一人暮らしを始める方向け、単身世帯に必要な家電TOP3

1人暮らしをスタートする前に、何が必要か悩んでいる方におススメ!


-良い家電・家具を選び方とおすすめ商品-


main
単身比率

毎年増えている単身世帯、私たちの周りでもそんなに珍しいことでもないですが、 その原因は何でしょうか。
単身世帯の増加原因は、結婚の価値観や個人主義によって 一人暮らしをすることを好む人達と、仕事や学業のため、一人暮らしを始める方もいるでしょう。 また、高齢化と離婚率が高くなったことも単身世帯が増えたことに影響していると言えます。
そのため、ワンルーム、小型マンションなどが人気が高くなり、仲介してくれる 仲介アプリもたくさん出てきています。 また、シングル世帯が使いやすい家電や家具の販売量も大幅に増加している傾向にあります。


 

一人暮らしをするときに必要な家電・家具とは


一人暮らしに絶対日うようだと思う家電・家具ランキング

一人暮らしを始めるときには新しい空間をきれいに飾るという点は楽しいですけれども、 家電と家具を買いそろえるためにはお金が多くかかるといる短所もあります。 数多くある家電製品の中で必要なものだけを買うのが現実的なんですが、 一回も一人暮らしをした経験がない場合はどんな家電製品が絶対必要かどうか 判断がつかないかもしれません。
そこで、そんなに迷っている方のために、ランキング上位の絶対必要な家電・家具とその選び方を調べようと思います。
まず、一人暮らしをしている方達に行った一人暮らしに絶対必要だと思う家電・家具アンケートで 冷蔵庫が70.7%と一番高い比率を占めました。その後は電子レンジ(69.7%)、炊飯器(65.2%)、テレビ(62.2%)など 生活にとって基本的なものが続きました。
このランキングをもとにして各家電・家具の選び方やおすすめ商品を調べて見ました。


 
冷蔵庫

冷蔵庫は食材を保管するためには必ず必要です。 一人暮らしをすれば一人で料理をするときもありますが、当然調理がされている食品を保存する場合もあります。 また、夏には冷たい飲み物も飲みたいこともあるでしょう。 そのため、冷蔵庫は生活できるように最低限冷蔵室と冷凍室が必要です。

良い冷蔵庫の選び方!

1.設置場所の幅と周辺環境を確認してください。

 

ドアが右側に開くタイプです。
冷蔵庫を設置したい場所の左側に壁がある 場合に選びます。

 

ドアが左側に開くタイプです。
冷蔵庫を設置したい場所の右側に壁がある 場合に選びます。

 

1枚のドアが左右どちらにも
開くタイプです。
置く場所を選ばないのが特徴です。

 

2.容量を選んでください。

まず、自分がどのぐらいの大きさの冷蔵庫を買えばいいのかを考えてみましょう。 一人暮らしをしてから料理を全然しない方は冷蔵庫は小さいほうがいいと考えがちですが、 それは間違った考えです。飲料のボトルはサイズが大きいですし、調理食品もスペースをかなり占めるためです。 その比率をしっかり考えてから大きさを決めてください。

3.省エネルギー商品


エネルギーを節約するためには統一エネルギー節約ラベルが必要です。 これは政府が決めたエネルギー節約目標基準をどのぐらい達成しているかを示すものです。 このラベルには年間消費電力量、エネルギー節約基準達成率、年間電気料金が記載されています。 星が多ければ多いほどエネルギーが節約できる商品です。

一人暮らしする人たちがよく食べる出来合いの食品や冷凍食品などを早く簡単に温めることができる 電子レンジは一人暮らしをする人にとって必ず必要な電化製品です。

電子レンジの選び方

1.種類を選んでください。

 

電磁波を利用して材料を 直接温めにする機能と 冷凍した材料を解凍する 機能に特化した製品です。

 

電子レンジにオーブン・グリル機能を 結合した製品です。 過熱蒸気ではないですが、 スチーム料理が可能なモデルも たくさんあります。

 

オーブンの中に水を入れて 加熱する製品と専用タンクに水を入れてスチーム状態で 本体内部に放出する製品があります。

2.容量を選んでください。

本体内部の容量を確認します。普通に使用している皿を使用できるか、 上板の高さが十分なのか等をチェックしてください。 同容量ならターンテーブルがない方が本体内部の平面をもっと広く使用できます。 一人暮らしなら20L以下の容量が使いやすいです。


3.テーブルのタイプを選びます。

 

ターンテーブルが回転して温めます。そのため、熱ムラができやすいです。 また、電波が一か所から出るため、ターンテーブルが回りながら温めます。

 

どの位置でも温めることができます。 センサーがあるため、材料の温度を調節することができます。 冷凍食品の解凍もできます。

炊飯器

日本でば暖かくて美味しいご飯を欠かせません。最近は様々な食文化の流入でお米の消費量が減っていますが、 それでも暖かいご飯が食べたくなる時もあるでしょう。そのためか、ランキングでも3位に書かやきました。

良い炊飯器の選び方!

1.種類を選んでください。

炊飯器は主に加熱方式で種類を分けます。その種類にはマイコン方式、IH方式、圧力方式、ガス方式があります。その中で多くの方が使っている電気炊飯器を 中心にご紹介します。

 

釜の低部にあるヒーターで加熱して炊飯をする種類です。各社で販売しており、安い値段で購入できる製品もあります。

 

IHコイルの電子気力を使用し、内釜を発熱させて炊飯をする種類です。 低部だけではなく側と蓋の部分にもコイルがあって全体的に加熱する種類もあります。高い火力で加熱ができます。

 

IH炊飯器に圧力の機能があわせった製品です。圧力を加えて100℃以上の温度で炊飯が可能な種類です。そのため、短い時間にご飯を作ることができます。

2.容量を選んでください。

釜の容量を確認します。1合はおこめでは150g, ご飯を炊いた時には350gです。自分が食べる期間、容量を決めて選びましょう。
少しずつ作って食べる一人暮らしなら3合以下の容量が使いやすいです。


3.好きな機能を選んでください。

(1)保温機能
一人暮らしをする方は炊いたご飯を一回に全部食べることは大変でしょう。 そのため、保温機能は重要です。保温にも釜の素材、蒸気を通じた加湿などの様々な種類が あります。また、40時間ほど保管してもおいしいご飯を食べることができる製品もあります。

(2)予約機能
炊き立てのご飯を食べたくても、仕事のあとの後ご飯を炊いて食べるには時間がかかります。 そのため、予約機能があれば便利です。朝にお米を飯釜に入いれて時間を設定すれば その時間にご飯が完成して炊きたてのご飯を食べることができます。

(3)炊き分けメニュー機能
炊き分けメニューは様々なメニューでいろいろなお米を適切な炊き方で炊くことができ、 最近はアメリカのお米まで指定ができて自分が食べたい硬さ、味を選べます。 また、お米の種類だけではなく、すし用、カレー用、パンなどの料理別にも設定ができて 使用したい用途に合わせて使うことができます。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする