ブルーレイレコーダーのメリット・選択基準

ブルーレイレコーダー登場の背景

ブルーレイレコーダー登場の背景
テレビ番組を録画する装置は、かつてはビデオでしたが、DVDを経て現在はブルーレイレコーダーが主流となってきています。

地デジ化になって久しいですが、ブルーレイレコーダーの方が画質のより細かなハイビジョン映像を録画することができます。
テレビの画面サイズも大型化する傾向にありますので、より画質がいいブルーレイレコーダーが主流となっています。

ブルーレイレコーダーを選択する際のポイント

ブルーレイレコーダーを選択する際のポイント
家電量販店などに行けば、ブルーレイレコーダーが溢れていますので、どれを選べばいいかわかりません。
選択する基準としては、使いやすさや、機能、デザイン、価格などが挙げられます。

機能面で注目すべきポイントとしては、チューナー数です。
チューナー数は、ブルーレイレコーダーで一度に同時録画できる数のことを言い、シングル、ダブル、トリプルとあります。
普段からテレビ番組を録画する人はダブル以上を選択する方が無難です。

ブルーレイレコーダー録画の容量

ブルーレイレコーダー録画の容量
ブルーレイレコーダーのHDDの容量は、DVDよりも大きくなっています。
これは、高画質のハイビジョン番組は、それだけ画素が高密度になっていますので、録画容量も大きくならざるを得ないからです。

HDDの容量が多ければ多いほど、たくさんの番組を録画できることになりますので、ブルーレイディスクにまめにダビングしていかない人は、ブルーレイレコーダーのHDDの容量が大きい製品を購入した方が使い勝手がいいです。

ブルーレイレコーダーの価格

ブルーレイレコーダーの価格
ブルーレイレコーダーも市場に出回り、一般化し始めてから、低価格化が進んでいます。
チューナー数がシングルの入門機なら3万円台からありますし、大容量かつ高機能となれば20万円を超える高級モデルまであります。

価格差が幅広いのも特徴で、通常タイプを購入しておけば、録画容量的にも、機能的にも十分です。
あまったお金を、他の周辺機器に回すこともできます。

ブルーレイレコーダーの未来像

ブルーレイレコーダーの未来像
進化し続ける家電、ブルーレイレコーダーを選択するに当たっては、自分が何を重視するかによります。
新機種、新機能が続々と出てきますし、今後はテレビも3Dテレビから4Kテレビに移行していきます。

より高画質な映像を楽しむためには、より大容量のHDDを有するブルーレイレコーダーが必要となることは必定です。
また、スマホやタブレットとの連携機能も期待されます。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

ちょっとお知らせです。

レコーダーについて情報をまとめてあります。是非お立ち寄り下さい。


ブルーレイレコーダーのお悩み解決>>