ジェネリック家電なら安く買える?ジェネリック家電の4Kとそうでない4Kの違い

4Kテレビってなにがちがうの?

4Kテレビってなにがちがうの?

4Kテレビと普通のテレビの違いは、一言で言うと画素数が圧倒的に違うのでとてもきれいな映像でテレビを見る事が出来るという点です。
普通のフルハイビジョンテレビの画素数が約207万画素なのに対して、4Kテレビはおよそ4倍の約829万画素の高解像度なので単純に今までの4倍きれいな画質でテレビを見る事が出来ます。

解像度といってもいまいちよく分からないので、簡単に言い換えるとテレビの中にある点の数です。
普段何気なく見ているテレビの映像は、とても小さな細かい点が集まって表現されています。
この点を画素といい、1画素につき点が1個なので、829万画素という事は829万個の点で映像が表現されているという事です。

漫画でもそうですが、簡素化されたギャグ漫画よりも細部まできちんと描かれた劇画の方が繊細な表現もしやすいというのと同じように、テレビも画素数が多いほうがより細かいところまでしっかりと映し出す事ができます。
その為、今までのフルハイビジョンのテレビだと近づくと画素の荒さが目立ってしまい映像もつぶれて見えてしまいます。

一方4Kテレビだと、フルハイビジョンの4倍の点の数で映像が構成されているのでかなり近づいても映像がつぶれずよく見る事が出来ます。
そのおかげでテレビに出ているタレントさんや女優さん、特に年配の人は今まではテレビの画像がたいした事がなかったのでばれなかった肌のくすみやしわ、産毛や化粧の乗り、髪の毛や肌の質感等が全て映像で表現されてしまうのでかなり困っています。

肌のくすみやしわ、産毛や化粧の乗り、髪の毛や肌の質感等が全て映像で表現されてしまう

これだけ鮮明に映像を映し出す4Kテレビなので、今までのテレビではあまりやらなかった使い方も出来るようになります。
それはテレビを使っての写真観賞です。

デジタルカメラ等で撮りためた写真を4Kテレビに接続して映し出す事で思い出の写真をきれいな大画面で楽しむ事が出来ます。
そうすれば目の悪いおじいちゃんやおばあちゃんでも孫の写真を大きなテレビ画面いっぱいに映し出す事が出来、家族や友人との鑑賞会も大いに盛り上がります。

ジェネリック家電なら安く買える

ジェネリック家電なら安く買える

4Kテレビはたしかに約829万画素の高解像度の液晶テレビで魅力的ですが、高品質な為にどうしても値段が高くなってしまい、欲しくても手が出ないという人は多いです。

そこで注目なのがジェネリック家電です。このジェネリック家電なら特にお金がない学生や若いサラリーマンでも高嶺の花の4Kテレビも安く買う事が出来ます。

ジェネリック家電なら特にお金がない学生や若いサラリーマンでも

ジェネリック家電とは何かというと、ジェネリック医薬品からヒントを得て発生した新しい家電です。
ジェネリック医薬品はテレビのコマーシャルでもよくやっているので知っている人も多いように、病院で処方してもらえる通常の薬とは効果がほとんど同じなのに後発メーカーが作っている為安く処方してもらえる薬の事です。

ジェネリック家電なら特にお金がない学生や若いサラリーマンでも

ジェネリック家電もそれと同様で、大手家電メーカーが莫大な費用と年月をかけて開発した4Kテレビとほとんど性能の差がないものを、一世代前の技術や部品を後発のメーカーが安く買い取ったり、他で部品を調達して作り機能もシンプルにする事で安く販売出来る商品です。

ジェネリック家電の大きなメリットは何と言っても圧倒的な安さです。
性能の差はほとんどないのに大手メーカーの半額以下で購入する事が出来ます。

さらに高額な商品にありがちな一生使う事もないような余計な機能は一切ついていないので非常にシンプルで使い勝手も良く、小さな子供や年配の人、機械が苦手な人でも安心して使いこなす事が出来ます。生産しているメーカーもあやしい海外の会社ではなく、大手ではありませんが国内の会社なので安心です。

ジェネリック家電の4Kとそうでない4Kの違い

ジェネリック家電の4Kとそうでない4Kの違い

大手メーカーが作る4Kテレビとジェネリック家電の4Kは一体何がどう違うのかが気になります。
見た目はほとんど同じですし素人には一見分かりづらいです。
違いを具体的に見ていくと、まず液晶テレビは大まかに液晶パネルとバックライト、電子回路そしてオーディオ部分の4つで構成されています。この4つを比べる事で差が良くわかります。

