「オススメVR」アプリ・ゲーム・映像を100倍楽しむ 話題の「VR」ってなに?

VRとは

最近巷で話題になっているVR。

このVRとは、ゴーグルタイプになっている「ヘッドマウントディスプレイ(頭部装着ディスプレイ)」を使用すると
目の前に別世界が広がり、その場にいる体験ができるというもの。
ヘッドマウントディスプレイ
アプリやゲーム等、目の前に広がる世界をゴーグルを通して見ることができ、
自分の目線に併せて映像を楽しむ事ができる近未来なアイテムです。

2016年はVR元年!?

VR関連の市場規模は、今や世界で約「8兆円」規模と言われれているます。

このVRには、スマホを装着して利用する比較的安価なタイプと、
高性能なパソコンやゲーム機器等を利用する比較的高価なタイプがあります。

スマホを利用するVR

スマホ VR
スマホを利用するタイプびVRは手軽で、価格もかなり安く、ライブの動画や映像バンドPVなど、実写の映像向きです。
簡易的な映像を楽しむ事に向いています。

パソコンを利用するVR

パソコン VR
またパソコン等を利用するタイプでは外部装置が必要となってきます。

映像を操作するためのコントローラー等、付属のデバイスなんか充実しているタイプが多く、比較的高価格な代物。

この、高価格のパソコン用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)は、ゲーム用で使われる事が主流です。

それではVR製品の紹介していきます。

約1000円!お手軽ダンボールVR「ハコスコ」

ダンボールVR

箱 + スコープ = 「ハコスコ」

まさにこの名前のとおりで、ダンボールにつけたレンズで、スマートフォンの映像を見るタイプ。

簡易的なミニマルなつくりですが、従来のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と同じくらい、没入感が高く、中々のVR体験を可能にしてくれます。

GooglePlayや、AppStoreにも、多くの360°アプリがリリースされており、
ぐるりと周辺の映像を楽しむ事のできるアプリが多く存在します。

ここ最近多いタイプがこの簡易型のVRゴーグルです。

Galaxy専用! 本格的VRゴーグル

本格的VRゴーグル

サムスンとOculus社が共同で開発したHMF(ヘッドマウントディスプレイ)。

対応機器はGalaxyのみですが、1万円台で購入でき、本格的な操作にも対応しているVRゴーグルになります。

スマホを利用するタイプの中では、唯一の「ヘッドトラッキングセンサー」なるものを装備していて、
頭の動きと連動した、快適で映像の遅れも少ないVR体験を可能にします。

頭部の側面には、タッチパッド対応された操作ボタンがあり、操作面の前側には、イヤホンを差し込めるように穴が開いていて便利。

スマホ連携タイプの中では、断トツの完成度を誇るといって過言では有りません。

予約殺到 大人気ゲーム機のVR!

PlayStation VR

今やVRの代表格といえるでしょう。

PlayStation VRはPS4を利用することで動作します。

PS独自の技術「3Dオーディオ技術」との連動により、映像のみならず音も後押しする圧倒的な臨場感により、
ゲームの世界に没頭でき、「本当にゲームの中に入り込んでいるんではないか」というような体験をもたらします。

PlayStation VRはゲーム以外でもいろんな楽しみ方が

仮想空間内でPS4ソフトや映像コンテンツを楽しめるシネマティックモードなるものを搭載。

「2.5メートル」離れた距離で、最大で「226インチ」相当の大画面が現れます。
性能面や、価格帯(コスパ)、コンテンツの多さ・種類、等々あらゆる面で高品質。
VRゲームを楽しみたい方には1番おすすめです。

VRブームの切っ掛け! OculusRift(オキュラス リフト)

OculusRift

Oculus社が販売予定のOculusRift。

数々の試作機を経て発売されましたこのゴーゴルがVRブームを巻き起こした、VRブームの火付け役です。

専用コントローラーにマインクラフトなど充実のコンテンツと非常に完成度は高いですが価格は9万円以上。

VR環境を整えようとするとかなりの高価格になります。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す