メーカーで選ぶオススメの食洗機、メーカー別の特長

メーカーで選ぶオススメの食洗機



以前こちらの記事「食器洗い機を買おうか迷ってる時に読む記事」で食器洗い機(食洗機)について書きましたが、
今回は更に、買おうと思った方用にオススメのメーカーについてまとめてみました。

洗浄力が高い「パナソニック」


国内では卓上の食洗機を唯一販売しているパナソニック。

また国内トップの販売数を誇り、大きいものから少人数の家庭用まで幅広い種類を販売するメーカー。

特長としては洗浄力の高さ。
手洗いよりも綺麗に、さらに除菌もしてくれます。

節水や、静音、固まった油汚れも洗浄する高圧洗浄機能もあり、食洗機に迷ったらまずこのメーカーから選んでも問題ないメーカーです。

静かさで選ぶなら「三菱」


パナソニックでも勿論静音にこだわった機種はでていますが、業界で最も静音モデルがあるのが三菱。
夜の運転でも安心です。

また少しの力で楽に扉を開けられる機能だったり、センサーで汚れ具合や食器の量を図って自動洗浄してくれる機能もあったり、重曹を使える食洗機があったりと、
使う人のことを考えた商品が目立ちます。

海外ブランドナンバー1の実績「ミーレ」


海外ブランドの中、圧倒的人気を誇るミーレ。

ドイツ製のメーカーで、洗浄力と容量の大きさが魅力です。

また高いデザイン性のある商品も多く、すこし値段ははりますがこだわりたいならこのメーカーがいいと思います。

特に人気なのが60cmサイズ。12人用と容量が大きいですが、4人家族での朝昼晩の食器を全て寝ている間に洗浄できると考えるとかなり便利。

フィルターの自動掃除でお手入れ簡単の「アスコ」


こちらはスウェーデンのメーカー。

大容量の商品が多いのも特長ですが、フィルターまで自動洗浄してくれる機種があるのがポイント。

定期的なお手入れが結構面倒なのが食洗機ですが、自分で勝手にフィルターまで洗浄してくれる優れもの。

製品ラインナップも中々充実していて、デザイン性、機能性共に優れたメーカーです。

長い歴史と伝統の「アーエーゲー・エレクトロラックス」


世界的には有名な家電メーカーでお求めやすい価格の商品も揃うメーカー。
海外製では唯一据え置きタイプの食洗機を取り扱うメーカーです。

古くから食洗機を取り扱っていて、歴史と伝統、さらには販売数も結構な実績を誇ります。

全体的にステンレス製のスタイリッシュなデザインで統一されていて、どれを選んでも遜色ない感じです。

また、洗浄の際に発生する熱をそのまま乾燥時利用する機能があり、節水だけではなく、節電にも気を配った商品があります。

ビルトイン食洗機の事業から撤退した「ハーマン」


ハーマンはビルトイン食洗機の事業から撤退。
現在生産を終了しているためオススメは出来ませんが、価格の落ちたモデルを選ぶのならおすすめになってくると思います。

家庭用品では国内トップ!安心と実績「リンナイ」


リンナイの中での1番のオススメは最新モデルの45cmタイプ。
コスト的にも機能的にも他機種に比べコストパフォーマンスに優れています。

腰を曲げずに使いやすいスライドオープンタイプ、セットし易いポジションや隅々まで水が行き届く設計も魅力的です。

便利な機能で選ぶなら「三菱電機」


「おまかせエコ洗い」やら「シャワーミスト」などの機能を搭載したモデルを発売。
取っ手を握るだけで、すーっと開くドアなんかもあって、他とすこし違った機能性が特長です。

オススメの食洗機用洗剤

ハイウォッシュ ジョイ 除菌 食洗機用洗剤


こちらが1番のオススメ洗剤。
洗浄力と除菌性に優れ、酵素パワーの力でニオイのもとまで強力洗浄!

手洗い用のジョイ君を使った事がある人も沢山いると思いますが、それの食洗機用。
手洗い同様しっかりと汚れをとってくれる実力の持ち主です。

湿気から守ってくれる商品パッケージも魅力的。
また粉末タイプの場合、液状タイプよりも洗浄力に優れ、がんごな汚れにも直で響いてくれます。


> 食器洗い機を買おうか迷ってる時に読む記事
> メーカーで選ぶオススメの食洗機
> 食器洗い機を実際利用してみた結果

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す