まず液晶パネルですが、ジェネリック家電は安くて高品質な海外のメーカーから調達しているのに対して、大手メーカーはかつては国産パネルにこだわり使用していましたが、現在はジェネリック家電と同じように海外のメーカーから液晶パネルを調達するのが主流となっているので液晶パネルに関してはほとんど差はありません。

バックライトは液晶テレビの画質を大きく左右するので重要な部品で、液晶パネルと一体生産する場合と、セットメーカーが組み立てる場合の二つの方法があります。
大手は組み立てるほうを採用している場合が多いですが、ジェネリック家電は価格を抑える為に一体生産にしています。その為、大手の4Kテレビは画面が真っ暗なシーンの時は見事なまでに真っ暗を表現出来ますが、ジェネリック家電の場合は画面の下から光が漏れて一部分が明るくなったりするので映画を集中して見ていて重要なシーンでそんな事が起こってしまうと少ししらけてしまいます。

逆に真っ白の場面だと大手のテレビはきれいな真っ白なのに対して、ジェネリック家電のテレビは画面の上下や左右で色の明るさにムラが出たりしますので、これもまた興ざめです。

電子回路は調達してきた液晶パネルを自社のテレビ画質に変化させる役割を持つ大切な部分です。
この電子回路の中でも中心となるのが映像エンジンです。
大手メーカーはもちろん自社で開発した高性能のものを搭載しているのに対して、ジェネリック家電も負けじと大手メーカーが開発したものを使用しているので、差はほとんどありません。
このようにバックライトは差がありましたが、液晶パネルや電子回路はほとんど大差がない中で、オーディオはバックライトと同じように差が出る部分の一つです。

大手メーカーの高価な4Kテレビほどオーディオ部分にコストをかけて音質を良くしています。
一方ジェネリック家電はコストをかける事が出来ない為、音の抜けがいまいちで人の声も大手のものに比べると聞きづらい点が目立ってしまいます。
もちろん横に2台並べて初めて分かる事なので、音をそれ程重要視していない人には問題ありませんが、映画やアーティストのライブ映像を見る機会が多い人は別にスピーカーを購入した方が良いです。

このように二つの4Kテレビを比べると液晶パネルと電子回路は大差はありませんが、バックライトとオーディオではやはり差がついてしまいます。つまりジェネリック家電は高画質ではありますが高音質とはいえない部分があります。
それでも値段から見ればお金も人気もない弱小チームが資金力豊富で人気抜群の強力なチームに挑んでいる感じでかなり頑張っており、映像さえ良ければ音質はこだわらないという人には特に問題ありません。

maxzenブランド紹介ジェネリック家電の4Kとそうでない4Kの違い

maxzenブランド紹介ジェネリック家電の4Kとそうでない4Kの違い

maxzenは一般的にはまだまだマイナーで、「知らないぞそんなメーカー」という人も多いかもしれませんが、電子レンジや加湿器、スティック型掃除機等の白物家電の他に、液晶テレビやお酒まで扱っている総合通販サイトのプライベートブランドで、様々な高品質なジェネリック家電を低価格で製造販売しています。

maxzenは認知度はまだまだ低いですが、高品質で低価格のジェネリック家電メーカーとして一部の人には既に有名で製品も沢山の評価を得ています。
その中でも特に人気なのが液晶テレビです。maxzenの液晶テレビは何回かのモデルチェンジを経ても安さはそのままに高画質高音質を実現しています。 しかも手厚い保証もついていて、新シリーズのテレビモデルには全て1000日保証がついてきます。

新シリーズのテレビモデルには全て1000日保証がついてくる

中々家電で3年の保証がつくところはありません。 長くて1年ぐらいなのに、maxzenの液晶テレビは3年間の間にテレビに何かしらの問題が起きたら無料で交換や修理を行ってくれるというのだから安心です。
液晶パネルも世界でトップクラスのシェアを持つ海外メーカーのものを採用し、電子回路も国内の大手メーカーが共同で設立したものを採用する事で優れた操作性や色を表現する事が出来ます。

気になる音質もステレオスピーカーをテレビの横や下に持ってくるのではなく前面に持ってくる事で広がりのある高音質が楽しめます。

スピーカー

外部と接続させる端子部分も一通りそろっているので問題なくレコーダーやゲーム機などを接続する事も可能です。
リモコンも操作性をよくする為にボタンや文字サイズを大きくしたシンプルな設計なので操作ミスをする心配もありません。

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする