日焼けした肌には健康的なイメージがありましたが、最近では紫外線による皮膚へのダメージが大きな注目を集めるようにもなりました。人の皮膚は紫外線を浴びると、老化が進んでしまうからです。

今回は紫外線から肌を守るべき理由と顔のシミを予防し、肌改善に効く超音波美顔器をご紹介します。

紫外線の肌トラブルに注意!その理由は?

そばかす

人の皮膚では紫外線のダメージから細胞を守ろうと活性酸素と言われる物質が生成されるのですが、過剰な活性酸素は肌を酸化して老化させることが分かっています。

バリア機能とは本来持っている能力のことで、水分を保持することで外部の刺激から肌を守る働きのことをいいます。

紫外線を浴びると肌が乾燥してしまい、水分が蒸発しやすくなります。それによりバリア機能が低下するので、ニキビの原因となる細菌やウイルスも侵入しやすい状態を招きます。ちょっとした刺激にも敏感に反応するため、肌トラブルを招いてしまうのです。

また、肌は新陳代謝を繰り返して新しく生まれ変わっていますが、乾燥していると新陳代謝も乱れてしまいます。

本来であれば剥がれ落ちるはずの古い角質が肌に残ってしまったり、まだ未熟な細胞が表面に押し出されてしまうことがあります。新陳代謝が乱れると、排出されるはずのメラニン色素が肌に残ってシミになることも少なくありません。

紫外線のダメージケア。何をすればいい?

日焼け止め、サングラス、帽子

紫外線のダメージケアで重要なのは、肌を保湿することです。

乾燥しているとバリア機能が低下し、新陳代謝の乱れや肌トラブルを招いて肌がますます乾燥するといった悪循環に陥ることも多くあります。乾燥している肌に潤いを与えて、健康な肌サイクルを取り戻すことがとても重要です。

紫外線から肌を守るには日焼け止めを塗ったり、UVカット加工の衣類などを着用して紫外線を出来る限り浴びないようにする必要があります。

しかし、完全に防ぎきることはなかなか出来ることではありません。特に営業マンや作業員など屋外で働くことが多いと、当然ですが紫外線を浴びる機会も多くなります。若い頃には屋外でスポーツをしたり、レジャーに出かけたりと紫外線を浴び続けてきたという人も多いのではないでしょうか。

紫外線のダメージをケアするには、スキンケアを施して潤いのある状態をキープするようにしましょう。

スキンケアアイテムには化粧水・美容液・乳液・クリーム・パックなどがあります。

肌の潤いは「皮脂膜」「天然保湿因子」「角質細胞間脂質」といった3大保湿因子によって決まると言われています。

「皮脂膜」は一番表面を覆っているもので、水分が蒸発してしまうのを防ぐ働きがあります。

「天然保湿因子」とは角質の細胞内で水分をキープする役割を担っているものになります。

「角質細胞間脂質」は角質層の細胞と細胞の隙間を埋める物質で、セラミドとも呼ばれています。角質細胞間脂質には、隙間を埋めることで水分の蒸発を防ぐ役割があります。

これらの3大保湿因子がバランス良く機能していると、潤いを維持して健康な状態を保つことができます。ですからこれらがきちんと機能できるような環境を整えることが求められます。

化粧水や美容液でもケアはできますが、角質層の内側までケアすることは難しいかもしれません。毛穴が少しでも詰まっていると美容成分が奥にまで浸透できないことがあります。どんなに良い美容成分を使用していても、角質層にまで浸透しなければあまり効果は期待できません。

そんな時には、スペシャルケアができる美顔器を使用するのがおすすめです。

YA-MANサークルピーリングおすすめポイント

YA-MAN HDS-30N サークルピーリングプロ [毛穴ソニック美顔器]

YA-MANのサークルピーリングは、1秒間に90,000回も振動する超音波によって毛穴の汚れを取り除いてスッキリさせてくれる美顔器になります。毛穴の奥に詰まっている皮脂汚れや古い角質を超音波振動で優しく浮かせて落とします。

毛穴の汚れを落とそうとして洗顔時にゴシゴシと強い力で洗ってしまう人もいますが、これは肌に負担をかけてしまう行為になります。

肌を傷つけることも多く、肌トラブルを招くこともあるので気を付けなければいけません。洗顔をする際には肌を傷めないように優しく洗う必要があります。

YA-MAN HDS-30N サークルピーリングプロ [毛穴ソニック美顔器]

また、YA-MANのサークルピーリングには、独自のカップ型ヘッドが採用されています。

従来のピーリング美顔器はヘラ型になっていることが多く、肌に負担をかけていました。そのヘラ型のヘッドをカップ型にすることで超音波振動が肌に平行になるため、肌への負担を大きく減らすことに成功しています。

それから美顔器にプラスの微電流を流してイオンを発生させ、そのイオンに肌に残った汚れを吸着させることもできます。そのためディープクレンジングには最適です。

マイナスの微電流を流してマイナスイオンを発生させて、肌を引き締めることもできます。それにより化粧水や美容液などの美容成分は肌の奥にまで浸透させられるので、紫外線のダメージケアにも適しています。

YA-MANのサークルピーリングは、防水仕様にもなっています。入浴時にお風呂で使用することも可能なので、とても便利です。また、水洗いすることもできるので清潔な状態も保てます。

PANASONICイオンエフェクターおすすめポイント

PANASONICE H-ST86-P ピンク調 イオンエフェクター [導入美容器 (高浸透タイプ)]

紫外線のダメージケアにおすすめの美顔器に、PANASONICのイオンエフェクターがあります。

PANASONICのイオンエフェクターの特徴は、イオンの力でビタミンCを肌の角質層にまでしっかりと届けることができるところです。

ビタミンCやビタミンC誘導体は、肌トラブルを予防する効果が高い成分と言われています。なぜかというとビタミンCは血管や皮膚、粘膜などに必要なコラーゲンの生成をサポートしてくれる成分だからです。ビタミンCはそのままの状態だと肌に浸透しにくいので、浸透させやすくした成分がビタミンC誘導体になります。

ビタミンCやビタミンC誘導体は美肌効果が高いので、多くの化粧水や美容液などコスメに使用されています。

PANASONICのイオンエフェクターのヘッドは、マイナスに帯電する仕組みです。ビタミンCもマイナスに帯電しているので、ヘッドと反発することになります。その力を利用することで肌の角質層にまで届けることができるのです。紫外線によって乾燥してしまった肌を健康な状態にするサポートをすることができます。

それからリズム保湿モードという機能があり、電気浸透流とリズムによってコスメの保湿成分も角質層に届けられます。

電気浸透流とは、プラスの電極からマイナスの電極へ向かう水の流れのことをいいます。この流れに沿って保湿成分も移動するので、角質層にまでそれらの成分を届けることができます。

その他にもPANASONICのイオンエフェクターには、クールモードやスキンクリアモードといった機能もあります。

クールモードは急速冷却によって肌を引き締める機能で、お手入れの最後に行うのがおすすめです。

スキンクリアモードではプラスとマイナスの電流が交互に流れ、毛穴に残っている汚れを角質層から引き出すことができます。肌の表面を整える効果があります。

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする