ドローンって急に買って急に飛ばしていいの?|ドローン規制法と資格について

ドローン規制法とは

ドローン規制法と呼ばれる改正航空法が2015年12月10日より施行されることになりました。

これにより、特段の許可無くドローンを勝手に飛行させることができなくなります。

但し、超軽量機体(現在は200g以下の機体)の場合、規制対象外となります。
(取り外し可能なプロペラガードやカメラのアタッチメントは重量に含めないということです。)

改正航空法の内容

A 飛行場所にかかわらず、以下飛行ルールに則る必要がある
(1) 日中に飛行させること
(2) 目視範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
(3) 人又は建物、自動車などの物件との間に距離を保って飛行させること
(4) 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
(5) 爆発物など危険物を輸送しないこと
(6) 無人航空機から物を投下しないこと

B 飛行禁止エリア=許可が必要な空域
(1) 空港周辺の空域
(2) 一定高度以上の空域
(3) 人又は家屋の密集している地域の上空

個人的な趣味で飛ばすのであれば、基本的にはこれらのルールは守れるはず。

そして、このルールを守らない場合は、まず事前に国土交通大臣の承認が必要になります。

そして少し分かりづらいのが(3)の項目。
人又は家屋の密集とはどの位置なのでしょうか。

コチラをご参照下さい。

許可・承認手続きについて

人口集中地区境界図について
これらは飛行前の確認には必須と言えるでしょう。

ドローン資格は必要?

ドローンの操作には特に資格は有りません。

メーカーが定めた自発的な年齢制限はあったりしますが、改正航空法さえチェックしておけば誰にでも飛ばすことは可能です。

ドローンレース

今では様々なドローンレースが開催されています。

是非チェックして参加してみるのも楽しいと思います。
今や第3、第4の趣味として結構人気が集まってきている様です。







> おすすめのドローン!?初心者でも初められるドローンの色々

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

ドローンって急に買って急に飛ばしていいの?|ドローン規制法と資格について

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す